アーカイブス Lakililac's Toybox ラキのおもちゃ箱

新コンテンツを公開しました。 お気に入り - Favorites

ラキログ アーカイブス February, 2007

お気に入り February, 2007

キノの旅VIII the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] キノの旅VIII the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] キノの旅VI the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] キノの旅V the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] キノの旅IV the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版]

記事 February, 2007

キノの旅VIII the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] / キノの旅VIII the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] / キノの旅VI the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] / キノの旅V the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] / キノの旅IV the Beautiful World (電撃文庫) [Kindle版] /


テトリス日和 / 検索されたりされなかったり。 / 薬理日和 / 実家日記 JIKKA NIKKI / 2月20日:兵庫よりお送りします。 / 電子薬物取締法ぴったん♪ / メタルギア・メモリアル / 素数を数えるんだ…… / 杞憂: Global Warming / あまいもの、なーんだ。 / 生活を改善しよう / あなたは私のバックアップのはず。 / Hard Disk\(^o^)/Crash / Facultative anaerobe / ミステリックサイン / Cryptograph / ラキログ:Livedoor支部 / Cut Cut Cut Cutting / for You and Me / Rhythmical Days / XMLとかXSLTとかそういうの… /

2007-02-28

記事の概要: "2007-02-28" の日記

no image

excerpt


.

最近、薬理学にはまっている。どれぐらいかと聞かれてもいないけれど答えるなら、趣味:薬理学って書けるぐらいには。血圧を上げ下げする薬、それと関連する利尿薬、抗精神病薬や覚せい剤に代表されるような中枢神経に作用する薬物、気管支喘息の治療薬など。これ全部覚えるのかと思うぐらい大量に登場する医薬品たちに圧倒されながら、今のうちにやっておけば3年生は英語に多少没頭していても大丈夫だろうと思っている。


いきなり話題を変えて、仕様変更のお知らせ。海外からの無駄なtrackbackに対応するため、日本語を含まないtrackbackを弾くようにしました。この日記に向けてわざわざ英語だけでtrackbackを打ちたい方は珍しいと判断したからです。もし、そのような稀有な人がいる場合はcommentでお願いします。


最近はまってることがもう一つあった。テトリスDSを買ってきて、やっています。最初は目標200となっていて、それが出来れば無制限に続けられるという作りになっています。買ったのは一週間ぐらい前で、それ以来毎日やっていたんですが、昨日の朝、ようやく最初の目標である200行まで到達しました。最後の方はレベル20になって、落ちる速さ(専門的にはGで表すようです。それがレベル20だと20Gになる。一回の移動で20行だけ落下する。)、固定されるまでの時間が短くて大変でしたが何とかテトリスのエンディング画面を初めて見ることが出来ました。でも、人間の集中力と慣れは偉大で、今朝は498行消すことに成功しました。一気に倍以上。やっぱり落下速度が速いほうが作業効率が上がるみたいですね。その分、わずかな遅れで窮地に追い込まれるわけですが。


春休みが長くて暇な人や、短い時間を有効に使いたい人にはテトリスをお勧めします。古典的なゲームだから買って、やってみて飽きても、時間がたてばまた楽しく思えるはずですよ。DSだとWi-Fiで遠く離れた人とも対戦できるし、同時に2~10人と対戦することも可能(後者では、誰か一人が持っていれば良いとのこと。)。ちなみに、DSのした画面を使います。上画面は任天堂の名作のゲーム画面が表示されて、視覚的にも音楽的にも楽しめます。……でも、テトリスをやっている本人は上の画面を見ている暇も無いぐらいの速さでミノ(*1)が降ってくるので音楽だけしか印象に残らないww


上の画面に表示される作品を列挙してみた。

聞いたことが無いぐらい昔の作品も含まれているが、ファミコンミニ(*2)として移植されているのでこの機会に触れてみてはどうでしょうか。


*1:ミノ…上から降ってくる7色のブロックの事を指す用語。

*2:ファミコンミニ:ファミコンの名作がゲームボーイアドバンスで出来るように移植された。もちろんニンテンドーDS(ライト)でも大丈夫。

2007-02-27

記事の概要: "2007-02-27" の日記

no image

excerpt


.

昨日から未知の領域へと進んでいた訳ですが、ひとつ分かったことがある。薬理学は意外にいけるかもしれないということ。今週中には全範囲を見渡せそう。薬品の名前を覚えたら、今度はそれを活かしながら有機化学を始めようと思う。「薬品製造学」という名前の教科書を使っているのに、そもそも薬品の名前を知らないせいか、あまり興味がわかないもので。


今日はこれからGoogleとかyahooとか、msnなどに検索されやすくする作業をします。しばらくそういうのは気にしていなかったんだけど、なんか、Googleにいたっては、UTF-8に切り替えたからか、ここの文書の言語を英語だか何かと勘違いしているようで、日本語での検索結果に含まれないという状態です。これはなんとかしてほしいところ。でも、何か変えるだけで、spam扱いされたりするから困る。まあ適当に無視していれば復活するみたいだから良いけどね。

2007-02-26

記事の概要: "2007-02-26" の日記

no image

excerpt


.

実家にいても暇なので、薬理学の勉強を始めたりしています。どうせ、数ヵ月後に習い、その数ヵ月後に試験に出題されるんだったら、今のうちにやっておいても良いでしょう。こんなこともあろうかと、薬理学だけは教科書を持って帰ってきた。まずは「中枢神経薬理」から。統合失調症、躁鬱病、Parkinson病、痴呆・脳循環の治療薬について読んでみた。作用機序はそれほど難しくはないけど、薬品名を覚えるのが厄介。でも、それはいつもの事。抗精神病作用には、DopamineのD2受容体とserotoninの5-HT2の受容体が関与していたり、同じ受容体でも存在する場所が異なれば異なる現象が起こったりしていて興味深い。


この調子でまとめていけば、すぐに全範囲終わりそう。そして、この暇さならそれが出来る


この春は、薬理学をやっつけたら、有機化学を始めようと思うんだ……。


もうすぐ、この日記も777件目の記事!特に企画はありませんが。

2007-02-24

記事の概要: "2007-02-24" の日記

no image

excerpt


.

金曜日。肉を食べた。肉を。家族みんなで行ったので、Wiiが買えそうな金額だった。というか、普通に買える。


土曜日。日中は何も問題なかったのに、午後が終わり、深夜より、つまり日曜の午前が始まった頃から部屋の片づけが激化。大学受験の頃の参考書など多くが箱詰めされている状態だったが、英語関係で使えそうな本と、生物学の補強になりそうな参考書を確保した。物理と化学に比べるとどうしても弱いので。


東京に持ち帰るには重いので、帰るまでに解いてしまえばいいんじゃね?とか考えた。


ニコニコ動画が復旧しないので、何とか普通の生活に戻りつつありますが、ようつべを使えばいくらでも見ることが出来るので、根本的な解決にはなっていない。というか、早く復活させてほしい。竹島の日に攻撃が始まるとか、露骨過ぎて笑えるけど、それも2,3日の間のこと。それ以上は笑えないからキムチ片付けろと言いたい。攻撃元の特定よりも、まず韓国人を疑って、間違ったら、ごめんなさいでいいんです。(byニア)

2007-02-20

記事の概要: "2007-02-20" の日記

no image

excerpt


.

東京マラソンが行われた日曜日を寝て過ごし、翌朝早く、大学にて学割証を発行してもらった後、そのまま地下鉄で日本橋へ。恥ずかしながら、21歳にもなって、幻のポケモン・マナフィを受け取ってきました。意外と日陰な場所にあって、平日の昼前なのに就学前っぽいお子様連れのお母さん達がたくさんいました。この前まで日本橋ってどこにあるんだよ。って思っていたんですが、自転車で来て以来、東京の土地勘が掴めてきました。


日本橋駅……それは、東京駅の裏側のこと。


用事が終わり、東京駅に徒歩で向かう。東京駅を裏側(八重洲方面)から見ると、いつもの見慣れたレンガ作りの明治だか大正風の建造物ではなく、ごく普通の駅でした。ちょっとがっかり。新幹線で帰省すると約3時間で着くから楽すぎる。


そんなわけで、実家に戻ってきました。


20日はニコニコ動画を見ていました。勉強しようと思ったけど、机が使用不能。


かつて自分の部屋だったはずの部屋が、受験が終わった弟の、参考書の墓場または物置と化していたのを遺憾に思う。極めて。

2007-02-19

記事の概要: "2007-02-19" の日記

no image

excerpt


.

ぴたたぁ~ん♪おはようございます。19日7時40分、朝です。


ニコニコ動画のはるぴったんエンドレスが危険すぎるww真剣に将来薬学領域に電子薬物学科が分離・独立しそうな勢い。うpされてから数日でのべ約20万人ほど聞き、繰り返し聞く中毒患者が後を絶たない。こんな悪魔のような曲と動画がこの世に存在していいのか……。

今日、これから大学に行って学割証発行してもらって、東京駅の裏にあるポケモンセンターにてマナフィを貰ったら、新幹線で帰省します。


実家に着いたらとりあえずはるぴったんエンドレスを聞く。ヤヴァイ。たった一晩で完全にもじぴったん廃人になってしまったw

2007-02-18

記事の概要: "2007-02-18" の日記

no image

excerpt


.

残念な容姿、性格などを有した異性と一緒に学生生活を送り、如何に交際を避けるかという逆学園恋愛シミュレーションゲームを誰か作る気になりませんか?これからはそういうのが流行る時代だと思うんですが…。題名のとおり、「メタルギアソリッド」と「ときめきメモリアル」をあわせた言葉ですが、まあそんな感じで誰がトクするんだよ、これ……みたいなゲームの企画。


主人公の容姿は比較的良い方っていう設定にして必要であれば player 自身の好みの異性でも良いとして、迫りくる異性からの恋愛フラグをことごとく折りながら卒業を目指すゲーム。ネタとしては斬新で、かつ何のためにそんなことしなきゃいけないのかただただ謎という代物。たぶん歴史に残る糞ゲーになると思うので、どこか作ってください。お願いします。


明日は兵庫に帰ります。夜行バスの空席が無かったので新幹線のぞみで。飛行機でも良かったんだけど、面倒なので学割使って帰ります。東京に戻るときは、今春は20周年記念とからしく、いつもより安くて8000円で買えるらしい青春18切符で帰ってきます。


今日はニコニコ動画を見ているうちに一日がオワタw東京マラソン?何それ。雨だったじゃん……。見たいな感じで。ドラクエ3で、ひたすら殺さずを貫きながら進める人が印象的。しかも今も現在進行形でuploadされているので興味が尽きない。


最後に、昨日話題になっていた例の動画を貼り付けてみるテスト。ニコニコ動画より。



はるぴったんエンドレスだけ、洗脳されないようにご注意ください。耳について離れなくなるwwwwwwwww

ぴたた~ん・たった・もじぴったん♪

記事の概要: "2007-02-17" の日記

no image

excerpt


.

うっかり受け取ったbatonをどうせ暇なんだから、たまには真面目に書いてみようと思い、答えてみた。「Batonはボケる場」とか定義したがる生き物が多い中、それを無視して普通に回答することにする。


そんなに受け渡されたbatonで笑いたければすべらない話でも見てください。サイコロ振って、名前が出た芸人が順番に「すべらない話」をしていくだけの、いたって単純かつ笑い転げる番組。

笑い殺す気かって声が出そうになるほど。


ってかbatonをmixiから持ち出したら次、誰に回せばいいんだ!?ここに書けば誰か応じてくれますか?


お題 ハチミツとクローバー

○最近思う「ハチミツとクローバー」は?


アニメは2期まで作られて健闘した方じゃないかと。

なんとなく、原作の終盤はジャンプで打ち切られる直前の漫画のように高みから滑落した印象なんですが……。よく言えばデスノート的な呆気なさで終わった漫画。


○この「ハチミツとクローバー」は感動!!


え、ギャグ漫画でしょ?あれ……。


○直感的「ハチミツとクローバー」


オサレ漫画。良い人しか登場しない。


○好きな「ハチミツとクローバー」


森田さんがいたから楽しめた。

鞠男(マリオ)と類二(ルイジ)も悪くない働きを「魅せた」。


○こんな「ハチミツとクローバー」は嫌い


例えば、ヒロインが展示物の下敷きになって大怪我したりする展開?本州を駆ける無駄なユニコーンが鬱陶しかったです。


○この世に「ハチミツとクローバー」がなかったら


おk

ここからはただの日記。日が暮れる頃に「暗号解読」を読み終えて次に読む本を探しつつ薬学の勉強をしたい気もする春休みの土曜日、実は「暗号解読」の後半が量子暗号とか、不確定性原理とか、量子力学の深い領域に踏み込む項目で、受験勉強以来の、妙に懐かしく感じられる物理用語あふれる展開だったため、真面目に物理化学と分析化学の復習をしたくなったりしています。赤外線の分析とか偏光とか、ああいう機器や分析法の原理も結構重要。そういうのを勉強しないと数学とか勉強する気になれないし。そういや1年のとき、Fourier級数展開と微分方程式ぐらいは習ったはずなのに忘却の彼方にすっかり放置プレーだし。


実家に2週間ほど帰っている間は有機化学に費やすとして、帰るまでは分子生物学と、物理化学を勉強するのも良いかも知れない。実は、統計学も復習したいと常々思っているんだけど。まあ嘘だけど。

2007-02-16

記事の概要: "2007-02-16" の日記

no image

excerpt


.

読書に時間を割くのはずいぶん久しぶりのこと。ここ数日読んでいるのは枕にすると頭が痛くなるほど分厚いが英語が比較的易しく読みやすい The Cell (「細胞の分子生物学」の第4版、原書。)と、フェルマーの最終定理ビッグバン宇宙論で有名な英国のSimon Singhが書いた暗号解読という本。あ、The Cellと暗号解読の2冊だけですよ。4冊挙げているけれどw


まず、この前書いたとおり、夕方から出かけて池袋で買ってきた「暗号解読」について。この本は、事前に調べて評判が良かっただけあって、「暗号」と聞いて予想していた以上に読みやすい。そしてその情報の多さや内容の複雑さにも拘らずSimon Singh氏と訳者である青木薫氏による簡潔な文章で書かれているためどんどん読み進めていける。非対称な公開鍵暗号とか、それ以前の対称鍵の暗号、第二次大戦中のドイツのエニグマ、使用者がいなくなり断絶した古代王朝の文字(線文字Bの解読など)の解読など幅広い知識が無理なく盛り込まれていて感動した。いま丁度「暗号解読」の第6章まで読み終えたところ。このままだと明日までには読み終わりそう。RSA暗号とかの説明を読んで、やっと暗号と素数の関係が分かった。そして今でも果てしなく大きな素数を探し続けている意味が分かった気がする。


2冊目。The Cellは第4章を読んでいる。第4章の内容を要約すればDNAと染色体について書いてあると言い切れる。まず染色体の微細な構造を記述し、次に個人的に最も忌み嫌う、巨視的な構造を記述している。そう、このところ染色体のglobalな動きに頭を悩ませている。それも全て、高校時代に生物を履修していなかったから染色体の動きがいまいちつかめないという理由に尽きる。Polytene chromosome(多糸染色体)とか「パフ」って何だよwwwwwこの奇妙な染色体の話が終われば第4章が終わる。一つだけでもchapter通して読めば今後の自信につながりそうなので、是非、この勢いで第4章を読み終えたい。


あと、帰省の計画。2月下旬に帰省して、3月上旬に東京に戻ってきます。とりあえず、明日の東京マラソンを生で観れたら観て、月曜日に生ごみを捨てて、部屋の掃除を完璧に済ませてから、夜行バスで帰るつもりです。というか、他に交通手段がない。

2007-02-15

記事の概要: "2007-02-15" の日記

no image

excerpt


.

ある星の知能を持った生命体は、彼らの星がだんだん冷えていると感じて不安になりました。このまま行くと、我々の曾孫の代にはこの惑星が氷に閉ざされるのではないかと。


またある星の知能を持った生命体は、彼らの星がだんだん暖かくなっていると感じて不安になりました。このまま行くと、我々の曾孫の代にはこの惑星が灼熱の惑星になるのではないかと。


さて、今の時刻は16時半だけどちょっと池袋の本屋に行って来ます。

2007-02-14

記事の概要: "2007-02-14" の日記

no image

excerpt


.

あまいもの、なーんだ。と聞いただけでショコレの町またはエットル村の名物を思い浮かべた人がいたら森永が仕掛けた昭和の商業主義の手羽先であると同時にグルグル信者に成っている恐れがあります。特にショコレの町とエットル村の両自治体の名前が思い浮かんだ人は重症です。すぐに魔法陣グルグルを見直すか読み返すべきだと思いますよ。あなたは飢えています。きっとウニョラー


今日はゼロの使い魔を観たり、永らく枕と化していたThe Cellを読み始めたりとそれなりに充実していました。それから食事の面で、炭水化物を少なめにして、久しぶりに海の幸を摂取したところ頭の回転が少しだけ速くなりました(当社比)。少なくとも、食後に眠くなる症状は和らぐようです。


勉強しなきゃ、NEETになっちゃう。(切実)


それと、英文でも日本語の本と同じで読めば読むほど読む速さが上がるらしく、ちょっと読み始めると良い感じで進みます。尤も、内容を知っているから(予備知識に助けられているから)という感じも過分にしています。


今日……というか2月に読む部分はThe Cell Part 1 2007年02月頃に読んだところに書いています。いつまで続くのかなw


あと、構造がいまいち曖昧だったReVieWを再建し、最新の感想(ただし、半自動半手作業による更新の為、更新の周期は不定。)アニメの感想(当初、これが最大のcontentsになるはずではなかったorz...)漫画小説といったcategory別に分けました。小説の部分は広い意味で書籍全般になるかも知れないですが、そんなに増えないと思うのでどうでもいいです。それに目次用のpageなんてただの通路に過ぎません。

2007-02-13

記事の概要: "2007-02-13" の日記

no image

excerpt


.

こんな愚かな食生活を続けていると間違いなく生活習慣病になる。薬学部なのに……。まあ、薬学部の教授が煙草吸っている時点で、学部とか専門とか、どうでもいいのかもしれないが。


振り返ってみれば目を疑うような献立の数々。この1週間のうち3日は三食curryだったし、そうでなくても塩ラーメンだったり味噌ラーメンだったり、ちょっと機嫌が良ければお好み焼きを買ってきたり、焼きそばを作ったり、パンを少し焼いてかじったり、パスタな一日を送ってみたり納豆ご飯一杯だけで一日を乗り切ったりと、こんなアホな告白はせめて一文で済ませたかったから文章が長く、煩雑になったけど、言いたいことは唯一つ、このままだと死ぬぞ……ということ。


なぜなら人は炭水化物100%では生きていけないから。


ハナマサで買ってきたcurryとハヤシライスが全ての元凶か?否。その前から生活は乱れていたはずだ。


と言うわけで、野菜と肉は2対1って可愛らしい美大生の女の子が言ってました、昔。


……二次元だけど。


どうやら炭水化物だけ食べ続けていると、体が重くなるようです。これはたぶん、高血圧・高脂血症・高血糖といういわゆる一つのMetabolic Syndromeまたは死亡フラグ。


野菜を食え。そして果物を採れ!


調理は楽しいけど洗い物が面倒だから作る気にならないんだよね。

でも……逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ


逃げちゃダメだ繋がりで、The Cellの解読(笑)を再開しました。まあ、期待しないでください。個人的な文章だから。なんて自然な展開w

2007-02-12

記事の概要: "2007-02-12" の日記

no image

excerpt


.

独断専行は許可されていない。私に従うべき


今日は自転車で東京駅とか秋葉原まで行って来た。これが意外に近い。でも、「通性運動人間」な私にはそれなりに堪える運動量だったと感じた。行くための道は単純で、自動車があればもっと楽に行けたに違いないが、都内を運転するほど命知らずではない。


まず大学の近くを走る国道1号(桜田通り)を疾走し、日本電波塔株式会社のそろそろ老朽化が心配される昭和の遺物にして寒い冬には夜な夜な暖そうな橙色に染まる施設の横を過ぎ去っていくと、道は急に坂道へ。自転車には限界じゃないかと思える飯倉の坂道を上ったところにあるセブンイレブン前にて、バテる。早すぎる絶望wここまでで約20分だったか。


実は朝から何も口にしておらず、その上前日の夜も何も食べていない状態だった。必死に解糖系を働かせるが、ブドウ糖の供給が追いつかず、とうとう意識が朦朧とする事態に。立ちくらみがきつい。これは低血糖状態か?と危機感を感じてセブンイレブンに入る。確か意識障害を起こすほどの低血糖っていうと50mg/dlだったか。一時的に激しい運動をしたから鈍ったからだが軋む。そういや最近野菜もろくに食べていないと感じたので手っ取り早くtricarboxylic acid cycleを高速回転させるためリポDと見るからに甘そうな苺とか挟まったsandwichを買うも、その間にも気持ちの悪さと意識levelの低下が進行する。


少しは食生活を見直したほうが良いなと反省しつつ先に進むと霞ヶ関。なんて近い、日本の中枢。農林水産省、法務省などよく聞くけどどこにあるのかいまいち知らなかった中央官庁の施設を眺めつつ、このまま国道1号(しつこいようだが桜田通り)をまっすぐ進み、桜田門へ。ああ、ここか、井伊直弼が殺されたのは。とか、最低限の幕末知識を思い出せる薬学脳患者は皇居に向かって右折。というか直進の選択肢はない。皇居の内堀に突っ込みたければ直進すれば良い。


まあ、こんな感じで東京駅までは近い。やっぱり誰かの発言を借りれば、「東京ちっちぇえwww」といった感じ。秋葉原にも行ったけど、今回の唯一の誤算は帰り道、Hard diskを自転車で持ち帰ることを想定していなかったこと。

 \もうね、アボカド/ \バナナかと/

                     ┌┐

      ヽ           / /

     γ⌒^ヽ       / / i

     /:::::::::::::ヽ      | (,,゚Д゚)

     /::::::::(,,゚Д゚)       |(ノi  |)

    i:::::(ノDole|)     |  i  i

     ゙、:::::::::::::ノ      \_ヽ_,ゝ

      U"U         U" U


最後に。昨日書いたHard Disk\(^o^)/Crashのcrashについて。この単語に似た単語が少なくともあと2つ思い浮かぶ。たぶん、clashとcrush。この3つの使い分け、出来ますか?


clashは意見とかがぶつかる、crushは何かをつぶす、crashは何かをこわすと少しずつ違うみたいです。今度この中のどれかと文章中で出会ったら意識して意味を考えてあげてください。やっぱりどれも同じ気がするw


現在は、新HDDにいろいろと移動中です。

2007-02-11

記事の概要: "2007-02-11" の日記

no image

excerpt


.

皆さん。お元気ですか?


今日はdiskとdiscの違いを知りました。知ってましたか?どっちにせよ発音は同じなのでどうでもいい気もしますが、その辺の違いが分かる人間になりたいと思っています。同じようにcaf? au laitとCaff? Latteの違いなんかも分かると良いですよね。


blue-ray

さて、diskとdiscの違いですが、よく耳にするBlue-ray discはdiscなんですよね。で、Hard diskはdiskだそうです。今にして思えばちっとも収まりのいい大きさには見えず、ごく普通の大きさにしか見えないcompact discの場合はdiscです。


結論。Optical mediaの場合はdiscで、磁気媒体の場合はdiskというように使い分けるようです。


ところで、題名:Hard Disk Crash!の件ですが、まだ大丈夫そうです。外付けハードディスクドライブがそろそろ危険なのかも知れません。Access lampが高速で明滅するのは仕様ですよね?Baffaroさんwww


明日、秋葉原に行って新しい外付けHDDを買ってこようと思うんだ。


日記が続きます。


今日は、RSSの表示とか加工をするためにいろいろ検索していたわけですが、Ajaxを使った非同期通信とか格好いいんで取り入れようかと考えています。が、今日やってみたところ、うまく行きませんでした。半年後ぐらいに検索すれば誰かが何とかしてくれるだろう


非同期にこだわらなければ、PerlでXML解析できれば一番楽なのに、なんか上手く行かない。次にできそうなのは外部javascriptを利用した方式。javascriptだけでRSS解析とかってできるのかな?一応、たのしいXMLを参考にいろいろ勉強していますが。

2007-02-10

記事の概要: "2007-02-10" の日記

no image

excerpt


.

いつの間にか土曜日になっていて、また一週間が終わった。昨日からはじめておいていつもやっているように書くのも良くないのだが、「今日も」、微生物学の復習が地味に進行中。その中で出てきたfacultativeなんていう単語は今日初めて目にした気もするが、実は1年前の講義の冊子だから知っていた方が良さそうだと観念してキリキリと覚えることにする。ちなみに、日本語で言うと、「条件的」とか、「通性」といった意味になるそうで、これまで薬学の授業で習った「通性」なんていう言葉は、記憶が正しければ一回しか出てこない。この話が微生物学の話だということからも想像できるように、この記事の題名にもなっている、facultative anaerobeは通性嫌気性菌を意味する。普段は好気呼吸をしていて、酸素がなくなったら嫌気呼吸に切り替える、もしかしたら最強かも知れない異能者たち。その強靭な呼吸の仕組みを少しだけ微好気性菌に分けてあげれば良いのに。


あとは何してたんだっけw


とりあえず、更新したもの。

2007-02-10

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

訪問者が増えないSOS団の公式サイトを憂い、ハルヒは自分が描いたSOS団のエンブレムを飾るようキョンに指示した。そんないつものSOS団の部室に行方不明者のコンピ研部長の捜索を依頼しに喜緑江美里が現れた。そうして訪れたコンピ研部長の部屋は異空間につながっていた...。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第07話のあらすじ

訪問者が増えないSOS団の公式サイトを憂い、ハルヒは自分が描いたSOS団のエンブレムを飾るようキョンに指示した。そんないつものSOS団の部室に行方不明者のコンピ研部長の捜索を依頼しに喜緑江美里が現れた。そうして訪れたコンピ研部長の部屋は異空間につながっていた...。

ハルヒ:SOS団のエンブレムよ!

第07話では、ハルヒが適当に描いたSOS団のエンブレムが大問題を引き起こす。

SOS団

このマーク、見るからに良くできたマークとは言いがたい落書きなのだが、実は恐ろしい秘密を秘めているのだ。それは見ていくと分かると思う。そして、そのSOS団のエンブレムをSOS団の公式サイトに貼り付けるキョン。ハルヒが位置を指定して、キョンが試行錯誤しているようだが、確かに画像を思い通りの場所に表示させるのは初心者にはなかなか難しい作業だと思う。ここでも未だに画像の位置がおかしくなったり表示が乱れることが多い。なお、キョンが作成したSOS団のサイトを模して構築された、アニメ公式サイトはファンなら頻繁に確認するべきですね。この前は節分の事が書かれていましたよ。節分に関しても、原作に忠実な内容(豆まきの時は「福はウチ」しか言わない。理由はハルヒが「泣いた赤おに」を読んで以来、鬼には優しくしてあげようと考えるようになったから。)だったので思わずニヤリとさせられました。放送終わってもう何ヶ月にもなるのに、引き続き更新は続いているみたいです。これも第2期に向けた運営なんだろうか。

喜緑江美里:SOS団への相談者第1号

とうとう来てしまった、SOS団の初の依頼者喜緑江美里は髪の毛の色も淡い緑色。絶対に実在しない髪の色。それはいいとして、朝比奈みくるが連れてきたこの2年の少女、よく見ると長門有希とも見つめあうというか、何か関連がありそうな様子。詳しくは原作を読めば分かるんだろうけど、あいにく、原作をちゃんと読んだにも拘らず忘れてしまったようなのでここでは触れない。確か「憤慨」に再登場していた筈だから、読み返してみようと思う。同じ本を二度も楽しめるなんて何て都合の良い頭。と言うことにしておこう。……馬鹿だ。

ちなみに、SOS団が何でも相談所のようになった原因は発足当時にキョンが作成したSOS団の張り紙のせいであることは作中で明らかになるが、そのことをハルヒが言及する場面に、原作の読者にしか分からない「笹の葉ラプソディ」(原作:「涼宮ハルヒの退屈」)に対する伏線が潜んでいる。

「あんた覚えてないの?」

キョン:三年前の七夕がどうとか言うつもりじゃないだろうな?

「あんたがやったことじゃないの、あたしの許可も得ずにね」

「な、なんのことかな・・・」

このやり取りには、三年前の七夕という原作では重要な舞台が登場している。ハルヒシリーズにとって「三年前」がどれほど重要かはこれまでにも再三、宇宙人、未来人、超能力者によって述べられている。この場面の会話は第2期において高確率で描かれるであろう「笹の葉ラプソディ」での出来事への伏線ということになる。というか、キョンの視点(=読者から見た時系列)だと、このミステリックサインの時点ですでにその出来事は済んでいるということになる。原作を含めた各話の時系列は別にまとめた。

脱線ついでにもう一つ。七夕の日、7月7日は「ポニーテールの日」であると、日本ポニーテール協会によって1995年に定められているらしい。どちらかというと、「日本ポニーテール協会」という団体が存在したことに驚いた。しかも制定した理由が「織姫はポニーテールだった」とか適当な理由。偶然かも知れないし、深読みかも知れないけれど、「涼宮ハルヒの憂鬱」の最後の場面でポニーテールが鍵になる事を考慮するとよく出来た話、物語に散りばめられた要素同士の組み合わせが巧みだと感心させられた。

コンピ研部長の失踪

会話の中で出てきて気になったので調べてみたら、ホンジュラスという国は実在した。しかもキョンの言ったとおりメキシコの下くらいに。今まで知らなくて申し訳ない。喜緑江美里が探して欲しい人物は、ハルヒがパソコンを強奪したときの被害者、コンピ研部長だったが、ハルヒは覚えておらず、それさえ問題にならずに話は先に進む。しかも、コンピ研部長の名前は視聴者には聞こえなかった。なぜかって?大きな声で猫が鳴いたから。

それにしても、ハルヒは朝倉涼子が突然転校し、カナダに引っ越したという不思議な現象に対して未だに不信感があるようで、黄緑…じゃなくて喜緑江美里が言った「外国」という単語に対して即座に「外国ってカナダ?」と訊ねている。情報統合思念体は「外国」を使えばほとんど全ての情報操作は可能だと考えていそうだ。

情報生命体の亜種に対し:「何も……。おでまし。」

コンピ研部長の自宅にお邪魔するSOS団。当然鍵が掛けられていたが、ここは長門有希の出番。あきらめて管理人に鍵を貸してもらうために一旦部屋を去ろうとするハルヒに、扉を開けてみせる。絶対に、属性情報とか対象の情報連結とか、そういう作業を行ったに違いない。こういう何でもありなキャラがいるのに話の展開がグダグダにならないところが谷川流さんの構成力や文章力の凄さなんだろうな。


長門の宇宙人的力によって開かれたコンピ研部長の部屋に入るともぬけの殻。この第07話でしか登場しない部長の部屋。ついつい壁に貼ってある女性声優3人(平野綾・後藤邑子・茅原実里)のポスターに目が行きがちだけど、本棚に並ぶ本にもスタッフの遊び心が見え隠れする。

カッコ内は考えられる元ネタ。

電車男 地球の歩き方 中米 失踪日記 ニート・フリーター革命 30歳へのスピード戦略―下流スパイラル脱出ミッション 波状言論S改―社会学・メタゲーム・自由

「電卓男」(電車男

「エマンゲリピョン 絵コンテ」(新世紀エヴァンゲリオン 絵コンテ集

「中南米の歩き方」(地球の歩き方 中米

「失跡日記改」(失踪日記

「ニート革命~もう働きましょう」(ニート・フリーター革命

「歯上言論」(波状言論S改

そんな部長の自宅はどうやら危ない場所だったようで、古泉の意見では閉鎖空間に近い印象、長門の見解では次元断層が存在、位相変換が実行されていると相変わらず意味の分からない発言がなされる。そこで一旦解散。ハルヒ以外は再集合することになる。更に詳しく話す長門によれば、この部屋の内部に、局地的非侵食性融合異時空間が制限条件モードで単独発生しているこれはひどい意味不明用語w超弦理論か何かなのか?w意味は分からなくても今回の目標は異空間でカマドウマを倒すこと。それだけ。

このカマドウマが一体何者か、そういうのは作中で詳しく語られているので何度も繰り返し長門の説明を聞いて欲しい。(具体的には、「約2億8千万年前のことになる......」の件(くだり))

あと、この場面ではカマドウマとカナブンの映像がやけに凝っていて楽しめた。どうやらムシキングのパロディだったらしいですね。ムシキングに詳しくないので気付けなかったが、指摘されている方がいらっしゃったので紹介する。

長門有希

異界の情報データ、約436ペタバイトなど今回も宇宙人製有機アンドロイド・長門有希が大活躍する条件が揃った話だった。カマドウマは長門の親玉の遠い親類(情報生命体の亜種)だっということすべて仕組まれていたことじゃないかと長門を見つめるキョン。最後の長門の映像は、たぶん本を読む少女を描いた動画の中で最高級の動画のひとつはないか。そしてこの場面で読んでいる本が「膚(はだえ)の下」、知っている人は長門の心情考察に確実性が増す、いい演出だと思います。私は調べるまで知りませんでした。

2007-02-09

記事の概要: "2007-02-09" の日記

no image

excerpt


.

今日は早く起きたので大学の図書館の椅子に座って、暗号の数理という本を読んでいた。この本はブルーバックスの中の一冊で、ほとんど数式を扱うことなく必要事項を説明しているから導入にはなかなか良いと思う。実は去年の梅雨前にもこの本を図書館で見つけてそのときも読んでいたんだけど、実は時間が無くてあまり読めないうちに返却期日を迎えてしまったわけだが、今回は大丈夫。朝早く行ったのでその気になれば閉館まで本を読める。実際は量がそんなに無いので2時間半ほど読んでいたら目標だった公開鍵暗号の節まで読み終えた。この著者の文章はなかなか読みやすく、綺麗な日本語になっていて為になったと思う。


実は、暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで著: Simon Singhという本を探しにいったんだけど、さすがに薬学部の図書館には置いていないらしい。ちなみに、帰宅後に思い出したけど、図書館の蔵書を確認したい場合は、OPAC:北里大学図書館蔵書検索を使うと便利みたいですよ。結局、Simon Singhの暗号解読はどこの図書館にも無いようですが。あったからって相模原や十和田まで受け取りに行こうとは思いませんがw


その帰途、肉のハナマサにて、肉を一切買わずに、curryとかハヤシライスを大量購入しました。なんて安い店なのかw


で、帰宅後、洗濯して干して、serverとdomainの更新のためぱるるから振り込んで、別に作ったblog:カンタンなのにね こ・ん・な・の微生物学の復習事項を更新してみた。使っていて感じたんだけど、やっぱり使いやすいな、広く使われているserviceは。


ちなみに、どうでもいいだろうけど、せっかく薬学の文章だけを書くんだから……と、あちらのblogの名称を変更しました。分かる人にはわかると思うけど、涼宮ハルヒのゆーうつ(←なぜか変換できない)に登場するキョンの妹のcharacter songの歌詞にインスパイヤされたので、つい(*ノノ)テヘッ。


今日の更新

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

夏休みを利用して合宿するため孤島の別荘を訪れたSOS団。古泉の知り合いの別荘で気兼ねなく遊ぶSOS団だったが台風が孤島を襲いクローズドサークルが完成した館でついに事件が起こる。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第06話のあらすじ

夏休みを利用して合宿するため孤島の別荘を訪れたSOS団。古泉の知り合いの別荘で気兼ねなく遊ぶSOS団だったが台風が孤島を襲いクローズドサークルが完成した館でついに事件が起こる。

吹雪の山荘と並んで双璧をほこっている舞台

1学期の期末試験が返却され、夏休みの合宿に来たSOS団。この話はエンドレスエイトより前の話ですね。本当はエンドレスエイトもアニメ化される予定だったらしいですが、涼宮ハルヒの憂鬱が全5話構成から全6話構成に変更された都合で流れたらしいです。第2期では是非組み込んでいただきたい。エンドレスエイトは「ある意味長い話」だし、どちらかと言うと「消失」と絡む話だし。題名が「孤島症候群」だけあって今回は事件が発生する伏線がいっぱい。「彼女はなってみたいんですよ。名探偵に!」

キョンの妹

「ねぇねぇ、キョンくんね、あたしを置いていこうとしたんだよ。」と朝比奈さんに言いつけるキョンの妹。この子も例のごとく本名不明なので、キョンの妹と呼び続ける必要がある。キョンというあだ名を広めたのもこの娘。というか合宿について来たんだw

長門有希:冷やしあめ

古泉の知り合いの別荘に行くことになったSOS団。その途中、トランプを楽しみ、ババ抜きに負けたキョンがジュースをおごる場面がある。ここで目に留まったのが長門有希が選んだ飲み物だった。「冷やしアメ」……。いったい、どの時点で彼女が冷やしアメを飲むことを決めていたのかは分からないが、長門が読んでいる本が実在することを思い出せば、冷やしアメも実在するのだろう。一体どんな飲み物なんだろうかと興味が尽きない。あと皆で食べる夕食のシーンで長門の食べ方がなんか凄いことになってます。あれ、いっぱい食べてるのは分かるんだけど、どういう箸の動きなんだろう。

あと皆が海で遊ぶ平和なシーンのこと、長門有希が水上スキーをしながら本を読んでいる姿には目を疑ったw

クローズドサークルを求めて

怪しい執事とメイドと出会うSOS団一行。ここで面白いのが、既にこの2人の紹介に肩書きと名前を明記したテロップが使われていて、名探偵コナンとか金田一少年風の人物紹介が行われているところ。まさに、この瞬間から涼宮ハルヒが名探偵になったことに読者や視聴者はもうしばらく気づかない。詳しくは解決編で明らかになる。

2007-02-08

記事の概要: "2007-02-08" の日記

no image

excerpt


.

今日は薬学領域の既習事項を復習していた。必要ならば、最終的に手書き或いはfreewareを用いてmindmap形式で視覚的にまとめる予定だが、その前段階としてtree structureで概要を押さえることにする。提示された各事項の意味や定義などは別にまとめるが、これらの作業を行う上で、ここは3段組にしている都合で横幅が狭い、記事の内容を改変するのが容易でないなどの欠点がある為、昨年1月以来凍結していた外部のblogを再開させることにした。

以後作成する薬学系の文章はラキログ:Livedoor支部で書き、内容が充実したと判断されるものから順次、こちらへ記事を移動させることとする。


現段階でまとめる予定のあるもの。

微生物学と免疫学

分析化学と機器分析学

2007-02-07

記事の概要: "2007-02-07" の日記

no image

excerpt


.

更新内容。


今日は髪を切った。さて、そろそろいろいろ復習しようかな。

2007-02-06

記事の概要: "2007-02-06" の日記

no image

excerpt


.

せっかくの春休みなので薬学系の文章も書いてみようと思う。基本は復習事項に限られると思いますが、何が良いかな~。

XMLからmind mapに変換する素晴らしいfreewareがあるようなので、ここで一度XHTML文書化しておけばほとんど手を加えずにXML文書として成立するし、時間の許す限り書きたいと思う。過去問補完計画と平行してやるならまずは分析化学(2年前期)と機器分析学(2年後期)の原理から復習するのも悪くないと思う。



それと、THE CELLの備忘録をどこかにまとめていこうと思う。英語だし、情報量が半端じゃないので簡略化して整理しないと全体像をすぐ忘れてしまうから。


最後に、右側のlinksを更新しました。Categoryの中に意味の分からないものがあるのは仕様です。割と。ゆにーく。はa certain artificial human created by the Integrated Data Entityの発言に由来しています。

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

目覚めると2人だけで異世界にいたハルヒとキョン。SOS団の力を借りて必死に元の世界に戻ろうとするキョンと、自分が作り出した新世界で何とかやっていこうとするハルヒ。言葉で説得を試みようとするキョンがとったハルヒへの行動で元の世界は救われた。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第14話のあらすじ

目覚めると2人だけで異世界にいたハルヒとキョン。SOS団の力を借りて必死に元の世界に戻ろうとするキョンと、自分が作り出した新世界で何とかやっていこうとするハルヒ。言葉で説得を試みようとするキョンがとったハルヒへの行動で元の世界は救われた。

みくる:「嘘っぽいですぅ~」

キョンが隠したmikuruフォルダが朝比奈さんにばれそうになる。中にはハルヒが集めた朝比奈さんのコスプレ画像が大量に秘蔵されている。この画像がパソコンの中に入り、隠しフォルダ設定になっている詳しい理由は、これまでの話を見れば判るはずです。そして、今回キョンが確認していたものが、未来から来た朝比奈みくる(大)が口を滑らせた、「胸元に星型のほくろがある」という話を確認していたことも。

古泉一樹:「つまり、世界崩壊の危機ですね。」

目覚めたら異世界。灰色の空の閉鎖空間をキョンは知っている。前回:涼宮ハルヒの憂鬱Vで、古泉に連れてこられたものと似ていた。しかし、今回はその世界に赤く発光する超能力戦隊の姿はなく、ハルヒとキョン、二人だけしかいなかった。その世界に辛うじて事情を説明しにやってきた古泉は、キョンに事態の深刻さを語る。それにしても、キョンの本名はまだ分からないのかw

YUKI.N> また図書館に_

隔絶されつつある2つの世界。長門はパソコンを通じてキョンに自分の想いを伝える。

私自身がとっても面白そうな体験をしてるんだし。

はじめは見知らぬ世界に驚いていたハルヒ。次第に慣れてきたのか、巨人に追いかけられているのに笑顔でこの世界にい続けたいと言い出す。これは、恐怖を感じるな~。

俺、実はポニーテール萌えなんだ。

なんつー夢見ちまったんだ。フロイト先生も爆笑だぜ!ハルヒ、似合ってるぞ。の繋がりが長編の最後を締める感じでいいですね。あの2人しかいなかった世界での出来事は夢じゃなかったんだとキョンは気づき、ハルヒは気づかないという見事な展開。それでいて、ハルヒはあの世界でキョンが言った、ポニーテール萌え告白を覚えていて翌朝教室の左後の席に座っている。

終幕:涼宮ハルヒの憂鬱

これで全6話、合計で2時間以上にもなる番号つきの「涼宮ハルヒの憂鬱」[原作:涼宮ハルヒの憂鬱(第1巻)]が終わりました。そしてTV放送時には、この話が第14話で番組としての「涼宮ハルヒの憂鬱」も終わりでした。DVDで見ているなら、これが第7話。まだ残り半分を見てない方は力を抜いて楽しんでください。ここからは原則として、短編連作形式、新しい設定は少ない話なので。


第2期に期待しつつ、「涼宮ハルヒの憂鬱」の感想を終わらせて頂きます。

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

長門有希の情報操作により転校したことになった朝倉涼子が怪しいと手がかりを探すが何も見つからずに失望し、自分の行動の理由をキョンに語るハルヒ。ハルヒが望む非日常がここにあると知っていても言えないキョンは、その日の夕方も超能力少年・古泉に誘われ、閉鎖空間での異常な体験をすることになるのであった。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第13話のあらすじ

長門有希の情報操作により転校したことになった朝倉涼子が怪しいと手がかりを探すが何も見つからずに失望し、自分の行動の理由をキョンに語るハルヒ。ハルヒが望む非日常がここにあると知っていても言えないキョンは、その日の夕方も超能力少年・古泉に誘われ、閉鎖空間での異常な体験をすることになるのであった。

ハルヒに対して:「探偵にでもなればいい。」

朝倉涼子の家宅捜索を始めるハルヒ。それに付き合うキョン。無駄だと知っていながら付いていくキョンとそれを全く知らないハルヒ。

朝倉涼子の家について詳しく管理人から聞きだすハルヒはキョンが探偵になれば良いと思うぐらい慣れたものだった。

個人情報を保護する気の無い管理人はなかなかお茶目な老人で、キョンに、ハルヒに愛想を尽かされないようにアドバイスする。

長門有希に対して:「こいつも飯は食うんだな」

コンビニ弁当を持った長門有希を見てキョンが考えたこと。

情報統合思念体の作り出したインターフェイスもご飯を食べるということを知って安心または感動している様子。

確かに、誰かに作られた人間を模したものが、どこまで「人間らしい」のか疑問に思うのは当然かもしれないな。

前回:涼宮ハルヒの憂鬱IVでは人間離れした戦闘能力と、鉄の棒が体に突き刺さって血まみれになっても生きているという挙動をした訳だし。

ハルヒの理由

あんたさ、自分がこの地球でどれほどちっぽけな存在なのか、自覚したことある?

せっかく見つけた不思議な出来事をモノに出来なかった自分への苛立ちからか、ハルヒはすっかり意気消沈。キョンに自分が何故、不思議で面白いものを、そして人と変わった事をしたいのか、楽しみたいのかを語りだす。

ハルヒは小学6年生の時に、家族で野球を見に行って、球場に集まる人の多さ、そして、それだけ多いにも拘らず、全人口の200分の1に過ぎないと知り、自分がいかに多い人間の中のたった1人に過ぎないかを思い知ってしまったという。同時に、それだけ多くの人間がいれば、中には多くの人とは異なった人生を送る人間もいるはずなのに、何故、それが自分じゃないのかと不満に思うようになる。

やがて、楽しいことが来ないなら、自分で呼び寄せれば、探し出せば良いのだと考えるようになり、キョンの友人で東中出身の谷口が語るような奇妙な行動に走るようになる。

これだけの事を白状したハルヒだったが、聞かされたキョンはハルヒ自身がハルヒが望むような特殊な人間(宇宙人、未来人、超能力者に興味をもたれる人間)に既になっていることを知っているので、その事実をまだ知らないハルヒになんと言えばいいのか分からないでいた。


やっぱり、この話で一番楽しい思いをしているのはハルヒじゃなくてキョンだよな~と考えさせられる場面だった。一体ハルヒはいつこの愉快な事実を知ることが出来るのだろうか。

古泉一樹:「いつぞやの約束を果たそうと思いまして」

不機嫌なハルヒと分かれて家に戻ると古泉一樹が登場する。

なんか、古泉一樹は影薄いな~w


で、古泉一樹は閉鎖空間の話をしたり、実際にキョンを閉鎖空間に連れて行ったりするのだが、それは単調になるので感想はここでは書かない。

2007-02-05

記事の概要: "2007-02-05" の日記

no image

excerpt


.

生活リズムがリズミカルに弾けてます。もうね、14時に寝て、20時に起きて、23時まで二度寝するような人間になっています。駄目だな。


決まったらしいこと。東北は日程的に厳しいので、鎌倉がいいんじゃね?っていうことと、希望者はそのまま東北に行くかもしれないこと。可能なら行きたいと思う。


あ、そうそう、2005年の秋に書いた魔法陣グルグルの感想の文章が今読むとあまりに稚拙な文章だったので、大々的に改変しています。段落ごとに見出しを付けてみたり、文章を区切ったり、主語述語を入れたりしています。要約も付けています。ついでにこそあど言葉とか呼ばれる指示代名詞を、文脈上不自然にならない限り固有名詞に置き換えています。そのほうが検索されやすいし、文章も分かりやすくなる。



そろそろ有機化学やらなきゃ。

記事の概要: "2007-02-04" の日記

no image

excerpt


.

昨日は横浜にて、春休みの旅行の計画を立てようとして、寝不足からか、微妙に久しぶりに会ったからか、gdgdになってしまった。何度も言うようだが、反省はしていない。どちらかと言うとこの土曜からマナフィの引き換え期間が始まっていたのに忘れていたことを先に反省しようと思うw


当初は東北旅行で決定していたにも拘らず、なんと、昨夜の会議の結果、計画の詳細が決まることは無く、むしろ後退し、行き先不明、日程不明、行きたい方角さえ未定の白紙の状態に戻りました。東北に関しては、正直、この季節に行くことは無いだろう?とも思っていたが、あえてこの時期に行くのも悪くない気がしてきました。あと、暖冬だしw


仙台とか日光とか良いけど、何泊もするほど名所を詳しく知らないし、どうしようかな……と考えているところ。東北とか北関東はあまり行ったことがないので楽しそうなんだけど。とりあえず、高確率で行く事は確定している状態。


やっぱ、東北が良いかも。

九州はここからだと18切符で団体で往復旅行するには遠すぎる。


今日更新した記事。

涼宮ハルヒの憂鬱II

涼宮ハルヒの憂鬱III

涼宮ハルヒの憂鬱IV

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

SOS団結成後、不思議な出来事が見つからないハルヒの憂鬱な日々は続いていた。その頃、キョンは長門以外の情報統合思念体による生命の危機に陥いるという厄介な出来事に巻き込まれていた。そして未来からきた朝比奈みくるの「異時間同位体」によれば更なる世界の危機が差し迫っているという。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第10話のあらすじ

SOS団結成後、不思議な出来事が見つからないハルヒの憂鬱な日々は続いていた。その頃、キョンは長門以外の情報統合思念体による生命の危機に陥いるという厄介な出来事に巻き込まれていた。そして未来からきた朝比奈みくるの「異時間同位体」によれば更なる世界の危機が差し迫っているという。

涼宮ハルヒ:憂鬱なハルヒ

SOS団を作ってもすぐに不思議な現象を見つけられずにいたハルヒ。そしてその間にも、キョンは次々と不思議な事件の前兆を感じる出来事を経験してきた。すっかり不機嫌になってしまったハルヒの出番は今回も少なく、専らキョンを中心に物語が強引に展開していく。このアニメの全14話中で6話分を占め、番号が振られた「涼宮ハルヒの憂鬱」も4番目。涼宮ハルヒの憂鬱IVでは、キョンはただの同級生だと思っていた女子高生に命を狙われ、長門は目にも留まらぬ高速で戦闘を行ったりと、もう何でもありな状況になってきた。そして、サンタも特撮ヒーローもUFOも信じなくなっていた普通の高校生だったキョンも宇宙人や未来人、超能力者の存在を認め始める。

朝倉涼子:「だから、あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見る。」

キョンが手紙で呼び出されて放課後の教室に出向くと、そこにはクラスメイトの朝倉涼子が待っていた。そこからの超展開は、これが原作付きのアニメじゃなかったら実況サーバーが落ちるんじゃないかと思うほど。

朝倉涼子も長門と同じ、情報統合思念体に送り込まれた”宇宙人”だった。

そして、彼女は長門とは性格も意見も違っていて、観察しても変化の無い涼宮ハルヒとその状況に対して苛立っていた。

長門有希:「あなたは私のバックアップのはず。」

暴走した朝倉涼子の振り下ろすゴツいナイフを素手で受け止める長門有希。そして始まった2人の激しい戦いぶりを見て、キョンの日常や常識といったものが崩れ去ることになる。長門は冷静に情報結合の解除を申請する。とか、パーソナルネーム・朝倉涼子を敵性と判定。当該対象の有機情報連結を解除する。と言っているが、いや、これはなつかしい最終兵器彼女の一場面か灼眼のシャナの一場面じゃね?って言うぐらい血飛沫だらけの残虐シーンが続く。(これは当然テレ東では作れないよなw)


なお、この場面で朝倉涼子と長門有希が発した聞き取れない音声、高速言語と呼称されることの多い言葉は逆再生、速度変更を施すことで、我々にも聞き取れる通常言語になっているようです。それでも聞き取りやすいわけではないので、詳細は異論あるようですが、朝倉涼子が発した言葉はキョンくんのこと好きなんでしょ。分かってるくせに。と長門に向けられた言葉であるか、別の解釈として、好きなんでしょ。分かってるくせに。とキョンに向けて発せられた言葉であるかのどちらかだと思います。後者の場合、直前の会話から、キョンがハルヒのことを好きだと言う主語・目的語の関係になりますが、だったらキョンに聞き取れない高速言語で語りかける意味は無いのではないかと思い、前者が素直な解釈ではないかと思います。私には実際に速度を変化させる技術が無いので、ニコニコ動画へのリンクを張っておきます。動画が削除されていなければよりわかりやすい考察がなされているので、気になる人はそちらで確認してみてください。

参考:有機端末たちの高速会話

朝比奈みくる(大):「付けぼくろじゃないよ。触ってみる?」

未来から朝比奈みくる(大)がやってきた。この朝比奈さんは、いつもの朝比奈さんよりも未来から来た朝比奈みくるで、原作だと(大)と(小)で区別されている。長門の表現では朝比奈みくるの異時間同位体。原作、涼宮ハルヒの溜息、涼宮ハルヒの消失など、シリーズの続編では何度も登場し、その都度、不可思議な現象や状況で困っているキョンを助けている。それにしても、未来人はナチュラルに登場人物にネタバレをするから困る。

長門有希:「メガネ属性って何?」

以後、長門有希からはメガネ属性が外れ、天然ボケっぽい属性が付加された。


*DVDでは3巻に収録され、全14話中、時系列では5番目の話。

**原作:涼宮ハルヒの憂鬱(第1巻)の話。

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

ハルヒが創設したSOS団の団員に新たに謎の転校生・古泉一樹を迎え、SOS団は活動が始まるや否やSOS団の団員から相次いで正体を明かされたキョンの苦悩が始まる。そんなことを知らないハルヒはSOS団を作っても不思議な出来事が見つからず、ひとり憂鬱になっていく。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第05話のあらすじ

ハルヒが創設したSOS団の団員に新たに謎の転校生・古泉一樹を迎え、SOS団は活動が始まるや否やSOS団の団員から相次いで正体を明かされたキョンの苦悩が始まる。そんなことを知らないハルヒはSOS団を作っても不思議な出来事が見つからず、ひとり憂鬱になっていく。

長門有希:「…それが、…あなた」

DVDでは前回(涼宮ハルヒの憂鬱II)の続きから始まるが、アニメ放送時には放送順序が微妙にシャッフルされていたため、ここで言う前回というのは第03話のことで、今回は長門の告白の続きから始まる。

私の仕事は涼宮ハルヒを観察して、入手した情報を統合思念体に報告すること。生み出されてから3年間、私はずっとそうやって過ごしてきた。この3年間は特別な不確定要素がなく、いたって平穏。でも、最近になって無視できないイレギュラー因子が涼宮ハルヒの周囲に現れた。


それが、あなた

番組の冒頭1分間にこんな重要な事を語られても、見逃したりする人とかいるんじゃね?

前回、長門は自らを情報思念体によって生み出された「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイス」だと明かしたが、今回もその説明が更に続く。

それにしても、この時の長門の語りのリズムは良い。

難解な文章をここまで流暢にそして平坦な抑揚で語られると、自然と、どうでもいい話のような気がしてくる。


でも、この時の語りの内容ほど長門有希の正体、そして情報統合思念体の目的を的確に表現した言葉はないんじゃないかと。もちろん、録画するなりDVDを買うなり、原作を読むなりしないとまず理解できないでしょうけど。

因みに、彼女は文芸部員として登場しただけにかなりの読書好きで、今回キョンと一緒に図書館に行ったときの彼女の行動は今後のシリーズ全体を通してもかなり重要で印象的なシーンとなる。


第05話で長門有希が読んでいた本は、精神現象学という見るからに難しそうな本のようです。キョンが読んでいる本は、本作品の原作者谷川流さんの作品で、学校を出よう!ですね。これもまたSF作品らしいです。

参考:今日の「長門文庫」

CAXの日記:長門有希の100冊

なに読んでるの? 長門さん

参考:情報統合思念体のようなもの

ジーンダイバーの感想(最終話)

古泉一樹:ハルヒに「高確率で謎の転校生」と言われた転校生

ここまで、キョン以外の団員はハルヒ、朝比奈さん、長門と女性ばかりでしたが、謎の転校生は男だった。古泉一樹(こいずみ・いつき)は、遠めに見れば、キョンと被った容姿をしているように見えなくも無いが、性格がかなり異なる。

ペテン師っぽい紳士とでも言っとけばわかりやすいかもw

あと、忘れやすい彼の設定として、変な超能力者というのがある。

長門とは好対照で、今回のアニメではそこそこ重要だけど、以後、彼の能力が役立つことがあまり無いため、意外に忘れやすい。


そんな古泉を新たな団員に迎え、SOS団は不思議なことが無いか街中を捜し歩くことになった。

涼宮ハルヒ:遊んでたら殺すわよ!

ハルヒはSOS団のメンバーを揃え終わったと判断したのか、団長として具体的な活動を始める。

くじ引きでメンバーを2組に分けて行動すると言うことだったが、キョンとハルヒは2回のくじ引きでことごとく別々に行動することになったため、この第05話:涼宮ハルヒの憂鬱IIIではハルヒの出番はあまり無い。

でも、第13話:涼宮ハルヒの憂鬱IV、第14話:涼宮ハルヒの憂鬱Vへと続く、ハルヒの憂鬱の始まりがこの日だったと見ることも出来るので、かなり重要な回です。

朝比奈みくる:禁則事項です。

信じてもらえないかも知れないけど、と言って語りだした朝比奈みくるは自分が未来からやってきたこと、涼宮ハルヒの監視係であることをキョンに告白する。

実は原作では、時間移動ネタが最近の涼宮ハルヒの○○シリーズの多く取り入れているのだが、このアニメ:涼宮ハルヒの憂鬱では朝比奈みくるが時間移動に絡むエピソードが出てこない。

そのためアニメでは全体的にSF色が少なめに描かれる結果になっている。出来れば第2期では、涼宮ハルヒの退屈(原作3巻)の中の「笹の葉ラプソディ」という話と涼宮ハルヒの消失(原作4巻)の全体をメインに時間移動ネタで描いて欲しいという要望も多いらしいです。

キョン:SOS団の団員の正体を知る一般人

幸運なのか、不幸なのか、それは彼にしか分からないが、キョンはハルヒと関わったせいで次々と、ただの人間とは違う存在に遭遇し続けることになってしまう。

宇宙人、未来人、超能力者から正体を明かされたこの回から、本名不明の彼の苦悩が始まった。

尤も、そんなキョン自身がただの傍観者ではいられなくなる日も近いわけですが…。


*DVDでは2巻に収録され、全14話中、時系列では4番目の話。

**原作:涼宮ハルヒの憂鬱(第1巻)の話。

記事の概要: "2007-02-03" の日記

no image

excerpt


.

眠いです。昨日から徹夜でいろいろCGIとかstylesheetをいじって、13時頃に仮眠、その後17時半から今度はCSSだけで画像にmouse overしたときにpopupさせる方法を探したり、amazonの画像を拡大・縮小したり影を入れたり回転させたり、要するに加工する方法を調べていました。

で、20時ぐらいから横浜に行って、春の旅行の計画を決めようとして失敗


gdgdになりながら徹夜明けで今に至る。


だが反省はしていない。

2007-02-02

記事の概要: "2007-02-02" の日記

no image

excerpt


.

RSSの解析をしたいとか、日記のlogfileをXML形式にしたいとか、前々から何度も言っていましたが、今日、多くの先輩webmasterの文章を読み漁って、少しだけ仕組みを把握しましたよ。いや、まだまだですけども。仕様書みたいなのを読むのが本当は一番良くて、そうすればValidな文章を書けるんだろうし、亜流が生じなくて Internet 全体にとっては良いんだろうけど、だが、断る。まだまだ実験段階なので、このwebsiteの奥深くで色々いじることにしていますが、そのうち成果が出てくると思います。そしたら正当な文法とか、そういうのを高めていきます。


昨日、自己紹介の文章を全面的に改訂しました。なぜかものすごい簡素になりましたが、書いてある内容はそんなに変わってません。文体を揃えたり、それなりに長持ちするように情報を整えました。もう少しだけ書き足そうかとも思いますが、一応。


最近、春休みに入っていて、曜日感覚とか「季節感」とかが全くなくなっている。なんだか暖かい気候になったしね、日本の冬も。今日は金曜ロードショーで千と千尋の神隠しが放送されていて、久しぶりに録画ではないTVを見ました。後半の一場面とか、全体の雰囲気が後のかみちゅ!によく似ています。あくまで似ているだけです。どちらかと言うと、かみちゅ!のほうが面白いと思いますけどね。感想も書いたし。それで、ああ、今は金曜の夜なんだって。

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

SOS団を立ち上げた涼宮ハルヒはSOS団の活動に必要なパソコンウェブサイトを手に入れ、不思議な情報を集めるため朝比奈みくるを伴い、バニーガール姿で校門でビラを配り始めた。一方、文芸部員だったはずの長門有希はキョンを呼び出し、自宅へ招待する。そして長門は涼宮ハルヒと自分自身について信じられない電波話を始める。


.

涼宮ハルヒの憂鬱 TV第03話のあらすじ

SOS団を立ち上げた涼宮ハルヒはSOS団の活動に必要なパソコンウェブサイトを手に入れ、不思議な情報を集めるため朝比奈みくるを伴い、バニーガール姿で校門でビラを配り始めた。一方、文芸部員だったはずの長門有希はキョンを呼び出し、自宅へ招待する。そして長門は涼宮ハルヒと自分自身について信じられない電波話を始める。

涼宮ハルヒ:「SOS団団長、涼宮ハルヒ。」「1台よこせ」

この写真を校内にばら撒かれたくなかったら、とっとと耳揃えてパソコンよこしなさい。

もうね、こんなのリアルにいたら最悪ですよ?


とりあえず、その辺を除けば、SOS団にもパソコンがやってきた。っていうだけの話です。

でもまあ、ここでコンピュータ研究部に恨みを抱かせたことで、後の第11話:射手座の日へのさり気ない伏線を作ったとも言える。

キョン:ホームページ作りにはまる。

作るのはいいけど、何を書けばいいのか分からないという状況。

Website製作者は誰しもそういう経験をしたことがあるはず。

この話は第07話:ミステリックサインへのネタ振りですね。


そうか、こうやって各シーンにさりげない小ネタを入れておくことで、後の小話に繋いで行くんですね。

朝比奈みくる:「キョン君、私がお嫁にいけなくなったら……貰ってくれますか?」

朝比奈みくるの受難。

かわいそうに、ハルヒの毒牙が刺さりまくる朝比奈みくるは、次々と新しい衣装に着替えさせられ、コスプレをさせられる訳ですが、これが記念すべき第1弾ですか。

しかも泣きじゃくるみくるに対し、いつまで泣いてんの!?


完全に、キョンの本名が分かりません。

国木田と谷口がものすごくかげ薄い。

あと、度々出てくるクラスのしっかり者で美人という位置づけの朝倉涼子はこの後……。

長門有希:「対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェイス」

この第03話 涼宮ハルヒの憂鬱II以降、長門有希の本領が発揮される。

キョンに対して自らの正体を明かしたのは彼女が最初。

普段の無口な長門とは思えないほどリズムの良い喋り且つ難解な電波告白でキョンを翻弄する。


まあ、要するに、ハルヒが自己紹介のときに求めた「宇宙人」は既に身内の中にいたと言う話。


これは、アニメがバラバラに放送されていたことを思い出せば、視聴者も、このキョンと同じ感覚に陥るんじゃないかな、前知識がなければ、だけど。全世界共通語で言えば(゚Д゚)Hah?っていう展開だし、一週間待てない人は原作を買うだろうし、原作は小説だから安いのでまとめて全部買っていく人も多かったのでしょう。これによって一時期、秋葉原ですら涼宮ハルヒの○○シリーズが売り切れという異常事態だったらしいし。

第03話で長門有希が読んでいた本は、暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで(著.サイモン シン)です。暗号技術は興味あるのでそのうち詳しく勉強したいです。


*DVDでは2巻に収録され、全14話中、時系列では3番目の話。

**原作:涼宮ハルヒの憂鬱(第1巻)の話。

第3話TV放送時の次回予告

ハルヒ「次回!涼宮ハルヒの憂鬱第7話!」

キョン「違う!次回、涼宮ハルヒの憂鬱第4話!「涼宮ハルヒの退屈」。えっ!?次野球??父ちゃん、オレはやるのか?」

記事の概要: "ハチミツとクローバーII" の感想

not_exist

森田兄弟の父、森田司は発明家であり森田技研の社長であった。彼の幼馴染である根岸は技研で働く同志であったが自身の病と母の介護、司への劣等感からフロイド社が森田技研を買収する手助けをした。それから十数年後…。


.

ハチミツとクローバーII Chapter 7のあらすじ

森田兄弟の父、森田司は発明家であり森田技研の社長であった。彼の幼馴染である根岸は技研で働く同志であったが自身の病と母の介護、司への劣等感からフロイド社が森田技研を買収する手助けをした。それから十数年後…。

輝いていた幼い日々

森田技研での何気ない日常。

あれ?なんでそんなにナチュラルに見知らぬオッサンが働いている工場?、会社?の日常が描かれているんだ?と思ったら、この人、声が森田さんと同じで、言動も瓜二つ。

リモコンがゴキブリのように集まってくる機械を作ったりしていて、楽しそうです。

でも、ハチクロの宣伝とかで聞く、「最後まで片思い」とか「最後まで…」という楽しい時間の終わりを主題にしているということを思い出し、「輝いた時間」がここにもあって、それが終わっていく様子を描いていくのかと一瞬で想像できました。

そういう穿った目で見てしまうとフラグが立ちすぎていて、痛々しい。


それはそうと、今回は今まで語られることがなかった美大の5人の中でも圧倒的な才能と予測不可能な行動で読者、視聴者、登場人物を驚かせ続ける森田忍の過去の話でした。

なんと、公式ファンブックにも森田忍、森田馨の出身地が明かされていないので、これで分かるかな…と思ったけど、やっぱり最後まで場所を特定するような地名、単語は出てきませんでしたね。

ここで脱線して少し補足をすると、公式ファンブックまたは作中の記述によれば、他の主要な登場人物の出身地は花本はぐみ…長野県安曇野(あずみの)、竹本祐太…群馬県安中(あんなか)、山田あゆみ…東京都杉並区浜田山、真山巧…石川県金沢市、という感じになっています。

忍の兄である馨の存在を除けば、森田と真山は作中で家族に関する記述がなかったが、一応真山の設定だけは存在していた。

今回ここまで詳細に幼い頃の話を描いたのだから、そろそろ森田忍の出身地が明らかにされてもいいのでは?と思ったりします。別に話には何ら影響しないのでこのまま出身地不明のままでもいいけど。


話を戻すと、今回はなぜ森田忍が8年も大学に居続けて、お金を稼ぐために徐々に下宿先を空けることが多くなっていたのかという、原作第1巻およびアニメ第1期の Chapter.1 からそもそも疑問に思うべき問題に焦点が当たった。

学生の身分でありながらお金を稼ぐなんて…とか、そういう考えを持つ人は現代では十分に駆逐されたでしょうけれど、学生の身分で映画のCG作成のため1年も日本を離れ、ギャラ4億(これ、単位は円なのかドルなのか?)も稼ぐという普通では不必要だと感じられる超人キャラ設定が必要だった理由が明かされました。

というか、これは連載時にも思ったのですが、昨年や一昨年は世間でもいろいろと株やTOBなどの話題が多く、作者がそれを上手く絡ませただけであり、 第1期のChapter.1や原作の時点では決まっていなかったのではないかとも思うのですが。

持つものと持たざるもの、司と根岸のおじさん

森田司は才能に溢れ、自由奔放な振る舞いをして騒ぎを大きくしたり、発明したり恵まれた人生を送ってきた。それでいて人望が厚く、皆から慕われていた。

どんなピンチでもチャンスにしか見えないようだった。恐怖を感じながらそれを押し殺しているのか、端から恐怖を感じてさえいないのか…。これだけ長くいるのに、分からない。と司の幼馴染の根岸でさえ幼い馨に語っていた。


そんな司には敵わないと感じていながら、根岸は森田技研で働き、司の傍にいたということは、根岸もやはり、司の魅力を十分分かっていたからだろう。

しかし、根岸には老いて痴呆気味の母がいて、その介護をしなければならないのに自分も命に関わる病に冒されているという過酷な事情があった。

自分が入院するか死ねば、母の世話はどうなるのかと言う不安と絶望を募らせ、とうとう外資からの甘い誘いに乗ってしまう。

それが、友を裏切り、自分もまた騙されることになることも知らずに。


才能を持つ者、持たない者という構図は明るい美大生活といった印象のあるハチクロの世界でもこれまでに描かれてきたテーマだった。

それは形を変えて、登場人物を変えて繰り返し描かれている。

第1期 Chapter.12 での森田に対する竹本の叫びは、竹本が欲しい恋愛も芸術の才能も何もかも手のひらに乗せていながら大事そうにしていないように見えたことに対する森田への感情を思わず外へ表現している。

また、原田に対する修司の思い、はぐに対する修司の思いもこの構図に当てはまるところがある。

前者は一緒にいながら、自分には見えない世界が見えていた原田への憧れであり、後者は自分を慕って美大に入ったはぐが賞のために絵を描こうとしている状況を、はぐを使って自分が果たせなかった夢をやり遂げようとしているんじゃないかという苦悩( Chapter.20 より)であった。

逆に、才能を持った者にしか分からない苦悩もはぐを通して描かれている。

このテーマは描く側が両者の立場を想像して描くしか方法がなく、素人でもリアリティを持たせて描くのが難しいと判るのだが、ハチミツとクローバーが美術大学の学生達を描いた作品である以上避けては通れないものであろう。

持つものと持たざるもの、忍と馨

突飛な行動を馨が命じて忍がこなす。お金儲けのためなら留年の一つや二つ、三つ四つをこなしてしまう強力な協力関係にあるこの兄弟、森田馨と忍もまたそれぞれ別の人間であり、才能の有無、広く言えば異なる個性を持つ。

父同様に才能に恵まれている弟の忍を羨ましく眺める馨。自分にしか出来ないコトがあると信じたかったという無念さ。


…とはいえ、馨も十分に凄い設定だと思うのですが?

竹本に47,200円を請求しようとしたり、細かいところで忍とノリが似てるしw

記事の概要: "2007-02-01" の日記

no image

excerpt


.

風邪から復活し半日が経った。明日、生理学の結果を見て、落としていれば再試験の手続きを、合格していれば春休みの計画を本格的に立てようと思う。


風邪のせいか、随分嫌な夢をみた。


なんか、試験を受けているような感覚で、何の教科か定まらない気持ち悪い感じで焦ってる夢。でも、まさか自分が試験問題とけないはずなくね?っていう傲慢さから、その世界が夢の中だと見破ってからはこっちのもの。


世界を変革して、ついでに風邪もマシになった。完璧。実はまだ、というより、どう見てもまだ風邪の後遺症でフワフワした文章ですが何か?それか昨日寝すぎて頭が危険な状態だったんだろうな。


とりあえず、まだ有機化学とかを勉強できるほど本調子じゃないわけで、まずは溜まっていた、未公開の文章をいくつかuploadしたり新しく書いたりして、きちんとしたHTMLにしておきました。


以下、適当に挙げる。


ハチミツとクローバーII Chapter 7

地獄少女 二籠 第05話

涼宮ハルヒの憂鬱 第01話

涼宮ハルヒの憂鬱 第02話

ネギま!? 第01話

ネギま!? 第02話


更新した日付が今日と違う場合がありますが、誤差です、仕様です。たいてい。たまに一昨年の秋に放送されていたと思う「灼眼のシャナ」の感想を書いたfileが、早くuploadしろよと顔をのぞかせることもありますが、期を逃しているし色々と面倒なのでそれらはそのうちです。むしろ今更ハルヒが上がってきたのは風邪とこの前改良したCGIのおかげかと。

記事の概要: "涼宮ハルヒの憂鬱" の感想

not_exist

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたらあたしのところに来なさい。以上!」こう発言した美少女女子高生涼宮ハルヒはかなり変人だった。上記の目標を果たし、一緒に遊ぶため、偶然同じクラスになったキョン(Voiced by 杉田智和)、文芸部員の長門有希、萌え要素の朝比奈みくるを配下に自らの同好会「SOS団」を結成するに至った。


.

涼宮ハルヒの憂鬱TV第02話のあらすじ

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたらあたしのところに来なさい。以上!」こう発言した美少女女子高生涼宮ハルヒはかなり変人だった。上記の目標を果たし、一緒に遊ぶため、偶然同じクラスになったキョン、文芸部員の長門有希、萌え要素の朝比奈みくるを配下に自らの同好会「SOS団」を結成するに至った。

キョン:猛スピードでモノローグを展開する高校生

本作の作風が明らかになった。

第01話の冒頭から、物凄く早く、モノローグを展開し、語り、ツッコミ、寒いボケの後処理から物語の進行まで全ての雑務をこなすのは、視聴者の味方、本名不詳の自称一般人、涼宮ハルヒの憂鬱の主人公ともいえるキョン君です。

小説が一人称の語りの場合、アニメ化に際して、どのように作るのかが問題になるものでしょうけど、この涼宮ハルヒの憂鬱は見事に原作の作風を表現し、活かし、それでいて従来のアニメとしての違和感も見られない、秀作に仕上げています。

知らなかったけど、制作した京都アニメーションは職人技を駆使して質の高い作品を作ることで有名だそうですね。第2期を望む人が多い理由も分かりますが、このクオリティを保てないのであれば、いかに人気があっても京アニ側から断ってくるかもしれないですね。


ちなみに、どこを探しても、キョンの本名は分かりません。デスノートのL並みの扱いですか?

涼宮ハルヒ:ただの人間に興味はありません!」

「この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら あたしのところに来なさい。以上!」このハルヒの発言が自己紹介だというだけでも驚きだが、その後、徐々に…ではなく、急速に涼宮ハルヒの奇行ぶりが明らかになる。 以上!毎日髪型が変わる、男子生徒の前でも気にせず着替える、運動部、文化部を問わず全ての団体に仮入部する。

ハルヒとキョンが語る曜日を色や数字で表す感覚って、五行説とか現在中国の曜日の表記法、またはprogrammingの知識を知っていればほぼ当然じゃないかと思った。まあ、それ以前に、そういう感覚があるわけですが。

SOS団結成!:我が部は文芸部じゃないわよ?

入った部活全てがつまらない。くだらない。普通だとキョンに八つ当たりするハルヒ。

ハルヒを諦めさせるためにキョンが何気なく喋った内容がきっかけで、ハルヒは自分で部活(同好会)を作ればいいと考える。

こうして、何がなんだかよく分からない、活動内容不明、名称不明の団体が取り合えず結成されることになった。

長門有希:長門「……割と……」

SOS団の部室を獲得する際に付いてきた付属品。

と思われていたが、実は彼女の正体は……、続きを観るか、原作を読めば彼女自身の口で明かされますが、それでも分かりにくいので更に続きを観れば早い段階で分かります。


長門が読んでいる本は「割と」面白い本らしいですが、なんと何を読んでいるか調査しているblog:なに読んでるの? 長門さんを参考に、劇中で長門有希が熱心に読んでいる本の題名を記載していこうと思います。

第2話で長門有希が読んでいた本は、ハイペリオン、原作でのキョンの感想では睡眠薬みたいな名前のカタカナがゴシック体で踊っていた。SFか何かの小説らしいとされ、Wikipediaでは聖遷と呼ばれた人類の地球脱出後から約800年が経過。 28世紀、テラフォーミング技術によってさまざまな惑星に進出、移住した人類は、200以上の惑星からなる1500億の人間で構成される宇宙連邦「ワールドウェブ」を形成。と説明されている。これに似た設定は、24世紀の火星を描くARIAや、同じく24世紀の太陽系を描く宇宙のステルヴィアにもある。「ハイペリオン」か……面白そうなので読んでみようと思う。

朝比奈みくる:「ここ…どこですか?……なんで私連れてこられたんですか…?」

SOS団のマスコットキャラクター。

ハルヒが入学以来、昼休みを利用して学校内を見回っていたときに目をつけていた女子生徒。

ハルヒが上級生にも関わらず、目をつけていた究極の「萌え要素」を備えた美少女。

朝比奈みくるの正体は…以下、禁則事項です。

第2話TV放送時の次回予告

ハルヒ「次回!涼宮ハルヒの憂鬱第2話!」

キョン「違う!次回、涼宮ハルヒの憂鬱第3話!「涼宮ハルヒの憂鬱II」。少しは人の話聞きなさい。おたのしみに!」

Twitterのログ

履歴へ

Archives

興味のあるもの

アニメ

みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
H2 DVD-BOX
H2 DVD-BOX
クロスゲーム 1 [DVD]
クロスゲーム 1 [DVD]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)
映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

音楽

circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
コネクト(アニメ盤)
コネクト(アニメ盤)

ゲーム

メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)

少女少年 1
少女少年 1
プラナス・ガール 1
プラナス・ガール 1
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)