アーカイブス Lakililac's Toybox ラキのおもちゃ箱

新コンテンツを公開しました。 お気に入り - Favorites

ラキログ アーカイブス March, 2007

お気に入り March, 2007

先輩とぼく〈3〉 (電撃文庫) 先輩とぼく〈2〉 (電撃文庫) 先輩とぼく〈1〉 (電撃文庫) リリアとトレイズV 私の王子様<上> (電撃文庫) [Kindle版] リリアとトレイズIV イクストーヴァの一番長い日<下> (電撃文庫) [Kindle版] リリアとトレイズIII イクストーヴァの一番長い日<上> (電撃文庫) [Kindle版] リリアとトレイズII そして二人は旅行に行った<下> (電撃文庫) [Kindle版] リリアとトレイズI そして二人は旅行に行った<上> (電撃文庫) [Kindle版] アリソンIII<下> 陰謀という名の列車: 3 下 (電撃文庫) [Kindle版] アリソンIII<上> ルトニを車窓から: 3 上 (電撃文庫) [Kindle版] アリソンII 真昼の夜の夢: 2 (電撃文庫) [Kindle版] アリソン (電撃文庫) [Kindle版] キノの旅X the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] キノの旅IX the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版]

記事 March, 2007

先輩とぼく〈3〉 (電撃文庫) / 先輩とぼく〈2〉 (電撃文庫) / 先輩とぼく〈1〉 (電撃文庫) / リリアとトレイズV 私の王子様<上> (電撃文庫) [Kindle版] / リリアとトレイズIV イクストーヴァの一番長い日<下> (電撃文庫) [Kindle版] / リリアとトレイズIII イクストーヴァの一番長い日<上> (電撃文庫) [Kindle版] / リリアとトレイズII そして二人は旅行に行った<下> (電撃文庫) [Kindle版] / リリアとトレイズI そして二人は旅行に行った<上> (電撃文庫) [Kindle版] / アリソンIII<下> 陰謀という名の列車: 3 下 (電撃文庫) [Kindle版] / アリソンIII<上> ルトニを車窓から: 3 上 (電撃文庫) [Kindle版] / アリソンII 真昼の夜の夢: 2 (電撃文庫) [Kindle版] / アリソン (電撃文庫) [Kindle版] / キノの旅X the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] / キノの旅IX the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] /


「ハルヒの分裂」と癒しの土曜日 / 桜、睡眠、東京にて。 / 「涼宮ハルヒの分裂」を読んで。 / 進んだだけ帰り道は長くなる / 山陽本線下り時々鹿児島本線 / はるか西の島へ。 / 兵庫県西宮市~春の青春18切符の旅 / 明日、さくら夙川駅へ。 / 次の目的地 / 第2日目 雪潰し編 / 第0日目 神隠し編 / 有機100% / 東京は夜の7時♪ / 春は終わらない / コリアンギャンブル Korean Gamble / Trackback policyと例外 /

2007-03-31

記事の概要: "2007-03-31" の日記

no image

excerpt


.

いよいよ春休みも終わりに近づいた感じのする日本国の今年度も押し迫った3月31日は記憶が正しければ土曜日で、外出の予定も観たいTV番組も特に無い春期休業の最中にいる私立薬学部2年生にして来年度よりめでたくも3年生に進級見込みである一学生は、この春二度目の実家への帰省から東京に借りている自室へと無事帰還し、量のわりに値が張るおいしくも無い弁当で最寄り駅からの帰路に散在するコンビニの一つで買っておいたものを食して眠りに就いて以来凡そ16時間ぶりに目を覚まして一つ前の日記を書いたあと、読もうとして寝てしまっていた「涼宮ハルヒの分裂」を改めて読み始めた。


だから、それを真似してこの長文。「分裂」の冒頭二文目の長さに思わず吹いた。その昔、大学受験用に買った英語の読解の参考書に出てきたような一文が長い文章を読んでいるような感じだった。それでも、不思議と「涼宮ハルヒの○○」の筆者の文章は読みやすい。それは谷川流さん(2chのスレでは通称「ながるん」らしい)のほぼ完璧な日本語の文法と、長文の主体がキョンと呼ばれる登場人物であることが自明だからだと思う。そういえば同じく谷川流さんが書いた「学校を出よう!」も主人公の語りだった。


そろそろ英語の勉強を本格的に開始して、低下中の英語の能力を2年ほど前の最高値を跳び越した状況にしておかないとあとあと苦しくなるので、ひとまず忘れてしまっている英単語が無いか、moetan2で確認しようと思う。少なくとも、大学受験が終了した当時、この上下巻の風変わりな単語帳に乗っている見出し語の中に、知らない単語は無かった。例文の元ネタはさすがにほとんど分からなかったけど、それは逆に多くが既知のものになっていそうでそら恐ろしい。


それとは別に、日記のtag機能の件ですが、鋭意構想中です。念のために言うと、HTMLのtagとは無関係です。まずこの日記にtagをつけたがる人はいないでしょうから、tagを不特定多数の人に編集してもらうような機能をつける必要はないと考えています。そのあたりは必要であれば事後に変更できるような余地を残しておこうとも思いますが、まず不要でしょう。それと、未だにXML文書の解析に問題を残している(一応XSLTによる解析はできるが、現行の日記の構造と相容れないような気がする)のでそれはできない。よってPerlかつXML解析なしの環境で行えるようなtagの実装を模索しているわけですが、試作段階ではtagは5個までに限定、上手く動けば増やすかもしれないし、他の場所でも同様の仕組みを活かしたいと思います。


日記の最後に。実家でできた無線LANの設定を午後に頑張ってやっていたけど、上手く行かず、結局時間の無駄になった。どうもWEPとかそういう問題ではなく、SO-NET側のIPの振り方が怪しい気がしてきたので諦めるしかないっぽい。半年前から引き摺っている問題なので今後解決するかは微妙。

2007-03-30

記事の概要: "2007-03-30" の日記

no image

excerpt


.

静岡県を越える頃、ソメイヨシノ Prunus × yedoensisが開花しているのを確認した。宮島で見た山の上のほうにあった桜色の木が桜で無ければ夜明け頃に普通列車米原行きの車窓からみた夙川の桜に続き、今年二回目の桜と言うことになる。


尤も実家の庭に、小さい頃に植えた桜(は枯れて、母親が植え替えたらしい桜2.0)があって、満開になっていたのでそれほど珍しい光景でもなかった。ソメイヨシノではないので、いつも一足先に満開になって、家族を楽しませてくれる。そして、例年とはいえないが、数年に一度の割合でさくらんぼを我々に恵んでくれるのだが、肥料を与える意外に特別に何もしていないのに意外においしいから困る。


静岡県は暖かく、着ていた服では既に季節に合っていなかった。静岡県は東西に長いと何度もここで書いたが、今回も、前半はほとんど寝ていた。その代わりに富士川あたりで目が覚めて、桜と富士という最高の風景を見ることができた。特に、この日は視界が良く、富士山がくっきりと見えたのだが、観光客らしい老夫婦や、初めて見るのかは定かではない子供たちがいたので、わざわざ割って入ってまで写真を撮ろうとか、そういう気にもならなかったので、1Yバイトまで保存できる汎用の網膜と視角野を通して海馬に焼き付けておいた。


大脳神経の話は(大学の生理学でやったはずだけど勉強不足なので)適当。


横浜駅にて青春18きっぷの受け渡しに成功し、神田にて、一日早く、「涼宮ハルヒの分裂」を購入して、白金高輪に帰還した。同時に携帯の電池が0に。帰って泥のように寝て、翌日の14時30分頃に目が覚めた。


なんという寝坊、この日記は間違いなく、生活が不規則な大学生が書いたもの……。

BGMはやっぱりSELECT?でした。

2007-03-27

記事の概要: "2007-03-27" の日記

no image

excerpt


.

題名は釣りでした。「涼宮ハルヒの分裂」と「涼宮ハルヒの驚愕」(今夏刊行予定)併せて楽しみですね。


が、さすがにまだ売ってないでしょう。表紙はハルヒで、2007年3月31日発売と、amazonを初めとする複数の書店で告示されているので、早いところ(神保町とか?)では明後日ぐらいから売られ始めるのではないでしょうか。出来れば東京に戻って、普通に書店で見かけることを願います。


「驚愕」については今夏刊行予定だけに、表紙などの情報は無いようですが「分裂」は雑誌か何かで少しだけ先読みできるようです。尤も私はまだ読んでいないので、この記事による「分裂」のネタバレの心配は要りません。季節は新しい年度の春になるようなので、新しい登場人物がSOS団に来るとか、そういう展開になるのが自然ではないかと思います。


ニコニコ動画やその他のblogを見ていると、social bookmark用のtagを見かけるようになったので、この日記にもtagを付けようかと考えています。多ければ5個以上設定できるようにしようかと思います。各記事には色々な要素があるので、必ずしも一つのcategoryに分類されるとは思えないし、tagがうまく実装できればそれが一番合っているような気がするので。

記事の概要: "2007-03-26" の日記

no image

excerpt


.

出来ることだけ 話す役割がわたしなんだと 存在を >yes >enter

記憶増えても 記号に変わると解りながらも この頃は >disk >error


普通に良い曲だったので驚いた。ゆったりとしつつ、哀愁のようなものが感じられる曲調はJungle Smileにも似ているっぽい。


涼宮ハルヒの憂鬱に登場する、長門有希茅原実里の曲。こういうキャラソンに分類される曲はまったくキャラソンとして機能していない、歌手の人気だけで売ろうとしている駄作または過度にネタに走るデムパソングが多いと思っていたが、このSELECT?は良い曲だった……。特に、涼宮ハルヒの消失を読み終えてから歌詞をしっかり聴くと長門有希の心理描写がしっかり歌詞に反映されているので、いっそう良曲に感じられた。「消失」は完全に長門のための一冊だから。


ああ、そうそう涼宮ハルヒの分裂が発売されますね。東京に戻る途中で探すか、東京で探すか、どちらが早いか考え中です。半年前は秋葉原でもハルヒは売り切れだったので、案外、地元のほうが入手しやすいんじゃないかとも思うわけですが、さすがに売れると分かっている本を入荷しない訳がないので、大丈夫じゃないかとも思いつつ、SELECT?を聞いています。ニコニコ動画で。


このままだと、SELECT?のためだけにCDを買う悪寒。


一応、ここまで書いたので、貼っておきますね。

涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソング Vol.2 長門有希

あ、うちの祖父がrubic cubeをやっていたのでやってみました。多分、生まれて初めて真面目に触ったと思いますが、頭を使って解くものだと思っていたのに説明書が付属されていたのでまず萎えたwwwwwwwそれだけむずかしいということでしょう。そして、その説明書通りに従っていたら元通りになりましたよ……。

めでたしめでたし♪

2007-03-24

記事の概要: "2007-03-24" の日記

no image

excerpt


.

西日本旅行の日記2日目。とはいえ、今季の青春18切符はこれで通算7日目ということになります。この日記に書くべき内容はそんなにないので、この記事で、この春休みの電車での移動について整理しておきます。


ここから、青春18きっぷについてのまとめ。(知っている方は飛ばすといい。)

日本国内の旅客鉄道株式会社が春休み、夏休み、冬休みの間の一定期間だけ発行している「青春18きっぷ」を利用したことがある人にはお馴染みですが、青春18きっぷは一枚だけ買うことは出来ず、必ず5回分を買うことになります。今年の春は「青春18きっぷ」発行20周年記念ということで、8,000円で売られていますが、例年は11,500円だったと思います。

ここまで、青春18きっぷについてのまとめ。


まず1回目と2回目では、1回目の帰省をしました。たしか、東京マラソンの翌日ぐらいに兵庫県に向かって出発して、3月9日の登校日のような、成績表が交付される日に向けて上京したような気がします。ま、これはただの移動で、もはや旅行と呼べるほどのものでもないでしょう。


3回目、4回目、5回目については既に、この日記で仙台旅行と宇都宮旅行について書いたのでここでは書きません。



東北旅行を終えて、自宅に放置されていた賞味期限ぎりぎりの卵を調理したり、ゴミを出す日を待っていたりしているうちに3月19日を向かえ、2回目の帰省をする。


べ、別に実家に帰りたいんじゃ……ないんだからッ


ただ、九州まで旅行しようと思ったら実家がちょうどいい中継基地になるだけなんだからッ!!!


で、今回の旅行(宝殿⇒博多⇒加古川)に繋がると……。


肝心の帰り道については、実はあまり書くことがありません。

博多から下関まではJR九州の鹿児島本線上りで移動して、下関からは、岡山まで直通の快速(ただし、合計7時間も同じ座席に座り続けるという鬼畜列車。)があったのでそれを利用しました。乗り換え時間もそれほどなく、意外にも、帰り道は10時間弱で兵庫県まで戻って来れました。

2007-03-23

記事の概要: "2007-03-23" の日記

no image

excerpt


.

いろいろと忙しくて更新が遅れましたが、旅行の日記です。まあ、とっくに旅行の余韻は消えている訳ですが……。


往復20時間ぐらいの旅でしたが、普通に全体で36時間だけの旅行でした。(帰ってくるのが早すぎた。)行きは始発で午前五時前に宝殿駅から出発した。


関西の西、中国地方へ。

さすがにあたりは真っ暗で、夏に、避暑地に野営している時のような匂いが広がる自宅から駅までの道の寒さを思い出しつつ車内から外を望む。実は兵庫県姫路市と岡山の間はそれほど距離があるわけではないが、それでも岡山に着くまでに日が昇ってきた。見ると車窓の外には濃霧のため幻想的な田園風景が広がっていた。やっぱり兵庫県と岡山県は隔絶されていると、今までの印象をより確固たる物にしつつ、先に進む。


岡山県を華麗にスルー

3年前に一度訪れて事がある岡山県を眺めつつ西へ。目的地は下関、または博多なので、それほど時間に余裕があるわけではない。というか、下関と門司をつなぐ電車の終電にさえ間に合えばそれで良いはず。そこが最大の関門。不可抗力のギャグっていうのが久米田 康治さんのかってに改蔵だったか絶望先生だったかで紹介されていました。今はそんな気分です。と検索していると絶望先生の元ネタを考察しているWikiが見つかったのでせっかくなので貼っておく。


広島県尾道(おのみち)市

有名なところ。実は一昨年の秋まで読み方を知りませんでした。きかっけがかみちゅ!って言うのもなかなか。尾道市の皆さん、ごめんなさいw


*今回、尾道市は通過しました。


宮島……。あれはいいものだ。

これはすごい。海の向こう、対岸に厳島神社。宮島航路だけは、船なのに青春18きっぷだけで乗ることが可能だと。出発前に調べていたので喜んで乗ってきました。このあたりでだいたい正午。お昼ごはんが恋しくなる頃でしたが、「揚げもみじ」など、甘いものばかり探していました。揚げもみじというのは広島名物のもみじ饅頭を油で揚げたもの。一瞬、冗談かと思ったので、ノリで「クリーム味」を選択すると、かなり美味。これは隠れた名物。というか、単純に知らなかっただけだろうけど。船の上からは「安芸の一粒」とか「幻のかき」といった吹きそうな一言が書かれていました。ここで養殖していたんですか。瀬戸内の光景を十分に堪能して下り列車にのりこ……下り電車は行ってしまっていたので、しばらく駅で時間をつぶして、出発しました。なんと、やってきた列車は新山口駅まで行ける優れもの。もう数時間待てば下関まで直通のもあるらしく、本数の割りに長距離移動に向いている地方だと感じた。これは楽。写真は例の如く、気が向けば後日うpします。が、これまでに公開されたものは本当に少ない。


*やはり、厳島神社が本州から離れた島にあることを知りませんでした。散々島だって言われているのに……。


下関ともじぴったん。

関門海峡が下関と門司の間の海峡だと、21歳になるまで知らなかった大学生がここにいますよ……。なぜ調べようと思わなかったんだろう?


*門司を「もじ」と初回で読めるわけない


門司から博多まで。

実は、幼少の頃、多分小学校の低学年の頃に、福岡県には一度来ている。そのときの記憶もそれなりにあるし、スペースワールドにも行った。だから、九州はそれ以来ということになる。もちろん、一人旅なのでスペースワールドには寄らない。博多へまっすぐ向かう。少しずつ、暮れていく夕日。そして夜の博多に降り立った。


お客さん、980円じゃナイトパックは5時間だけッスwwwww

博多で夕食を食べる。もちろんラーメンですが何か?その後、ネットカフェの場所を確認して、時間がまだまだあるので、仕方ないので賑やかなところで時間をつぶす。具体的に説明すると、ぬいぐるみを掴んで穴に落とせば貰えるような類の遊びをする場所で、アイドルマスターも健在で、好評稼働中となっていた。


*まさか3時間いて一円も使わないとは思いもしなかった。


そんなわけで、1日目が終わった。ネットカフェにて、最新の漫画を読む。ここで感想を書くネタ探しの場でもあるし、未知の面白い漫画を探す場でもある。といいながらほとんど仮眠に費やしてしまいました。


*ここから先、唐突に「ふたつのスピカ」に関するネタバレを含みます。

今日(2007年03月23日)発売のふたつのスピカの最新巻(12巻)で、超展開。主要登場人物5人のうちの1人で宇宙飛行士を目指していた鈴木秋の死を告げる電話がアスミの暮らす学生寮に掛かってきた。秋の妹かららしい。実は原作は中途半端にしか読んでいなかったので秋に妹がいたことも知りませんでしたが。とりあえず、うとうとしていたのに、それを読んで目が覚めた。今度原作を通して読もうと思う。


「ふたつのスピカ」アニメ版の感想

2007-03-22

記事の概要: "2007-03-22" の日記

no image

excerpt


.

本当は今朝早くに出発する予定だったのが、寝坊という悲劇に見舞われて、明日に変更されました。


以下、今回の旅行の目的と予定を大まかに。

<往路>

青春18切符を使って、九州まで行ってきます。午前中に岡山を素通りして広島まで行って、宮島を見て、午後は山口県を素通りして福岡県福岡市博多区に行く…と。福岡に渡る理由は、山口県よりも深夜営業の店が多い気が、ただなんとなくしたから。それに、十数年ぶりに九州に渡るのも良いかと思い立ったので、昨日の夜。


<復路>

復路を考えて旅程を組まないと疲れるので、あらかじめ計画しておく。早朝に博多区を出発し、九州を観光することなく下関で淡雪の親戚を買って、広島で尾道に寄る。決して、かみちゅ!時かけの聖地巡礼ではないのをこの場を借りて釈明しておく。


一年前の今日は悲しいことがありました。もうあれから1年も経ったのかと。


そういえば、今の携帯SH902iに変えたのもこの季節でした。その前は、今や禿Telと揶揄されるV社の携帯でしたが、今のほうが断然、使いやすいwその代わりお値段が高め。今では色々な機能を引き出せるようになり、頼れる相棒になりつつあります。目指せ、月間パケ代1億円!!!(定額なので払うことにはならないはず。DoCoMoにとってはそれなりに迷惑な行為。)


それでは、未知なる西日本の旅へ……。

記事の概要: "2007-03-20" の日記

no image

excerpt


.

これは比喩だけど、走行中にどちらかを残すために選べと言われれば「あくせる」を選ぶと思います。どうやら私はそういう人間のようで、薬学に関する考え方もどちらかと言えば過激派であって、未知の副作用や未知の薬害の可能性を考慮するのは自分の役目ではないと考えている。ゆえに研究職と一括りに言っても、Clinical Research Cordinator(CRC)や厚労省側の人間にはならないと思うし、院内、調剤薬局を問わず臨床家にも向いていないと思う。そして医薬品情報を医師に提供するMedical Representative MRになろうとも思わない。


上に挙げた職業に従事する人たちは現代社会の医療を維持していく上で不可欠で、誰もが必要とされているけれど、そこには入ろうと思わない。近い将来、薬剤師になった後も、多分「研究」職に就き、その中でも急進派か過激派に属するんだと思う。


そして、社会を維持する任務を負わない研究者(そして大多数が創薬に携わると思う)には物事を「進める人間」と、その進行を「止める人間」がいるべきだと思う。少なくとも、事実を曲げて利益のために物事を「捏造する人間」は両者の敵であって、研究者とは呼べないので考慮しなくて良い。止める力が機能しない場合は判明しつつある薬害や副作用を見逃してしまい、多くの人の健康や生命を損害する。でも失敗を恐れて立ち止まると今救えていない人は永遠に救えなくなる。薬学の研究における「失敗」はだいたい人命に絡むもので、どんな失敗でも多少の人間が死ぬし、非常に稀な特異体質を遺伝的または環境により持つ場合は不特定かつ多数の患者のために開発された薬品では考慮されない場合があるだろうと思う。


そこでどう考えるか。副作用があるから使用を控え、似た構造の薬はもう研究してはいけないとしてしまうのは余りに短絡的で愚かな行為であると私は考える。たとえばタミフル Oseltamivir を服用後に異常行動を示す可能性が示唆されたのなら、その事実があるかどうかを検証するのは誰かがやらなければならないわけで、たとえばそれは厚生労働省の人間だったり、そこから依頼された研究機関であると思う。その結果、異常行動を起こす可能性があるならば、「進める」側の研究者はタミフルの構造から、なぜその副作用が起きたのかを解明し、脳神経についての研究や、別の(研究するまで分からないことも多いだろうけど)関連した病気の治療に役立つ手がかり、または直接の治療薬を開発しようと考えるだろう。というか副作用について研究すれば何かが見つかるはずで、何もないのに多くの人に深刻な副作用が引き起こされる可能性は余りないと思う。(あったら根拠なく不安を煽ったmass mediaのせいだろ)そのあたりは統計学を良く知った、「止める」側の研究者が解明すればいい。


研究者は過去またはこれから起こる失敗(副作用、薬害)から学べばいい。しかし、失敗の責任を取るのは薬品の開発者であってはならないと思う。認可した機関であるべきだ。開発者に製薬会社が含まれるかは法律の問題だろうけど、少なくとも、開発当初に全く予期できなかった失敗の責任を科学者に期待するのは門違いだと思う。「進める」人間を邪魔していいのは証拠を持った「止める」人間か、予算だけだといいなぁ


ということで、私が間違った方向に突き進んでいるのを見かけたら言葉で(拳はやめましょう。)止めてあげてください。それでも止まらない場合は、止めようとする人間が間違っているか、進んでいるように見えるけど実は「捏造する」人間に堕ちたということです。全力で見逃さないでください。

2007-03-19

記事の概要: "2007-03-19" の日記

no image

excerpt


.

ハルヒネタだと思って飛びついてきた厨(かた)へ

題名に西宮市が入っているけれど、まず落ち着いてほしい。別に涼宮ハルヒの聖地巡礼ではない。その証拠に写真がない。ち、違うんだからッ!(voiced by 釘宮理恵*1)でも結論だけ言うと歩きつかれて阪急北口駅から三宮まで阪急を使った。たしか260円だったとおもう。歩きつかれた理由は簡単で、阪急方面のジュンク堂に行こうとしたのに気がついたら阪神電車っぽい線路と駅、そして西宮市役所が見えてきたからなんだ。な…何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…っていう引用を使うまでもなく、道に迷った。く、くもっていたから太陽の方向が分からなくて、北と南を間違えただけなんだからッ!!!!(それ以前に西に向かって帰ってきたんだから周囲の地名で分かりそうなのに、身元の分かる電柱さんが不在だったので。)買ったのはハイペリオン時をかける少女でした。敢えて西宮にて購入してみた。(これはハルヒネタ。)


東京を出よう2 I-My-Me

朝早く、品川駅付近でムーンライトながら(東京行)を目撃しながら東海道線下り、小田原行きに乗る。ちなみに、後一つ遅いものはなんと「静岡」行きだった。午前5時台の神秘。普通に都内から静岡県まで一本で行けるとか嬉しすぎるんだけど、でもまあ乗り換えもそんなに苦痛でもないので一本はやい電車に乗る。ほんとうは一番早いので下るつもりだったけど、いろいろ片付けているうちに不可能に。いつもこう。


豊橋駅で「大あんまき」を回収せよ。

前日の日記に書いていた通り、買って帰った。ものすごく評判が良かった。9個買った。


地元へ漂着

お気づきの通り、広島へ直行しようか悩んでいたにもかかわらず「お土産」として九つのあんまきを手にしてしまったので実家に帰らなくてはならなかった。しかも、駅から家まで徒歩は寒いので一時間半も某飲食店の「てりたまバーガーセット」と西宮で購入した「時をかける少女」で過ごしていた。知ってましたか?「時をかける少女」は一冊の中に何作も短編が入っている中の代表でしかないということを。これは意外でした…。ちなみに新装版ではなく、古本屋で見つけた古い方を購入。なんとなくだけど、その方がいいかなと。そして「新装版でも主人公は時間跳躍によって知りえた情報を同級生に伝えたために可哀想にもキチガイ病院に送られそうになるんだろうか」と思いつつ読み終えた頃に車が登場。どうか、新装版でも表現の自由が認められていることを祈ります。良い表現を使う筆者だし、良い時代だったんだなと。最近では放火した精神障害者をも、精神面にトラブルを抱えていたと報道するほどだしね。疾患を異国の言葉でtroubleとか言っているようじゃ理解が得られないのは当然だと思うけどな。精神面での問題という意味で適切に使っていたのなら良いけど、どうもカタカナで聞こえる「トラブル」は深刻さが減弱している気がする(個人的な意見かも知れないけど)。通院していたなら普通に「病気」とか「疾患」という表現を使えばいいんじゃないかと。(この日記は日付は3月19日だけど20日に書いている。)結局、上辺の表現をどうしようと……まあ言いたいことは「キチガイ」だよな。対象を理解せずに呼称だけを変えることになんの意味が?


これからの予定

水曜日に親戚が来るらしく、さらに西へ旅立つのは木曜日の朝以降になる予定。広島県では尾道とか宮島とかを見る。そして出来れば山口県と、九州に一歩踏み出して戻ってくるつもり。暗くなって電車が動かなくなったらどこかで仮眠して朝まで過ごすつもりだけど、まだ決まっていない。ふぐはTTXが怖いのと食費が怖いので食べない。


*1:職業、声優。たぶん今はやりな「ツンデレ」な役ばかりを演じてきた経歴から異様に有名になる。代表的な出演作品は『灼眼のシャナ』(シャナ役)、『鋼の錬金術師』(アルフォンス・エルリック役)、『金色のガッシュベル!!』(ティオ役)、『銀魂』(神楽役)、『ミルモでポン!』(ムルモ役)、『ゼロの使い魔』(ルイズ役)など。Wikipediaより

2007-03-18

記事の概要: "2007-03-18" の日記

no image

excerpt


.

さーて、再び西日本へ旅立ちますよ。なんで前の旅行から少し間が開いたかと言うと「コードギアス 反逆のルルーシュ」を観たりしていたからなんだけど、それ以外にもう一つ理由がある。萌えるごみ…今のは誤変換…燃えるごみを出す日(木曜日)の朝に寝坊したせいで、次に出せる月曜日まで待たないといけなくなったからです。ついでに、今回は10個とも完食しようと心に決めていた卵のことも思い出したので、ますます出発しにくい状況になっていました。しかし、今日の調理により冷蔵庫に残されていた卵が残り2個になったので、茹でてお持ち帰りぃ~?しようかと思っています。


例のごとく、果敢にも品川始発(午前4時台)を目指して出発するつもりです。これで帰ると加古川駅に到着するのが14時台という速さ。所要時間は同じですけどね。

と言うわけで、途中の駅で降りて観光っていうのもありなので名古屋周辺では甘いものが有名らしいので、降りてお土産に買ってみたいと思います。”名古屋味覚圏”の三大甘味の一つ「大あんまき」を食べる。で最近知った犬山のあわ雪、知立の大あん巻き、岐阜の柿羊羹のうちどれか、手に入りやすいものを探してみたい。ただし短時間でみつかりそうなら。


西宮駅周辺にTMoHSっていうかハルヒの聖地巡礼に行くっていうのは一度ネタとしてやっておきたいのですが、明日の天候次第wそれにどこに行けばいいのかいまいち知らないし。誰か西宮とハルヒに詳しい人います?せっかくの通り道だし寄るのもありかなと思います。新駅(さくら夙川駅)ができたようだし。


夙川公園の桜っていうのも見ておきたいけど時期的に咲いていないでしょう……。兵庫県神戸市の桜の開花情報は3月27日開花予定、大阪市3月26日開花予定となっているし、まだまだ。そういえば一部地域の開花予想の結果がおかしくなっていたそうですが、あれは温度情報を打ち間違えたせいらしいです。バカかと。


一番の問題は、明日、実家に向かうか、広島に行くかというところ。けどそれは寄り道した時間で決まるでしょう。


ハイペリオン時をかける少女を何処かで買いたい。

記事の概要: "2007-03-17" の日記

no image

excerpt


.

やぁ。ようこそ、今日の日記へ。(´・ω・`)…この動画はニコニコ動画だからまず落ち着いて見てほしい。

最近話題が軽く偏っている気もしますが、気にしません。そのうち普通の日記になるでしょう。今回の題名がなんのことかすぐに分かった人も多いんじゃないかと思います。逆に分からない人は下の歌詞(の引用)を観ても誰の曲か分からないんじゃないかと思います。

GO MY WAY!! GO MY 上へ!!

笑顔も涙でも

この世界中が

Wonder LandなNever Land

GO MY WAY!! GO 前へ!!

がんばってゆきましょう

一番大好きな

私になりたい


実は、アイマスことTHE IDOLM@STERというゲームの曲のひとつ。歌詞とかmelodyが気になる人はニコニコ動画で検索するなり公式のwebsiteで視聴するなりしてみて下さい。最初は発音が悪くてGo My Wayごまえーになっているのかと思っていたら、GO MY 上へ!! とかGO 前へ!! といった日本語と英語を混ぜた遊び心のある歌詞になっているようです。アイドルマスター自体を知ったのは昨年のこと、よく見ているblogの一つ、あねろぐ。の中で何度か登場した言葉だったから調べてみたのがキッカケ。


ゲームの内容を説明してあったので、引用すると、


765プロダクションに所属するアイドルの卵たちは、全部で10(+1)人。

まずはこの中から1人を選んで、彼女をトップアイドルへと育てていきましょう。

という感じ。女の子がアイドルに憧れるなら、大きなお兄さんたちはアイドルを育成する方に憧れるのでしょうか?どちらも狭き門で、現実にその道に進む人は少ないので、こういう仮想の世界が好まれるのも分かります。ゲームはXbox 360専用として出ていて、映像は綺麗で、アイドルの女の子たちの映像も3次元とは行かなくても、ぺらぺらした絵ではなく、2.5次元ぐらいの印象。百聞は一見に如かず。実際に動いているところを見ればその感じは良く分かると思います。個人的には、PSPがモンスターハンターポータブルで助けられているように、Xbox 360はこのアイドルマスターとブルードラゴンなどで、じわじわと占有率を上げてきているような気がします。次世代ゲーム機の競争は今年が山場とも言われているようですが、ニコニコ動画でアイドルマスターの動画(歌っている映像。ライブのような感じ。)を見た人は箱買う勢いだなこれ。とまで言わせ、それ以外の人にも理性を失いつつあったりしています。ご存知のとおり、先代のXboxは日本市場で大敗してしまい、負け組みの印象を強く植えつけてしまいましたが、360では同世代のゲーム機であるPS3やWiiよりもいち早く発売し、確実に動画の質、知名度の向上を遂げてきているのではないでしょうか?

歌詞も明るいし、なんかいい感じだと思ってしまったので、今回はアイドルマスターを紹介してみました。アイマスが好きな人にとってはいまさらな記事ですが、知らなかった人で興味を持った人はいろいろ調べてみてください。

記事の概要: "2007-03-16" の日記

no image

excerpt


.

ゆくゆくはDSにも音楽と動画を再生させるつもりだけど、とりあえず今は携帯でだけ再生させてみる。SH902iの場合は、音楽は最初から再生できるので問題ない。動画を再生させる理由は、仙台旅行中にN氏が携帯に動画を入れていたので感化されたのと、青春18切符での移動中にどうしても暇だという場合に観るため。ただし、その場合、電池の消耗が激しくなると予想されるので、予備の電池か、充電可能なものを持っているべきだと思う。軒先から電源を奪うと微罪扱いになりかねないので避けたいww

非常時の手動で充電する機械を持っているんだけど、それを非常時でもない電車の中で使用するのはあまりに恥ずかしいので、そのあたりは悩ましいところwwww


さっき、試しに、そして何故かよりによって「Kanon 第1話」を携帯で再生できるように変換してみた。なんでそんな動画がPC内に存在したのかは自分でも分からないんだからッ(´・ω・`)……別に、前回の流れから行けばコードギアスでも問題なかったんだけど、なんとなく手元にあった動画がKanonだったので、つい変換してしまった。変換後の画像の大きさは、50M byteほどで、これだと、1ギガのminiSD cardに600分ほど動画が入ることになる。まあ、移動中に再生するなら画質とか音質は適当で良いし、別に一回見たらもう見ないだろうから良いかと。


一番良いのは、移動中にニコニコ動画を直接見れればいいんだけど。さすがに2005年末に発売された携帯電話にそこまでのスペックを要求する方が無理と言うもので、そんな高性能な携帯電話は未だに出ていないんじゃないかと思う。あんまり聞かないし、ようつべやニコニコ動画で「ケータイ厨」って言う言葉。


あと、コードギアスは今日までに、放送された21話まで見終わってしまった。なので変換する必要がなくなってしまった。何を持っていこうか悩んでいるところ。別になくても良いんだけどね。音楽(まだ現役で活躍中のRioがある!)があればとりあえず大丈夫だ。


できれば月曜日の朝に西へと出発したい。

記事の概要: "2007-03-15" の日記

no image

excerpt


.

コードギアスの感想はそのうち別に書くことにする。コードギアスの作中の学校内での歴史の授業をよく聞いていると、現実の(我々の知っている)英国の歴史について相違が見られる。つまり「神聖ブリタニア帝国」っていう国はイギリスがアメリカ大陸に遷都した世界における超大国という設定のようであり、それ故にイギリスから独立した(我々の知っている超大国)アメリカ合衆国はコードギアスの世界では成立しなかったと。


またまた濃い設定のようで、続編の制作も正式に発表されているらしく、今のうちに作品の内容を知っておくとしばらくInternetでの会話や小ネタに困らずに済みそうな予感。


「オレンジ事件」とかね。知らなくても良いけど、気になるじゃん。


今日は、みんながなんとなく考えていることを文章化するって言うのをやってみる。


誰かが既に指摘しているだろうけど、知っている人にしか分からない知識(たとえば「オヤシロさま」とか「全力で見逃せ」とか「禁則事項です」とか。)は流動的で時に無駄だけど、平安時代の歌詠みの人たちに通ずるものがあるんじゃないかと思う。あれは千年も前の話だけど、一応現在でも読むことができる日本語が使われていて、漢字または成立間もない仮名あるいは変体仮名で記述されているわけで、解読にはそんなに時間や手間はかからないはず。

それなのに、受験で出題されると曲者というか、文脈が難解に感じられることが多かったと思う。それもそのはず、彼らと我々の間には千年もの時間が横たわっていて、その文化や生活様式の経時的変化によって「常識」そのものが変容してしまっているから理解しにくくなっている。これは文化が違えば同じ時代の別の文化圏に属する人間の間にも生じ得る言葉以外の壁だと思う。さらに、趣味が違うだけで生じる小さな壁もあるだろうし、そういう「壁」っていうのは、「知りたい」という好奇心でしか取り払えないものだろうと思う。通訳を使うにしても「壁」が間に介在する状況では必ず意思の伝達に齟齬が生じるだろうし、そもそも通訳や翻訳は、それらを介する以前の情報以上の情報を持ち得ない。良くてそのまま伝わり、悪ければ全く別物になってしまう。


と言うわけで、色んなことに首を突っ込んでおくって言うのは良いことなんじゃないかなと思うわけです。特に、Internetって、自分の興味のあることしか見つからない構造をしているしね。知っている情報をより深く知るのも大事だし、その周辺の知識をより増やしていくのも結構だと思う。でも、それだけじゃ、似た思考を持つものだけが塊を作るだけで、次に続く道が見つからない。時には新しい、未知なる物に目を向けないと閉塞してしまう。


だって、「自分の知らない単語」で検索することはあり得ないでしょう。Wikipediaやニコニコ動画などで延々と時間を費やしてしまうのは、知らなかった世界へのhyperlinkがそこにあるからで、人は「知りたい」という欲求だけで簡単に徹夜してしまう。毎日おなじことを繰り返すのを嫌いつつ、踏み出せない。新しい世界に踏み出すのはenergyが必要だから、出来ればhomeostasisを優先したい。けど、疲れるけど新しいことを知りたい、好奇心を満たすため、transistasisを求める。


最初から、この文章を上手くまとめようとは思っていませんでした。ただ、安定を望むのは仕方が無いけど、「知的好奇心」を鈍らせないように生きたいものです。


ただ、興味が無いのに無理に何かを知ろうとする必要は無いとも思っています。それは、まだ知る必要が無いだけで、動機があればそのとき無理強いされて知るよりも数倍早く未知の情報を既知の情報へと同化することができると思うからです。

2007-03-14

記事の概要: "2007-03-14" の日記

no image

excerpt


.

一つの旅行が終わったので、長く休むことなく旅を続けようと思う。長くて一週間の休息を挟み、引き続き西へ進もうと思う。この三日間の移動距離を考えれば、兵庫県に戻ることは楽すぎるし、いっそのこと九州まで行ってしまっても良いんじゃないかと思っている。予算は一万円(青春18切符と食費2000円分)までだけど。なにしろ収入が無いので、大学入学のお祝いとして祖父から貰った、そして貰いすぎたと感じるお金が残っているとはいえ、それに頼りすぎると自分の首を絞めることになりかねないので、ほどほどにしないといけないな。


……他人から貰ったお金で無駄遣いはしていないつもりなのだが。


次の目的地は前から言っていた広島県。そして山口県下関市。広島まで行けば後は楽だと考えている。そこに至るまでに、一番抵抗を感じるのが姫路以西、岡山までの道のりだ。正直、在来線で姫路越えをしたことがない気がする。いつも車か新幹線だったので。


旅に出る前にやっておきたいこと。と、見ておきたいもの。


統計学。

The Cell 第5章

コードギアス 反逆のルルーシュ

うたわれるもの


勉強と遊びと旅は等価なんだよ、と。

記事の概要: "2007-03-13" の日記

no image

excerpt


.

仙台旅行から帰ってきたら、次は宇都宮に餃子を食べに行こうぜ!!っていうchaoticな展開へ。朝までカラオケでくたくたになりながら一度、東京は白金の部屋に落ち着き、仮眠を取ることに。正直、体力の限界でした。ここで数時間睡眠をとり…


ちょwwwwwwwwww昼になってるwwwwwっていう焦りを感じつつみんなで宇都宮線で鬱の…宇都宮へ。


宇都宮に到着したのは午後3時ごろ。そのあとうろうろと道に迷ったり、めんめんだったかみんみんだったかに行こうとしたり、どっちかが定休日だったりして歩きつかれて、とりあえず駅の中にある「宇都宮みんみん」で焼き餃子と水餃子を頂く。よくよく考えると、宇都宮の情報をみんなが知らなさ過ぎて、かなり無駄な移動をしていたが、それも、まあ、宇都宮を良く知るきっかけになってよかったんじゃないかと思い、反省していない。


東京に荷物を置いていたのでそれを回収するために部屋によって、しばらく夜行列車の時間に合わせる感じで時間を稼ぎ、解散という形になりました。もちろん、寒かったので家の前で見送る形でwww


また、暇であれば画像をうpすることもあろうかと思いますが、あまり期待しないでくださいねw

2007-03-12

記事の概要: "2007-03-12" の日記

no image

excerpt


.

2007年春に友達と4人で行って来た東北旅行について。ただし仙台まで。


丹後天橋立、陸奥松島、安芸厳島、三処を奇観と為す『日本国事跡考』 by 儒学者・林春斎


と言うわけで、日本三景をこの目に焼き付ける旅を企画しています。たぶん、お誘いがなければ普通の一人旅になるはずです。そういえば一人旅って一昨年の夏以降なかった気がするし。


仙台の寒い朝

カラオケを追い出されたのは午前6時前。「蛍の光」がながれるカラオケというのもまた面白い光景だったが、既に前日以前の疲労が溜まり過ぎて明らかに雰囲気のおかしい4人は、とりあえず仙台駅を目指すことにした。

屋根のある商店街を抜け、駅のある方を見た瞬間、世界が白いことに気付かされたのです。


7時間、アニソン縛りでカラオケをしている間に雪が積もってた!!!そして寒すぎる。暖冬は何処へ?こんなの嘘だッ!!!


ちなみに、この頃から携帯の電池は残り少なくなっていました。すこし雪の上を歩いて仙台駅に着くも、こんな時間に松島に行っても絶対店が開いていないだろう……常識的に考えて…。と、ひとまず松屋で過ごす。豚丼を少々。


いつまでも松屋の暖かい建物に居たかったが、それもできず、次の目的地、日本三景の一つ、松島へ。


とりあえず、松島に着いた

そんなわけで、一行は松島海岸駅を目指したわけですが、途中の乗換駅で全員寝てしまうという状況が発生wwww何事も無く無事に着きましたが。松島といえば、Albert Einsteinも来日の際には寄って行ったとか。そういえば宮島も。

松島も例に漏れず雪の中。海に見える少なくない島々も白くなり、最初は風流だと思っていた、降雪にも限度がある。あまりにeffectが強力すぎると視界が遮られて台無しだ。


松島、孤島症候群

せっかくなので、大きな赤い橋で結ばれた島に渡ってみる。松島っていう島は存在しないらしいですね。島の集合体が松島ということでしょうか。渡るには通行料(200円)が必要。


松島、雪山症候群

ホタテとか色々お楽しみな海鮮丼を食べたあと、松島を出ようという展開になる。このあたりで午前10時を過ぎた頃でした。この旅行の強みは、誰も(電車以外の場所で)寝ないから時間が完全に利用できるということ。

大魔王から「今のはヒャドだ。」って言われそうなほどの猛吹雪が襲う。他の3人は潔く傘を差す。そして自分だけ、無意味に戦ってみる。(何に対して?)頭から鞄まで、完全に凍結された状態で松島海岸駅まで帰還した。恐ろしい、雪国の雪。


いわきの近く、湯本

温泉最高!!!


エンドレス・スリー

寒い東北を後に、戻ってきた東京、上野……そして何故か池袋に。

この旅の第二部を感じさせる、カラオケ(アニソン縛り第2弾)を決行。


東京の夜が更けていく……。

このころ、家に帰ったら「コードギアス 反逆のルルーシュ」を見ようかな~とか考えていましたw

記事の概要: "2007-03-11" の日記

no image

excerpt


.

2007年春に友達と4人で行って来た東北旅行について。

The First Day 2007/03/11


小雨降る、日の出前のこと

前日の疲労(詳しくは合流するまでについて書いた「第0日目 神隠し編」を参照)を抱え、不安いっぱい、東京(の自宅の暖かい布団の中)に帰りたい気持ち2割で小雨に打たれ夜明け前の道を品川駅へと歩きだした。

一日目の概略

青春18切符の力を行使して、この日は一気に仙台まで行ったので、何度も電車を乗り換えた。しかし、利用した路線はほぼ全域が「常磐線」だったので不思議な感覚だった。こんなに走ったのにまだ東京で見かける路線名でいいのかと、初めて「東北の入り口」の広さというか、大きさを体感しました。それを行ったらJR東海道線(東京から神戸までとか長すぎるだろ、常識的に考えて)やJR中央線(東京から名古屋)もそうなんだろうけど、常磐線がそれらに匹敵する路線だとは知らなかったので圧倒された。まさに「線路は続くよどこまでも」だった。


一人旅でかつ移動が目的だったこれまでの青春18切符の旅とは違い、今回は道中、降りて、三箇所を拠点に観光できた。午前中は水戸(茨城県水戸市)、昼過ぎにはいわき(福島県いわき市)、日没後は仙台(宮城県仙台市)と一日掛けて北関東を抜けたが、ここで一つ、印象的なことが。当該県民の方には本当に失礼なことだと思いますが、福島県って、これまで個人的にかなり地味な印象だったのですが、今回の旅行で印象が少し変わりました。


おいお前、こいつをどう思う?


すごく……大きいです。

の悪夢、再来!?

とか思い始めた頃、強風が原因で速度を制限していることを知る。そういえば、いわきを出発するときも20分ぐらい遅れての出発になった。安全運転は何事をおいても最優先なのでこれで良い。人間は、風の息遣いを感じることができないのだから。特に突風。それに、今回の所要時間が長い方だと分かって却って良かった。仙台はそんなに遠い街ではない。


First Day in 水戸

水戸に着いたのは朝の8時ぐらい。

たしかグリーン車に乗った。実際には普通車扱いなんだけどね。3月中旬以降はグリーン車 Green Car / First Class になる車両が現在は普通車扱いだったので乗ってみた。グリーン車、これはとても良いものだ。


上野発の朝の普通列車降りたときから、水戸駅は雨の中。


なんで…こんなに冷たいんですか?

きょ、今日は暖冬だって言ってたじゃないですかぁ!?


って思いましたよ?久しぶりに冬が息を吹き返した日の朝、飲食店が開く前の街で我々が取った行動は…麻マック、今のは変換ミス、朝マックだった。

ここで降りた動機はただひとつ。日本三名園の一つ、今の季節だとちょうど梅が見ごろな「偕楽園」だった。ちなみに、残り二つがどこにあるのか知らなかったので調べてみたら、金沢市の兼六園、岡山市の後楽園らしい。後で記す「日本三景」巡りの計画と合わせて、そのうちcompleteしておこうw


行ってみたは良いが、寒くて雨降りで、片手に傘では写真を撮るのも一苦労だった。続く予定もあるので一行は適当に順路なのかどうか分からない道を通って一周して偕楽園を後にした。どうやら経験値が足りなかったようで、凄さや価値を十分に見極めることができなかったようだ。それもこれもKAF(急に、雨が、降ってきたので……)。


First Day in いわき

いわきに着いたのはお昼ごろ。

水戸、いわきの間もグリーン席が利用可能だったので普通に利用。一日の切符代が1600円だけど、適法。


First Day in 仙台

仙台に着いたのは午後6時半。仙台市がもうすぐ午後7時だよっていう、仄暗いってレヴェルじゃねーぞッ!!的暗黒世界になったあと。

ちょうど有希、今のも誤変換、粉雪が降り始める頃で、4人とも


こなぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃいい


という知識を持ち合わせていたのもあって徐々に壊れ始めていく。このあと更に、もともと徹夜に近い形だったので見事に壊れ続けていく。


翌日、この雪の結晶たちが街を染め替えることを期待しつつ、仙台の夜を満喫し始めたのであった。

牛タンを味わったり、カラオケで夜を明かしたり、そんな楽しい時間。

そしてそれは翌日に「眠さ」として跳ね返ってくる。

普通に睡眠時間一時間で、23時から翌朝6時まで7時間もカラオケしてました。


しかも、アニソン縛り。他のを歌ったら、何でこの曲が入ってるの?と真顔。


これはひどいwwwwwwwwwwwwww


比較的多くの曲対応できたけど、それでも決定的に知らない曲が多かった。ここに全部挙げようと思ったけど、メモし忘れたので無理。恋のミクル伝説とかは余裕。最近ニコニコ動画で聞いたもじぴったん(はるぴったんエンドレスで知った名曲。)は入っておらず、きしめん(空耳な曲。原曲はNurseRyrhymeのOPらしい。原作?はさすがに詳しくない。)も入っておらず、ちょっぴり不満w

でも、翌日以降の眠さと、このカラオケの楽しさは交換可能なら交換すべきものだと思った。良い意味で。せっかく友達と旅行に来ているんだから、寝ているよりも楽しんだ方がいい。

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。

何かを得るためには同等の代価が必要になる。

鋼の錬金術師より


長くなったのでこれで第1日目の日記を終える。

2007-03-10

記事の概要: "2007-03-10" の日記

no image

excerpt


.

2007年春に友達と4人で行って来た東北旅行について。


まずは、合流するまでの話。

この日は、前日の夜更かしの影響を引き摺り、ほぼ不眠の一日だった。午前中はだらだら過ごしたが、午後になり、兵庫から来る友人らの為に、少しだけ部屋の掃除をしておこうと思った。

しかし、部屋の片づけを始めるも、クレヨンしんちゃんの映画のうち、名作と名高いクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年4月21日公開)を見てしまった。この愚行により、部屋の清掃は小一時間停滞することになった。しかし、「オトナ帝国の逆襲」は噂どおりの名作であった。

この映画を観賞する全ての人を泣かすために全力を注ぎ込まれた場面がある。


しんのすけの父、野原ひろしの回想だ。


これについては実際に見てみると涙腺がヤヴァくなるのが分かると思う。是非、時間があれば老若男女、みんなで見ていただきたい。少し前に流行っていたらしい、昭和を懐かしむ流行の先駆けだったのかもしれない。


参考:「劇場版クレヨンしんちゃん」一覧

監督、本郷みつる。第01作から第04作。

第01作:アクション仮面VSハイグレ魔王

第02作:ブリブリ王国の秘宝

第03作:雲黒斎の野望

第04作:ヘンダーランドの大冒険


監督、原恵一。第05作から第10作。

第05作:暗黒タマタマ大追跡

第06作:電撃!ブタのヒヅメ大作戦

第07作:爆発!温泉わくわく大決戦

第08作:嵐を呼ぶジャングル

第09作:嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

第10作:嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦


監督、水島努。第11作と第12作。

第11作:嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

第12作:嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ


監督、ムトウユージ。第11作と第12作。

第13作:伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃

第14作:伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!

第15作:嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾! (2007年春公開!)

で、急いで部屋の片づけをして既定事項とされた集合場所である東京都千代田区の一角にある、非常に危険な虎穴(とらのあな1号店)に向かった。集合場所は、なんの嫌がらせか、もっとも近寄りにくい「同人コーナー」とか指定され、あり得ない訳だが、東京に不慣れなのかと哀れみながら(笑)直行してみた。……ら、おらず、一階の比較的ごくごく普通な書籍が売られている場所にいた。……どうやら何かの嫌がらせだったらしい。……まあいいけど。貴重な体験になった。4階以降はなんか湿度が高いというか、空気が違っていたのが印象的だった。


あと一人が来ない……

これはもうどうでもいいwww

JRの終電付近に横浜から東京にくる難しさが露呈した形だ。

川崎駅付近でオトナの事情により足止め、首都圏の地下鉄の活動停止など逆境に見舞われた人物の話。ポロリもあるよ。


そして徹夜が確定した

全員集合後、2時間で第一日目の旅行が始まった。

なんと、初日の朝から既に体力がempty.

2007-03-09

記事の概要: "2007-03-09" の日記

no image

excerpt


.

無駄なところで高いクオリティを引き出す自分に笑った。


なんで完全に不勉強で自信も無かった


有機化学3 → 100%


なんですか?もらった点は大事に受け取っておきますが、不思議な結果。


今日久しぶりに大学に行くと、成績が配布されました。一ヶ月以上の休みの間会わなかった人もいっぱいいたけど、これから更に一ヶ月近く休みがあるという事実には、喜びよりも呆れを感じる人のほうが多かったと思う。


話を戻しますが、


有機化学3 → 100%


ここは笑うところかドッキリか。はたまた情報処理に致命的な問題が生じていたのか。percentageの仕様変更でもあったのか。そうでないならこの場合、処理に問題が生じた箇所は教授の採点という最初の段階が最も疑わしい気がするwww


まあ、とりあえず、合成系に進むなら申し分の無い結果な訳です。


あんなんで良ければ…の話。相対評価で上側に位置しただけだろうけど、そこが相対評価いいのかと。それに相対評価で自分が100だとうちの薬学部は、学部生の有機化学教育が末期だな、と思った。


良いわけがない。このまま大学のずさんな成績処理結果を妄信してズルズル乗っかっていたら間違いなく大学院進学も就職も駄目になるな。元来あんまり総合順位は重視していなくて(もちろん何事にも支障の無い程度にはとるつもりだが)、個々の科目の中で突出したものを探す参考程度に見ていたが、この結果を信じればどうやら「有機合成」に向いているらしい。


ちなみに完全に手を抜いた物理化学はしっかりenergy barrierになっている。やる気が皆無な理由はつまらないから。高校の頃の物理は楽しかったのに。あの講義の進め方と試験の出題形式だとほとんど値を覚えるだけで全く意味を成さないと思うんだ。今回に限れば正誤問題は気違い沙汰だったし。全部van 't Hoffとか気違い沙汰。1901年に第1回ノーベル化学賞を受賞したぐらいで正誤問題全問に登場させるな、と。


以下、午後に行った本屋で見つけて、ジャケ買いさせる力を秘めていそうだったもの。「ルカ」と「先輩とぼく」以外は買っていないので感想は書けませんが、参考までに。


ほら、書店で中身を立ち読みし続けるわけにいかない小説にとって、表紙の魔力は計り知れないからwww

2007-03-08

記事の概要: "2007-03-08" の日記

no image

excerpt


.

昨日は東京に戻ってきて秋葉原になんとなく寄ってみたら東京は夜の7時とか流れていた。調べてみたら1994年の曲のようで、ちょうど東京に到着したのがその時間だったので妙に印象的だった。買ったのは「リリアとトレイズ 5」という時雨沢恵一さんの小説。略称は「リリトレ」になるのかな。以下、重大なネタバレを含む。この小説に登場する世界と同じ世界を描く作品は多くて、リリトレはこれで5巻目だけど、その一世代前のリリアの両親であるアリソンとヴィルの世代の世界が描かれたアリソン4冊(1, 2, 3上・下。3下巻の直後の時代の話は描かれない可能性が高い。)も合わせると全部で9冊になり、時雨沢の代表作である「キノの旅」の10巻(以下続刊)に並ぶほどになる。アリソンでは東西冷戦構造の崩壊とその直後の時代を、リリトレではそれから18年後の世界が描かれる。もちろん、この冷戦はアリソンの世界での超大国、東のロクシアーヌク連邦と西のベゼル・イルトア連合王国との間の争いのことを指す。

最初は普通の小説だと思った。ただ「キノの旅」の作者が書いていたので、これを書いていたということは次の「キノの旅」が出るのは当分先だと諦めるつもりで手に取っただけだった。そして読んだ感想はやっぱり普通の小説だった。しかし、同じ世界を描き続けて9巻分を重ねるうちに読者と作者だけの共通の知識があれば楽しめるという要素が増えてきて嬉しい。特にリリトレになってからは18年前に大国間の冷戦を終結させたのが誰だったのかとか、そういう背景を知るのは読者と作中の世界の数名だけというのも十分にfantasicで楽しめるし、最近ではヴィルの格好良さがますます上がっている。

なので、せっかく買ったリリトレを読みたかったのだが、青春18切符の旅の疲れとは別に、前日からの徹夜明けの疲れにやられてコロリと眠ってしまったのでこの日記を書いている時点でも実はまだ読めていない。ちなみに、DSで読める、電撃DS文庫の第1弾が「アリソン」だったようです。同時に「いぬかみっ! 」も出たようですが、こちらは未読。どちらも2006年12月7日に発売されていて、第3弾は2007年の1月11日「イリヤの空、UFOの夏」だったようです。

ところで、3月10日以降の予定がまだ立っていない。確実に何処かに行くという以外はwwでも、予定がなくてもなんとかなるような気もする。鎌倉観光は事情によりなくなる見通しで、直接東北に行くことになりそう。その旅の後はどこに行こうか。意表をついたところとしては、中国地方とかもいいかも知れない。広島とか山口とか。実は近畿と中国地方には心の壁(各駅停車による心理的な障壁。ATフィールド。)と地形の壁(両県の都市部の間を阻む山岳地帯。)があるようで、兵庫に住んでいても岡山県のことはほとんど知らないし、恐らくその逆もまた……。昨日の旅路でShizuoka allergyが半分ぐらい消えたので今なら西にも行ける!静岡なんか怖くない


ところで、今日は大学の図書館で本を三冊借りました。受容体の話とhormoneの話とtopologyの話。たくさん借りて読んで頭に叩き込まないと、異様に高い「施設利用費」を活かせていないと思うのです。

記事の概要: "2007-03-07" の日記

no image

excerpt


.

東京に戻ってきました。地元の駅を新快速が出たのが午前8時半だったので、この日記を書いている時点でちょうど12時間。東京に着くまでは9時間半ほど。神戸、大阪、京都、そして米原に至る、新快速の車窓からの景色はすっかり見飽きたので普通に寝て過ごした。でも、米原で白い水の結晶が見えたのは良かった。遠くの山々にも今年も一応冬は来ていたようで何よりだ。

関ヶ原を含む、米原・大垣間の景色を寝ずに見たのはこれでたぶん2回目だった。のどかな景色と、古戦場の表示がなかなか良い感じだけど、毎回降りない関ヶ原。電車が少なすぎる。関ヶ原は良いところだ。……豪雪地帯のはずが地面が見えていたけど。

名古屋周辺は自然が減って人工物だらけに。やっぱり都会だった。そして豊橋以降のいちばん体力と精神力が削られる地帯。各駅停車と言う以外は罪のない区間なので、今日は落ち着いて電車の中の人間観察や浜名湖、大井川、掛川、(富士山は見なかったけどあるはず…)など、窓の外の名所を眺めていました。この区間は長く、4時間もあるけど、外を落ち着いて見られる席ならあまり退屈しません。わざと徹夜をしておいたので断続的に睡魔に襲われ意識を失っていたし、楽でした。そして熱海、東京へと続く。

これだけの長旅が1600円!!!嬉し過ぎるwwwwwww


今日の日記の題名は、クレヨンしんちゃんの2代目のOP曲、『夢のENDはいつも目覚まし! 』に由来します。久しぶりに聞いたら懐かしくて目から水がwwwwwww『おどるポンポコリン』と同じ人が歌っているらしい。知らなかった。CDの発売は1992年11月26日。当時、7歳だったようです。結構前から見ていたことになる。というか、最近見ていないけど、また金曜日に放送されているらしいですね。土曜日は左遷された印象があったので。よく調べると当初は月曜日に放送されていたらしいが、後から湧いて出た「名探偵コナン」のせいで視聴率が低迷したとか何とかで金曜日に変更されたらしい。バーローwwww

2007-03-06

記事の概要: "2007-03-06" の日記

no image

excerpt


.

It couldn't be better.

19歳までただ過ごしていたときには気づかなかった実家の便利さ、快適さ、料理の豪華さに感動しつつも概ね退屈だった実家生活を終え明日、東京に戻ります。まさか東京から帰ってきた初日に祖母の畑のネギを抜くとは思っていませんでしたww相変わらず昭和が残った箱庭的な田園風景と、そこを歩ける楽しさを味わった。そんな風景によく馴染む今は倉庫と化した元工場(「こうば」と読むのを推奨)に要らなくなった大学受験の参考書などを運び入れる作業をしたり、実家の庭を大改造するのを手伝ったり、それなりに充実した帰省だったと感じます。その間にすっかり薬理学も予習&復習でき、ちょっとだけ強くなったし、言うことなし。


続・東京を出よう

その後2日間(つまり3月9日まで)は確実に東京にいますが、その後、友人数名と鎌倉に行く予定、さらに分岐して数名と東北にちょっとだけ行く構想(予定は未定)が立っている以外は完全に自由な春休み第二部の始まりです。青春18切符も安く、こうなったらとことん出かけようと思うわけで。もう一回ぐらい、関西に戻ってくるかも。だって、今季は一日1600円で乗り放題だから。本当は九州に行きたいけどあの島にたどり着くまでの中国地方の各駅停車区間(ATフィールド)が厚すぎるのが難点。

そういえば、青春18切符で東京に向かうのはこれで何度目か分からないけれど、一回目は2年前のこの季節だった。そのときの記録はこの日記にはないが、別にまとめてある。ちょうど、このwebsiteの改装工事の時期だったので、その当時のdesignのまま残っているので貼っておく。あれも青春の一コマだった。あの2年前の旅の後、千葉の親戚の家で一週間弱過ごしたり、神奈川県相模原市や今の大学の詳細を知ったりした。

2007年春の残りは千葉、北関東と日本海側の東北に捧げるのも良さそうだ。具体的なことは東京に戻ってから決めようと思う。

2007-03-04

記事の概要: "2007-03-04" の日記

no image

excerpt


.

Korean Gambleとは、パチンコのこと。呼称の由来は経営者の主な出身地(韓国50%、北鮮40%)であり、遊戯自体の起源についてはなんら考慮していない。


そのうち流行るといいなと思う呼称だったりする。


カタカナ表記だとコリアンギャンブル。

日本語だと「朝鮮玉入れ」とも呼ばれる。


別に「朝鮮絵合わせ」も存在するが、その本質はなんら変わらない。基本的に経済的に余裕の無い、大富豪でもないこれらの遊戯に興じる一般の日本人にとって経営者の国籍を問わず負けることは許されないが、経営者の国籍次第では個人的な経済事情以外にも問題が生じる。特に経営者の国籍が北朝鮮の場合、これらの遊戯において、勝つことを「対北朝鮮経済制裁」、負けることを「対北朝鮮経済支援」または単に「送金」と呼ぶことに異論は無いだろう。


そういえば、祖父がこの1週間ほどで約15万円の対北朝鮮経済制裁を発動していた。これには苦笑するばかりである。He did a Good job!

記事の概要: "2007-03-03" の日記

no image

excerpt


.

ぐらしのく頃に


それがやりたかっただけwいつの間にか3月で、東京に戻る日も近づいてきました。予定では、3月7日の朝に青春18切符を使って戻る予定。そして既に手元には青春18切符がある。なぜか3月9日に一度大学に行かなくてはならないので。


で、なんで行かなきゃならないんだっけ?

記事の概要: "2007-03-02" の日記

no image

excerpt


.

3月2日までに薬理学の俯瞰図が完成した。これ以降は、細かな情報を整理、統合して知識を定着させること、そしてその後の研究や応用に備えること。この時点で、全く知らない項目は無くすべて一度は見たことのあるものの延長線上の情報またはより細かな情報に過ぎない。そう考えると、ぐっと楽になる。


今日は、今、薬学部で勉強している人、今年から薬学部で勉強する人、なんとなくこの記事に迷い込んだ暇な人(ただしNEETも可)と、薬理学についての日記をお送りします。


ここで問題です。

薬理学 pharmacology とはどのような学問でしょうか?


薬理学を勉強しているのに、意外に忘れがちなのがこのこと。何事も細部を細かく勉強しようとすると、一番大きな項目を疎かにしがちなので、ここで確認しておきたい。


薬理学とは、薬と生体の相互作用の結果起こる現象を研究する科学である。と、今、実家の自室の机上にある薬理学の教科書の冒頭で定義されている。薬理学を勉強する上で、特に重要なことは、[ 薬の性質 ] 、[ 疾患への適用の妥当性 ]を知ることである。


薬の性質を知るためには、有機化学や無機化学といった化学的な知識が必須である。特に、有機化学の知識が必要である。有機化学は既存の薬物の作用を理解するだけでなく、創薬にも不可欠。しかし、有機化学を勉強するためのmotivationを維持するには、合成したい化合物を多く知っておかなければならない。医薬品の有用性を知ってこそ、合成する意義も理解できる。もちろんただ単に知的好奇心や商業利用、己の合成技術の高さを証明するために全合成に挑んだという例もあるが、生成物の多くは、わざわざ合成してまで手に入れたい化合物のはずである。たとえば医薬品や、宇宙開発や家電に用いる新素材である。


疾患への適用の妥当性を知るには生物学、分子生物学、生理学、病理学などの知識が必須である。高校時代、物理と化学だけで生きてきたので、生物よりのことは全く新しく大学で勉強することになったけど、どうやら何とかなりそうです。特に分子生物学については、あの分厚いThe Cellを読めば怖くない。


最後に、上記の知識があったとしても、「十分」にはなり得ない。だから薬理学という独立した学問領域があるのだと再確認して、むりやりまとめたいと思います。


連絡事項。現在、感想contentsのtrackback機能の一部に原因不明の不具合が出ています。具体的な不具合箇所は、trackback受信時のXHTML文書の再形成で、なぜか別のstylesheetを指定してしまうことがあります。が、見栄えは変わるが文章の内容に影響が無いのでしばらく放置することにします。東京に戻ったら手直しする予定です。

明日は、ひな祭りに被せてくる度胸のある「耳の日」!

Happy ears day!

2007-03-01

記事の概要: "2007-03-01" の日記

no image

excerpt


.

この記事が777件目の日記です。間に2つ欠番がありますが、単に汚損しただけです。昨日と今日、色々なblogに対してtrackbackを送信させていただきました。


これだけblogが広まった現在も、trackback本来の使い方をしている例は意外に少ない。2005年12月の日記で本websiteのtrackback policyを明文化したが、ずいぶん前のことなのでここでもう一度、自分で守れているか、変更する必要はないか確認しました。当時の考えは2005年12月10日の日記:やってみた。にある通りで、現在も基本的に変わっていませんが、少しここで追記することがあります。


通常の日記(この記事が属する日記)では、こちらから言及linkの無いtrackbackを送る可能性はほとんど無く、特に触れていない場合はそもそもtrackbackを送信しません。しかし、映画やアニメのDVDの感想のような共通の事象を扱う記事については既に言及なしでtrackbackを送信しあうことが自然な行為になっているようなので、こちらからも言及なしで送信することがあります。その場合でも当然のことですが、送信先の記事の内容は読んでいます。


ここからはただの日記。一行で。


今日も薬理学を勉強していた。生理活性物質について少しだけ詳しくなった。

Twitterのログ

履歴へ

Archives

興味のあるもの

アニメ

みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
H2 DVD-BOX
H2 DVD-BOX
クロスゲーム 1 [DVD]
クロスゲーム 1 [DVD]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)
映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

音楽

circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
コネクト(アニメ盤)
コネクト(アニメ盤)

ゲーム

メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)

少女少年 1
少女少年 1
プラナス・ガール 1
プラナス・ガール 1
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)