アーカイブス Lakililac's Toybox ラキのおもちゃ箱

新コンテンツを公開しました。 お気に入り - Favorites

ラキログ アーカイブス December, 2014

お気に入り December, 2014

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 公式ガイドブック 完全ぜんこく図鑑完成ガイド ソードアート・オンライン プログレッシブ (3) (電撃文庫)

記事 December, 2014

ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア 公式ガイドブック 完全ぜんこく図鑑完成ガイド / ソードアート・オンライン プログレッシブ (3) (電撃文庫) /


2014年を振り返って / シャーロット / SRSから1ヶ月経過 / Dilation / Remedy / 冬の空 / 真冬の西瓜 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 22(最終日) / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 21 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 20 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 19 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 18 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 17 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 16 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 15 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 14 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 13 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 12 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 11 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 10 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 9 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 8 / ラキのSRS(性別適合手術)日記 in タイ王国 Day 7 /

2014-12-31

記事の概要: "2014-12-31" の日記

Article Image

2014年を振り返って


.

2014年を振り返って

2014年は私にとって激動の1年になりました。

この1年が始まる時に立てた抱負は、「成る」でした。


1月

厳しい寒さに耐えていた。


年始の挨拶のために帰郷した。

伯母が亡くなった。

友人が結婚した。


東京と関西を、3週間で3往復(汗)


2月

かつてないような豪雪に埋もれる東京。

通院していたジェンクリで2通目の診断書を受け取った。


3月

Twitterでその存在を知った3.15オフ会に参加する。

のちのパートナーと運命的な出会いを果たす。


3/23、前述ののちのパートナーが家を失ったため、同居を開始する。

3/26、付き合うことになる。


4月

代々木公園で行われたTRPに参加して、友人が増える。

わぁい。


5月

会社に、在職トランスについて切り出す。


6月

6月末の土曜日、新宿風林会館、プロパガンダ。

婚約する。


7月

札幌へ婚前旅行。

7/7、入籍。


半ば頃、異動する。


8月

兵庫へ帰省。

結婚報告。


半ば頃、女性として出勤を始める。


末頃、ジェンクリと喧嘩別れ。


9月

新しいジェンクリへ。

診断書を取得する。


アテンド決定。

タイSRSの予約を済ませる。


10月

両家の顔合わせ。

相手の親にもSRSの決意や、ゆくゆくは離婚する心づもりを伝える。


11月

半ば頃、仕事納め。


下旬、タイへ。

手術前、遺言書を書く。

Kamol Cosmetic Hospitalにて性別適合手術(SRS)を受ける。


12月

半ば頃、タイから帰国。

年末を東京の自宅で過ごす。


総括

無事に女子に「成る」というミッションをコンプリート。

2014-12-28

記事の概要: "2014-12-28" の日記

Article Image

コミケに行ってきました。


.

コミケ1日目

企業ブースはビジュアルアーツだけ並んで終了。

Keyセットを確保。


ガルデモのrare tracks[KSLA-0098]のためだけに術後の身体を押して並んだと言っても過言ではない。


あとは、西で枕さんにあえて良かった。

シャーロット

麻枝准の新作アニメSharlotteについて。

タイトルを聴いて、まずART-SCHOOLの曲を思い出しました。


君の胸にある小さな傷をずっと見ていた

美しい秋の木々を見に行こう、正気なうちに

悲しい夢を見た、誰かが待ってる そんな気がして

悲しいふりをした、狂気そのもの・真実の愛


公式サイトも立ち上がったようですね。

TVアニメ「Charlotte(シャーロット)」公式サイト http://charlotte-anime.jp/

2014-12-27

記事の概要: "2014-12-27" の日記

Article Image

術後の経過について。


.

術後1ヶ月経過

SRSを受けたのが11月27日だったので、今日でちょうど1ヶ月目でした。

現状としては、経過は良好です。


術後しばらくは出血がありましたが、それも止まっています。

念のためにナプキンか、ライナーを着けています。

排尿も、以前のようにコントロール可能で、思い通りに出せるようになりました。


出掛けるときは一応円座を持ち歩くようにしています。

長時間座っているとあとから痛くなってきそうで、不安なので。


ダイレーションも特に問題なく行えていて、本日無事にレベルアップ(grew up to No.2)しました


まだ一日の大半を寝て過ごしていますが、これも手術の影響なのか、もともとだらだらしているので、分かりませんが。

2014-12-25

記事の概要: "2014-12-25" の日記

Article Image

ダイレーションについてのメモ。


.

ダイレーションのスケジュールについて

帰国後のダイレーションについて。

ダイレーターがNo.1にレベルアップした直後に帰国することになったわけですが、その後も続けています。


ダイレーション[Dilation]というのは、日本語で言うと「拡張」です。


これを1日2回、1回1時間やらないと、せっかくオペで作った膣が塞がってしまいます。

誰かが「100万円の穴」と表現していましたが、ほんとそれ。


このダイレーションですが、徐々に回数を減らして行くことが可能です。

さすがに今後一生、毎日2時間もダイレーションしないといけないのは辛いですからね。


アテンドからいただいた資料によると、


初めの3ヶ月間は、1日2回、1回1時間を毎日行う。


次の3ヶ月間は、1日1回、1回1時間を毎日行う。


さらにその次は1日1回、1回1時間を2日に1回行う。


さらにさらに、1日1回、1回1時間を1週間に1回だけ行う。


そして、状態によっては、やめても塞がらなくなるとのこと。

もちろん個人差があることなので、慎重に見極める必要はありますが。


そんなにずっと続くものではないので、気負わずまったりと続けています。

パートナーはいますが、使う予定も無いですし。

2014-12-22

記事の概要: "2014-12-22" の日記

Article Image

SRSと現在の特例法についてちょっとだけ。


.

突発カムアウト

先日の会社の忘年会では、何人かの同僚に、事前カムアウトなしで女性として会いました。

みんな驚いてて、面白かったです。

SRSの有無について聞いてくる人もいたけど、さすが薬剤師。

不躾な訊き方をされることはなく、慎重に訊かれました。


そう、あたりまえだけど、SRSを済ませているかどうか、見た目では判断できないのです。


戸籍や公的な身分証明書の性別欄が「女」であれば、そのMtFはSRSを終えているはずだということを導き出すことが、一応、出来ますが。


いろいろな意味で、見た目だけである人の性別を判断するのは不可能です。

女性として生活している人でも、戸籍上は男性というケースはあるわけです。

もちろん逆のケースもあります。

ただ可視化されていないだけです。


SRSや戸籍と制度の件

SRSは戸籍変更の要件ではあるけれど、決してそれが全てではない、ということ。

本人の社会的性別の移行も大切だし、脱毛など必要に応じて自分の容姿を変えていくこともまた別に必要です。

SRSは高額だけど、性器以外の外見も変わらないですし。


お金もかかるし、それでは救いがないではないかと思わなくも無いけれど、それもまた現実です。


SRSを取り巻く問題は多いけれど、今後の望まれる方向性としては、

  1. SRSを受けたい人は、保険適用で安く受けられるようになるべき
  2. SRSを受ける必要性を感じない人は、SRS無しでも戸籍の性別の取り扱いが認められるようになるべき


この2つは大きな指針になると思います。

海外でも、そういった動き、制度がある国が増えてきました。


さらに、国内だけでなく、海外でSRSを受ける人にも、今後は保険適用相当のコストで済むような補助があればなお良いと思います。

性別適合手術に関しては、タイの医療の方が、国内の医療よりも、遥かに優れているからです。


私は、いまさらお金は返ってこなくて良いですけどね。

後続の方々のために、そう願います。

2014-12-20

記事の概要: "2014-12-20" の日記

Article Image

会社のこと。在職トランスのこと。そして忘年会。


.

祭りのあと

ひどい雨。

某ホテルの宴会場を借りて行われた会社の忘年会に出席する。

料理がとても豪華で、同僚、上司たちとも和やかに歓談する。

まるで何事もなかったかのような。


SRSをしたか、していないかというのは、そんなものなのです。


わたしは所謂「在職トランス」という形で性別移行を行いました。

19歳の頃から計算して、良い大学に行こう、それか就職にめちゃくちゃ強い資格を取ろうと動いていた部分もあります。

それでも実際にそれが出来たのは周囲の人間関係に恵まれた幸運の結果だと思っています。


実際にここまで終えての感想としては、10年越しの計画にするほどでもなかったと思います。

さっさと終えてしまうのもありだったということです。


案ずるよりなんとやら、ですね。

2014-12-19

記事の概要: "2014-12-19" の日記

Article Image

帰国して日本の冬が厳しいことを思い出す。


.

帰国して寒さにやられる

つい最近までスイカを食べて暮らしていたのに、いきなりの寒さ。

気温氷点下割れ待ったなしっ、みたいな暴力的な冬を前にただただ凍えるだけ。


日本に帰ってきて数日が経過した。


まずは、日本の物価の高さを再認識する。

タイの屋台メシを思えば、暴利を貪られている。

コンビニなんて、そうそう行くものではないね。


緊縮財政を敷く。


しかし、そうも言ってられないので経済活動を開始することになるわけだけど。

まずは、部屋のエアコンのリモコンが見あたらない不具合を解決した。

これは死活問題でね。


先に帰ったパートナーは部屋の布団に潜り続けることでなんとか生存していたらしいけど、私が帰国する前に早く買いに行けよと思わざるを得ない。


ドンキホーテ秋葉原店にて、全メーカー対応リモコンを購入して、設定する事で解決した。


寒いと、ダイレーションもままならないので。

そんな感じで、年の瀬を感じる日々を過ごしています。


明日は会社の忘年会に行ってきます。

めっちゃ豪華なので、参加すると言ってしまったのです。

しかし、よく考えるとノンカムな同僚も多数いるわけで。


なぁに、バレなければどうということはない。


そして、バレてもどうということはない。

2014-12-16

記事の概要: "2014-12-16" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記22日目、術後19日目。最終回です。ここまでお読み戴き、ありがとうございました。引き続き、ラキログをよろしくお願いいたします。


.

機内

スワンナプーム国際空港。

定刻を過ぎて離陸した。

航路

夜食のサンドイッチを食べる。


機内にて、FROZENを観る。

折角なので、英語と日本語とタイ語とロシア語で見比べてみる。


座席前方の相対位置表示がとても熱いので、見ていた!


飛行機の上から、地球上で対蹠地(地球上で最も遠い場所)を探していたのだけど、どうやらモンテビデオが極めてそれに近い位置にあるようで、じっと眺めていた。


進行方向と真逆の相対位置で、時速980kmで遠ざかって行くの、スピード狂にはたまらない!!


東京まで東北東に2500kmあった。

モンテビデオまでは西南西に18600kmあった。

単純に足すと2万kmを超える。

地球の一周はおよそ4万kmになる。(昔のメートル法の定義からも明らか。)

半周した最大距離は2万km程度のはずなので、実際に2点間距離がおよそ2万kmになったあと、この数値が減少するのか、とても楽しみ。


台湾上空で、モンテビデオまで18,766km 東京まで2,307km


そして、折り返す数字。

テンションがあがる。


謎のフェチシズム。


四国の南の空にて、朝食を食べた。

食後には、コーヒーを飲む。


夜明けの光

日本標準時2014/12/16 5:37

前方の空に朝焼け。

行く先の明るさを感じる。


成田空港に着陸。

天候は曇りのち雨。外気温は摂氏1度。


帰国

おかえりなさい

成田空港の「おかえりなさい」の看板。


ただいま、日本。

生まれ変わってきたよ。

帰宅

鉄道を乗り継ぎ、秋葉原にある自宅へ。


先に帰っていたパートナーに迎えられる。

ホッとする。


改めて、ただいま。

2014-12-15

記事の概要: "2014-12-15" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記21日目、術後18日目、通院12日目。


.

タイ最終日

振り返ればあっというの3週間でした。

でも、きっとこの後の人生でも鮮明に思い出せる日々になると思います。


オペを受けることが目的ではありましたが、それ以上に色々なものを得ることが出来たと思います。

タイの朝

9:30 午前の通院

消毒と、ダイレーション。

ダイレーションはNo.1を1時間。

ダイレーションが終わった後は、QCゼリーをアテンドから受け取る。


ちなみにQCゼリーは1パックで6本入りになっています。

1本の価格は80バーツでした。

アテンドさんから特典として5パック(30本)貰えたのですが、さらに10パック購入しました。


スーツケース半分が埋まったんですけど……。

ちなみに、税関は大丈夫でした。

QCゼリーの群れ 荷造り

14:00 最後の通院

消毒と、ダイレーション。

ダイレーションはNo.1を1時間。


16:00 移動開始

お世話になったコンドータウンを片付けて、出発。

なんか、感慨深い。

また遊びに来たい、なんて。


18:00 アテンド事務所

アテンドの事務所にて、夕食をいただく。

とても美味しい。

これでしばらくタイ料理も食べ納め。

タイ料理

20:00 スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港へ。

青い光が幻想的な空港。

アテンドとお別れ。

荷物を運んでくれたり、最後までよくして下さいました。

感謝。

スワンナプーム国際空港

20:20 出国ゲートにて

出国ゲート。

パスポートを見せて、質問に答えて出国する……はずが面白いことが。


出国ゲートのおじさんの目が、私の顔とパスポートを何度か往復する。

パスポートの写真が男子時代で、性別欄がMになっているからか。

何か面倒臭いことを言われたら嫌だなぁって思っていたら、


おじさん: Man?

ラキ: What? Please, say again.

おじさん: Are you man?

ラキ: ...yes.Man, right.

おじさん: Oh...!Man! You look so beautiful!

ラキ: Thank you, sir. ขอบคุณ ค่ะ


ここまで来たら、もう何でも良いですw


21:50 搭乗

飛行機に搭乗。

さらば、タイよ。

また来る日まで。


次回でこのシリーズ(本編)は、最終回です。

2014-12-14

記事の概要: "2014-12-14" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記20日目、術後17日目、通院11日目。


.

目前に迫る帰国に備えて、ちゃんと身だしなみをととのえる練習。

自撮り


9:30 午前の通院

消毒とダイレーション

今日からダイレーターのサイズアップ。

前半30分はNo.0を挿入。後半30分はNo.1に変更して挿入。


サイズアップは問題なく、成功しました。

今後のサイズアップも概ね2週間間隔で、同様の手順で行います。

最大サイズはNo.6です。

まだまだ先は長い……。


14:00 午後の通院

消毒とダイレーション

午後はダイレーターNo.1をはじめから1時間。


これまでダイレーションに付き合ってくれていたナースエイドのAさんが明日はお休みということで、最後のお別れをする。

とても感謝している。


15:30 周辺散策

母と合流。

いよいよ明日の午後はスワンナプーム国際空港へ向けて移動する予定なので、事実上最後になる散策。

ガモンホスピタルを出て左手に歩いて、ショッピングモールを散策。

ショッピングモール


マクドナルドの独特なポージングのドナルドともお別れ。

タイのドナルド


スタバで休憩する。

カフェモカ


日本でもおなじ写真が撮れるぞ……。

大好きな、カフェモカです。


マックスバリュへ

マックスバリュ


タイ産あきたこまちを発見して変なテンションになる。

タイ産あきたこまち


17:00

ガモンホスピタルに寄ってトイレを済ませる。


ガモンホスピタルを出て右手の屋台通りを歩く。


18:00 屋台で夕食

屋台で夕食を食べて、徒歩でコンドータウンに戻る。


屋台飯


夜 コンドータウン

衆議院議員選挙の開票特番をみる。

投票は出来ませんでした。Fuck!


寝る。

2014-12-13

記事の概要: "2014-12-13" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記19日目、術後16日目、通院10日目。Dr.Kamolのラストチェック。


.

9:30 午前の通院

消毒と、ダイレーション。

抜糸もありました。

念入りに消毒あり。

このあとは、ガモン医師の最終確認。

何事もなければ帰国の許可が下ります。

たいて何事もないようですが、ちょっとドキドキ。


ガモン先生のラストチェック

ラストチェック。

ダイレーションのあと、待ち時間無しで診察室へ案内される。

ガモン先生と、アテンドさんと、ナース、ナースエイド一同に囲まれて、下半身裸になる。

ベッドに横になって、またを開く。


ガモン先生たちの談笑。

腫れもほとんど引いているし、綺麗だって褒められました。

あまりに綺麗なので、特別になにか自分でケアを行っていたのかと聞かれました。

とくに、言われたこと以上のケアは行っていませんでした。

もともと痛みもなく、術後の腫れも少ない体質だったので、良かったのかも知れませんね。


このときに、帰国後のケアの仕方など不明な点があれば聞いておきましょう。


14:00 午後の通院

午後のダイレーション。

明日からいよいよダイレーターのサイズをアップするよ、と宣告される。


マニキュア、ペディキュア

コンドータウンの近くのファミマで売られていたので、試してみました。


手 足

2014-12-12

記事の概要: "2014-12-12" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記18日目、術後15日目、通院9日目。ダイレーションについて詳しく書いてみた。


.

起床

朝6時台に目を醒ます。

空が綺麗!


バンコクの朝

メイク

早く起きたのでメイクする。

服もちゃんと選んで着る。


身だしなみチェック

9:30

1階のクリスマスツリーをみて、クリスマスなのだとあらためて実感する。

タイ、暑いです。

ガモンのクリスマスツリー


消毒とダイレーション。

ダイレーダーはまだNo.0を使用している。


ダイレーションの作法

用意するものは、

  • 身体の下に引く布など汚れて良いもの
  • お好みのサイズのダイレーター
  • 幅のある帯のようなもの
  • ゴム手袋
  • コンドーム(イボ無し)
  • QCゼリー(潤滑ゼリー)
  • タオル


まず、前準備として、入念に消毒を行います。

ここから基本的に下半身は着衣無し、要は丸出しです。


布などをひいた椅子に、仰向けに寝転がります。

布の下に、幅のある帯のようなものを挟んでおきます。

体重をかけて踏む感じになります。

あとで役立ちます。


次に、ゴム手袋を片手に装着します。

お好みのサイズのダイレーターを別の手で持ちます。

コンドーム(イボ無し)をダイレーターに被せます。

QCゼリー(潤滑ゼリー)を塗り伸ばします

このとき、指は1本で行った方が、のちのちのロスが少なくなるので良いでしょう。


ここまででダイレーター側の準備は完了。

ゴム手袋の先にQCゼリーがついているかと思います。


その指を、膣に入れます。

指は1本だけで良いです。

いっぱい挿れないで。


ここまで出来たら、ダイレーターを膣に入れます。

入りにくければ少し左右に動かしたり、回転させると入りやすいかもしれません。

入る深さは造膣した深さによります。


ダイレーターが無事に入ったら、はじめに敷いておいた帯を片方の手で引っ張ります。

こうすることでダイレーターが抜けないようにできます。


さすがに寒いし、恥ずかしいので、下半身にタオルをかけます。


この状態で、1時間待ちます。

Twitterなどをしていればあっという間ですね。


ダイレーションセット ダイレ椅子

14:00

消毒とダイレーション。

サイズ変更無し。


残り数日になって出かけたい気持ちもありましたが、術後なので特に観光にも行かず、コンドータウンでまったりと過ごしました。

あと、ずっと試みたかったチョコレートプリンを試みました(義務感)


おいしかったです。

天使 おいしい 試みなければならない チョコレートプリン

2014-12-11

記事の概要: "2014-12-11" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記17日目、術後14日目、通院8日目。だんだん私の帰国日も迫ってきた。経過は順調です。


.

9:30 午前の通院

消毒と、ダイレーション。


ナースエイドのAさんから、消毒を自分でやるようにと指示される。


消毒のやりかた

というわけで、消毒のやりかた。

まずは、イソジン的な消毒液と、生理食塩水なのか蒸留水なのか判らない水を用意します。

混ぜます。

丸い綿を3つぐらいその消毒液に浸します。


ピンセットでつまんで、陰唇の右側、上から(おなかの方から)下にむかって撫でるように拭き取ります。

拭き終わったら膣の入り口のあたりもぐりぐりと拭きます。


終わったら左側も同様に行います。


両方が終わったら、真ん中。

内側もできるだけ拭き取る。

長い綿棒に持ち替えて、同様に。

患部を清潔に保った方が、治りは早くなります。


あとはダイレーションのやりかたですが、また別の機会に。


14:00 午後の通院

消毒と、ダイレーション。

サイズはまだ変わらず。


夕刻 ガモンホスピタル~コンドータウン

ZAIZENにて、お寿司を食べる。

その他、いろいろと散策してみる。まだまだ楽しそうな場所はいっぱいあるというのに、私の休暇ももうすぐおしまい。

日本とタイの物価、かなり違うけど、やっぱり日本料理屋は日本に近い物価だなぁ。

いっぱい写真を撮ったので、また機会があればまとめたい。

日本でのできごと

昨日、先に明るく元気に日本に帰っていった子が、夕方すぎて起きたらしい。


部屋が寒くて動けなかったり、薬が見つからなくて蠢いていたり、iPhoneの充電がなぜかできなくなったりしているらしくLINEを連発してくる……。とりあえず冷蔵庫にポケモンパンが30個あるから、餓死はしないと思うんだけど……。


すっかり憔悴しきっている様子だった。


日本怖い。


帰らんとこ……。

2014-12-10

記事の概要: "2014-12-10" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記16日目、術後13日目、通院7日目。パートナー帰国。寒いから暖かくして、元気に、お仕事頑張るんだよー。


.

パートナー帰国日

8:15 起床

朝食を温めて食べる。


9:30 午前の通院

消毒とダイレーション


消毒はナースエイドさんがしてくれた。

ダイレーションはNo.0を1時間。


いざ、スワンナプーム国際空港へ

当初、私はパートナーの見送りに行かない予定だった。

午前と午後のダイレーションの間隔が短いから、無理じゃないかなーと思っていたから。


でもアテンドさんに聴くと、ダイジョウブと返事があったので、任せることにした。

なので、ここからはわりとタイトなスケジュールで動いている。


10:45 母と合流。コンドータウンに帰還。


11:00 相方を起こす。部屋の鍵を探す。


12:00 コンドータウンを出発して、車でスワンナプーム国際空港へ。


12:40 スワンナプーム国際空港到着。タイ国際航空の窓口にて相方のチェックインに付き添う。見送り完了。


13:00 スワンナプーム国際空港を出発して、車でコンドータウンへ。


13:40 コンドータウンに到着。少しまったりと過ごす。

14:00 午前の通院

消毒とダイレーション。


なんとか間に合った。良かったぁ。


消毒はナースエイドさん監視の元、自力でやった。

こんど消毒とダイレーションの流れを詳細に書こうと思います。


ダイレーションは1時間。


夕刻コンドータウン

15:15

母が買っておいてくれた屋台のチキンを食べて、まったりする。


19:00

日本のテレビを見て過ごす


23:00

LINEにてパートナー帰宅の知らせを受け、寝る

2014-12-09

記事の概要: "2014-12-09" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記15日目、術後12日目、通院6日目。母と合流してお茶会をしたり、古着屋を漁ったり、アテンドと夕食会をしたり、タイを満喫できました。明日はパートナーの帰国日。ちょっと寂しくなりそうです。


.

9:30 午前の通院

ダイレーション3日目。

消毒と、ダイレーション。


ダイレータはそろそろサイズアップとか聞こえた。

(しかし、このあとわりと長くNo.0を続けることになる。Why?)


時々、寝息が聞こえる処置室。

ダイレータを突っ込んだまま寝てるんだね。

シュールな空間だ。


14:00 午後の通院

消毒と、ダイレーション。


1時間じっとしていないといけないんですが、Twitterをやっていればわりとすぐに終わる。

処置室は扉が2重だからか、ガモンホスピタルのWi-Fiが不安定。

アテンドを通して借りたポケットWi-Fiが大活躍。


Town in Town Hotel

今日もダイレーションが終わったあとは自由行動を申し出ていた。

まずは母が泊まる、Town in Town Hotelに向かう。


母と、パートナーと、ホテルのラウンジにて軽食をとる。

タイではときどき注文しても品切れで出てこない事がある。

なんか、ゆるくて、良い感じだなぁ。

日本だとすぐにクレームとかいれるヤツいるよね。


帰り道、ガモンホスピタル、寄り道

母を連れてガモンホスピタルへ。

3階のラウンジで少しまったりと座ってくつろぐ。


Shinjuku Outlet

Sinjuku Outletは4階建てで、ものすごい数の服が並べられている。

タグをみると、日本、韓国をはじめとしたアジアの各国から集められているようだった。


中には誰がどういう状況で着る服なんだよっていうデザインのものもあって楽しい。


ああ、トランス初期に服が無くてつらかったのがウソみたいに、お手軽に買える。

すばらしい。


ただし、防虫剤がかなり充満していて、しばらくいると身体が痒くなり、咳き込んだり、目が痛くなったりします。マスクを着用した方が良いでしょう。


あと万引き(?)すると晒し上げられるみたいですね。


18:30 アテンドと夕食会

ガモンホスピタルからTown in Town Hotel側に移動して、夕食。

アテンドさんと、同時期にオペを受けたMtFのMちゃんといっしょに食事をする。


タイスキうまい。


夜 コンドータウン

パートナーは明日が帰国日。

必死に荷造りをしていた。


数日前にPrnちゃんの荷造りを手伝ってあげたそうだけど、彼女はもうタイにいない。

独りの孤独な戦いがあった。


私はベッドで横になってTwitterをしていました。

下手に触らない方がいいみたいなので。


あー。

帰っちゃうのか。


寂しくなるなぁ。

2014-12-08

記事の概要: "2014-12-08" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記14日目、術後11日目、通院5日目。ダイレーションが1日2回、1回1時間に。


.

9:30 午前の通院

ダイレーション2日目。

消毒と、ダイレーション。

今日から、ダイレーションは1日2回に増えて、1回1時間に増えます。

なかなか大変です。


あと1回目はなかったんだけど、挿入時になんとなく気持ち悪く感じるようになりました。


14:00 午後の通院

消毒と、ダイレーション1時間。


ニューハーフショーを観に行こう!

パートナーと話をしていて、ニューハーフショーを観に行こうということになりました。

実は、今日は、わたしの母が日本から来ることになっているのです。


なにかおもてなしをしたいと思っていたので、これはちょうど良い。

実の娘のSRSのお見舞いに来て、ニューハーフショーを観る母。

なかなかいないと思う。


ちなみに、ニューハーフは日本語なので、ladyboyと言わないと伝わらないです。


オススメのショーを、タイに8年間住んでいたお父さんにLINEで電話して教えて貰う。

なんて娘だ……。


Calypsoというショーがオススメらしい。

現地でチケットを買うと高いけど、旅行代理店のようなところで買うと安いとアドバイスを貰って、向かうことに。


ชิดลม [チットロム]というBTSの駅の近くにあるIntercontinental hotelでチケットが買えるということだったのでタクシーで移動。


この旅行で初めて、アテンドなしでバンコク市内へ。

タクシーの運転手は、基本的に英語が通じない。


地図を見せて向かってもらう。


ホテルの中がめちゃくちゃ豪華で、楽しかった。

無事にチケットを購入して、コンドータウンにタクシーで戻る。


母と再会

コンドータウンにもどると、母から到着の知らせが入った。

すぐにタクシーで母の宿泊先へ。

そのまま、Asiatiqueへ向かう。


母に焼き肉を食べさせて貰った。

Calypso

有名なショーだったらしい。

みんな綺麗で、とても楽しかった。

websiteがあったのでリンクを貼っておこう。


New Calypso Cabaret


ショーが終わったあとに、チップを渡して、一緒に撮影してもらう。

わぁい。


わたしよりも、パートナーの方がめっちゃはしゃいでいたのがとても印象的。

コンドータウンへ帰還

帰りもタクシー。

英語の出来る運転手で良かった。


料金の交渉をして、500バーツで帰還。


手術後はじめての遠出だったのと、タクシーの交渉などで緊張もしたのでよく眠れました。

2014-12-07

記事の概要: "2014-12-07" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記13日目、術後10日目、通院4日目。はじめてのダイレーション。


.

開戦 日曜日の未明

Twitterをして寝付くのを待っていたら、しばらくは遊べそうなオモチャを見付ける。

この件に関しては、本題から話が逸れるので、この記事の末尾に書いておきます。

興味のない方、SRSに関してだけ読みたい方は、最後の小見出し以降は読まなくて大丈夫です。


9:30 午前の通院

朝の消毒、ダイレーション初日。


初日は30分を1日1回だけ行う。


初日なので、ダイレーターNo.0を使用。


特に痛みはない。

気持ち悪さも今のところなし。


ただ、腹部に圧迫感はある。


うんこしておけばよかったと少し後悔する。


10:00

消毒とダイレーションを終えて、ガモンホスピタル横の屋台へ。

焼いた鳥肉を食べる。


美味しい。

英語も多少通じるからぜひ試みたい味。

炭火焼き。


SHINJUKU outletという服屋さんにて服を買う。

大きめのワンピースも買えてとても良い。

なんと、種類に関係なくグラムでの秤り売り!

すごい!!


調子に乗ってお金を使いすぎたので、といっても500バーツ程度だが、銀行を探して両替えをした。

20,000円で、5,400バーツぐらいになった。

手数料込みの実効レートは3.7ぐらい。


つらい。


マクドナルドにて軽食。

カフェモカを頼んだけど機械の不調か無理らしくてチョコレートフロートにする。

大して変わらない。


13:40 午前の消毒

午後の消毒を早めてもらう。

あと、クスリが足りなくなりそうだったので申し出る。


14:00 コンドータウン

コンドータウンに帰宅。

冒頭で触れた、オモチャで遊ぶ。


というか、私が3階で消毒している間に、パートナーが先にreplyを送って喧嘩してたw


新婚旅行中になにやってるんだってことですけど、お互いのセクシュアリティやいろんな問題について意見を交わすことができて、私たちの関係はより強固なものになりました。

GIDの闇(興味なければ読み飛ばしてOK)

オモチャというか、迷惑な人について。


山本蘭(やまもとらん)というらしい。


初めて聞く名前だった。


わりと最近、男性から女性に性別移行した、元男性です。

いわゆる、トランスジェンダーでトランスセクシュアルですね。

私の認識では。


gid.jpというGIDカルト団体の教祖さまらしい。


Twitterやネットでの過去の発言を読む限りにおいて、

かなり悪質なホモフォビアという印象を受けました。


個人的な同性愛嫌悪でGID自助団体を私物化していて、すべてにおいて発言がひどすぎる。


私はSRSを終えるまで、


そんな組織があることも知りませんでした。


山本蘭という名前も、まったく初めて知りました。


きっと何も役に立つような活動をしていないのでしょうね


私はこんなに長く苦しんできたのに、なにも救ってくれなかったんだもん。


むしろ、このドットジェーピーなるGID団体に関わっていたら、不幸になっていたかもしれませんね。


このように、


普通に性別移行をしていたら、


まず触れることもないし、


触れる必要もない


とるに足らない


どうでもいいような情報が


世の中にはあるようです。


性同一性障害で悩んでいる皆様。


gid.jpという団体に一切関わらなくても、


性別を変えられるので、


騙されたり、惑わされたりしないようにしましょうね。


情報は、求めれば、インターネットで得られる時代です。


GIDに関わる医療情報の他に、政治的な思惑とか、宗教的な思惑について調べたい方は、各自頑張って下さい。


山本蘭氏がとてもうさんくさい人物なのは間違い無さそうです。

頑張って調べたのですが、これといった功績はないようです。


個人的には、目障りだけど、無力で、取るに足らない人って言う印象です。


せっかく調べたので、リンク貼っておきます。

山本蘭「同性愛を批判する」に反論したある支局長が辞任勧告を受けるまでの一部始終 - Togetterまとめ

「辞任勧告」と「gid.jpという集団」について - アメーバブログ

gid.jpの山本蘭さん「性別はネ申が決める!」発言 - Togetterまとめ

2014-12-06

記事の概要: "2014-12-06" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記12日目、術後9日目、通院3日目。自分をそのまま信じていてね♪明日は来るよどんな時も♪


.

通院3日目

土曜日だけど、病院はやってる。

明日、日曜日からダイレーション開始と聞いている。


おしっこについて

午前8時起床。

強い尿意のためトイレへ。

退院から4日目の朝。

実はまだおしっこの出があまり良くなくて、かなり時間がかかる。

また、おしっこが出始めても途中で止まってしまい、また再開みたいな感じになることもありました。


ちょっと焦って、以前から読ませて戴いていた、他のSRS経験者のブログを読んでみたり、TwitterのSRS経験者に聴いてみたりしたけど、日が経てばだんだん良くなっていくらしいということが分かってひと安心。


出ないケースとしては、傷口がまだ腫れていることが原因である場合。

他には、我慢しすぎて膀胱括約筋が収縮したままになっていて出ないこともあるらしい。


私の場合は、まったく出ないというわけではないので、様子見してみることに。


朝食

相変わらず包装に書いてあるタイ語が読めないので、適当に電子レンジで温めて、食事を取る。


ふと思いだして、岡本真夜のTomorrowを聴く。

もう20年も前の曲なのか。


涙の数だけ強くなれるよ

アスファルトに咲く 花のように

見るものすべてに おびえないで

明日は来るよ 君のために


懐かしいなぁ。

強くなったなぁ、わたし。


ガモンホスピタルには、ジャスミンの花(茉莉花)が咲いていた。

9:30 午前の通院

ガモンホスピタル3階の処置室にて消毒。


声について

声のオペを受けるか、ボイトレで済ませるかを考えている。

現状、どんな感じかというと、声はうまく作れるようになってきた。


でも、人前で話すのがどことなく恥ずかしいので、あんまり使っていない。


オペを受けたら無理矢理にでも低い声を出せないように出来るから、それはそれで便利だと思う。


でも、せっかくここまでボイトレをしてきたのに、声帯を弄るのってリスクあるなぁとも思うのです。


結論としては、声のオペは急いで受けなくても良いかな、と考えています。


14:00 午後の通院

ガモンホスピタル3階の処置室にて消毒。


就寝

疲れていたのか、19時くらいに就寝。

やっぱり、オペ後は体力が落ちるね。

2014-12-05

記事の概要: "2014-12-05" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記11日目、術後8日目、通院2日目。


.

通院2日目

今日もダイレーションはなく、消毒だけ。


9:30 午前の通院

ガモンホスピタル3階の処置室にて消毒。


消毒が終わったあとは、しんどかったのでコンドータウンに戻って休む。

今日は少し体調が良くないのか、座っていてもつらいので横になる。


14:00 午後の通院

ガモンホスピタル3階の処置室にて消毒。

小陰唇の内側、陰核の周辺に綿棒を入れて、ぐりっと血の塊を取り除かれる。

ちょっと痛い。


処置終了。

帰りは、周辺の屋台を見て回りたいことをアテンドに伝えてあったので、歩き。


屋台で昼食

ご飯の上にぶっかけるスタイル。


おいしい。

2人で何品かを、おなかいっぱいたべて、100バーツぐらいだった。

帰り道

いつか、この何気ない異国での帰り道のことを思い出す日が来るのかな……。

そんなことを考えながら、夕方から屋台で賑やかになる道を、歩いて帰っていった。


途中で、可愛いネコがいた。

パートナーはなで回していたけど、ネコも狂犬病ウィルス持ってるんだよなって考えながら黙ってみてた。

あとで、教えてよって怒られた。

知らないって、怖いことですね。


コンドータウン 夕刻

ひたすらポケモンをやる私。

アルファサファイアで、強いカイオーガを捕まえるんだ!

厳選だ!!

花火

ポケモンをしていたら、花火が上がっていると、呼ばれたのでベランダへ。

国王誕生日が近いので、バンコク市内に花火があがっていた。

月もとても綺麗な夜でした。

2014-12-04

記事の概要: "2014-12-04" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記10日目、術後7日目、通院1日目。通院初日は消毒と抜糸だけでした。


.

今日から通院開始

通院は1日2回午前と午後です。

帰国する12月15日まで毎日続けます。


ガモンホスピタルの3階の処置室で、椅子に横になって、患部の消毒をしてもらいます。


ダイレーションが始まるのはつぎの日曜日(12月7日)からなので、それまでの間は消毒のために朝と昼に通院するだけです


あとは自由に過ごして大丈夫。


といっても、まだ術後一週間、立ち上がれるようになったのは一昨日、という状態なので、無理は禁物ですが。

朝食

冷凍食品を温めて食べました。

調理方法がタイ文字で書かれているので、なんとなく温めました。たぶん大丈夫。


10:00 消毒と抜糸

消毒の手順はわりとカンタンなのですが、詳細はまた後日書く予定です。

まだ術後ということもあり、触られるのがちよっと怖い状態です。

見せるのはもうどうでもいい感じです。好きなだけみてください、って感じですね。


通院初日で、抜糸もありました。

非常に細い糸が縫い付けられていたようです。

黒い糸に見えました。

それをナースエイドさんがハサミでチョキチョキ切ってくれます。

抜糸の箇所は、小陰唇のあたりでした。


ちょっとだけ痛い。


けど、そんなに痛くない。


昼食

お昼ご飯は屋台のチキンと、謎の魚のフライを買って、コンドータウンに帰って食べました。


14:00 消毒

消毒だけだと、15分ぐらいで終わります。


夕食

パートナーと2人で近所の日本食レストラン最善(ZAIZEN)に行きました。

とても美味しい。


せっかく2人でタイまで来たので、もっといろんなところを見て回りたいなぁ。


でも、この日は疲れたので、薬を飲んで、寝ました。



薬について

退院後も薬を服用しているのですが、その内容について書きます。

退院時に受け取った薬は全部で4種類ありました。

多いものは1日4回服用する必要があります。

時間帯は、できれば均等に。

無理なら、だいたい4時間ぐらい開いていれば服用して良いでしょう。


全て成分名表記で統一します。


処方薬・用法・用量

  1. シプロフロキサシン錠500mg 1日2回 1回1錠
  2. メトロニダゾール錠400mg 1日4回 1回0.5錠
  3. セラペプターゼ錠5mg 1日4回 1回1錠
  4. アセトアミノフェン錠500mg 痛いとき 1回2錠


解説

Rp.1 シプロフロキサシン

抗菌剤です。細菌の増殖を抑えます。

日本国内ではシプロキサンという商品名で販売されています。


ニューキノロン系抗菌剤と呼ばれます。

広い範囲の細菌に対して、殺菌的に作用します。

細菌の環状ゲノムDNAの合成に必要なDNAジャイレースという酵素を阻害することで、細菌の細胞分裂が停止して、細菌は死にます。


これによって、術後の患部への細菌感染が予防できます。


Rp.2 メトロニダゾール

抗菌剤です。細菌の増殖を抑えます。

日本国内ではフラジールという商品名で販売されています。


日本ではトリコモナス膣炎の治療に使うことが多いですが、細菌はピロリ菌の二次除菌(何らかの理由により1回目の除菌に失敗した場合に使用する薬を変更して行う再チャレンジ)にも使用されることがあります。


嫌気性細菌に対して、殺菌的に作用します。

メトロニダゾールは嫌気性細菌が特異的にもっているニトロ還元酵素系の作用によって、ニトロソ化合物に変換されます。

変換されたニトロソ化合物がもつフリーラジカルによって細菌の二重鎖DNAが破壊されて、細菌は死にます。


余談ですが、とても苦い薬です。洒落にならないほど。

ミネラルウォーターで飲もうとして、うっかりすると口の中の水に満遍なく苦みが拡散します。

すばやく飲み込みましょう。


Rp.3 セラペプターゼ

消炎剤です。炎症を鎮めます。

日本国内ではダーゼンという商品名(他ジェネリック多数)で販売されていましたが、2011年2月に販売中止になりました。タケダ薬品から発売されて以来40年間に亘り使用されてきた薬でしたが、再評価の結果、効果が十分ではない・確認できないといった理由で回収・販売終了しました。


この薬が効く仕組みは解明されていません。

今後も解明されることはないかもしれません。


服用しなくても、あまり影響はないと思ったのですが、服用しても害はないので、私は服用しました。


Rp.4 アセトアミノフェン

解熱鎮痛剤です。熱を下げ、痛みを和らげます。

日本国内ではカロナールという商品名(他ジェネリック多数)で販売されています。


古くから使われている薬なのに、薬が効く仕組みは、これだ!というものはないようです。


ちなみに、ガモンホスピタルの処方量は日本基準ではかなりの大量処方に見えます。

いちおう日本国内の基準でも1日最大4,000mgまでは服用できるのですが、あまり多く服用すると肝障害のリスクがあるので、痛みがないなら服用しないようにしたほうが良いと思われます。


余談ですが、ネコには(イヌも)、この薬を代謝する酵素があまりないので、服用させないようにしましょう。

とても危険です、少量でも中毒を起こすみたいです。


あまり怖い話を書いて、痛くても服用できなくなると困るので補足すると、この薬は小児にもガンガン使われている安全な薬です。大量に服用したり、お酒と一緒に服用すると危険なだけです。


2014-12-03

記事の概要: "2014-12-03" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記9日目、術後6日目。無事に退院しました。


.

9:00 退院準備

朝から尿カテーテルを抜くための準備が始まる。


水をたくさん飲んで尿意を催したらナースコール。

これを3回繰り返す。


一週間もカテーテルを入れていたのでそのリハビリ。

膀胱が尿をためる感覚を取り戻すため。

そして、自力排尿をするため。


排尿 1回目

かなり多めに水を飲んでいたため、すぐに尿意が来る。

しかもずっとカテーテルに素通ししていたため、膀胱も慣れていないのか、尿意が来てから限界だと感じるまでがとても早い。


急いでナースコール。


美人ナースにゴムをほどいてもらい、美人ナースに尿がカテーテルを通ってでて行くのを確認される。


なるほど、これが尿カテーテルプレイか。

排尿 2回目

再び無慈悲にもゴムで縛られる尿カテーテル。

そして、また呼んでねって退室するナースさん。


2回目はこころなしか先ほどより我慢できたような気がする。

もう少し我慢してからナースコールをしよう。


そしてギリギリまで自分を追い込んで、もうダメだ。

膀胱が悲鳴をあげたところで、ナースコールを押す。


だが、誰も来ない。


ちょっと……。


パートナーが様子を見に行ってくれたけど、その間にも増してくる尿意。切迫感。


もう一度、ナースコールを押してみる。


だが、誰も来ない。


パートナーが戻ってくる。

どうやら、ナースさんたち、ミーティング中らしい。呼びに行ってくれているらしいけど、とてもつらいので、自力で輪ゴムをほどくことにする。


もう知らん、と勝手にほどいてる途中でナースエイド到着。ほどいてもらう。


カテーテルを通って尿が出ていく。

膀胱が楽になる。


排尿 3回目

いよいよ、自力での排尿を試みる。

これまで同様に、カテーテルを縛って尿を我慢する。

限界だと思った時点でナースコール。


そして新しい展開。

ゴムを外す前に病室の備え付けのトイレに移動。

そして、手術後からずっと身体に付けられていた尿カテーテルを抜いた。


そして……。


力の加減がむずかしい。

どうやって出すんだ、これ?


果てしなく長く感じたけれど、時間にすると1、2分だと思う。

便座に腰掛けて、尿が出るのを待つ。


力を抜いて。


力を……抜いて……。


出た!!


オシッコ出た!!


美人ナースさんが固唾を飲んで見守る中……。

ついに生まれ変わった股間から、尿道を通って尿が出た。


患部が腫れていたり、膀胱括約筋が緊張しているとなかなか排尿できず、尿カテーテルをつけたままで退院するか、入院期間が延長されることもあると聞いていたので、ホッと胸を撫で下ろす。


排尿 4回目

念のためというわけではないけど、退院時刻までに尿意を催したので、オシッコ。


出た!


やっぱりまだ出にくいけど、さっきよりは出しやすくなった。


消毒

退院前の最後の消毒。

ふたたびベッドに寝かされての消毒と清拭。

もう自分で拭けるんですけどね。


しかもこの後、シャワー浴びるのですが。


まあいいか。


排尿 5回目

オシッコ出た!

もうばっちりだ!


これからは私のことはラキ、改め、ミス・オシッコと呼んでくれたえ。


ところで、消毒直後にオシッコするのって、なんか勿体無い気がするよね。

まぁ、尿は無菌なんだけどね。


12:00 昼食

やよい軒のお弁当。

日本で食べるより美味しいような……。

シャワー

退院前にシャワーを浴びる。

すっきりさっぱり。

荷造りはパートナーに任せた。


15:00 退院

お世話になった607号室との別れ。

ほとんどベッドの上にいたけど、なんか寂しい。


ありがとう、ガモンホスピタル。

また通院でしばらくお世話になります。

退院時処方薬

入院中にも薬は内服していたけれど、退院後も薬を服用する必要があるらしい。

小さな紙袋を渡された。

なかにはいくつかの透明な袋があって、それぞれに錠剤がバラでそのまま入れられている。

日本だと分包されていたりするんだけど、こういうのもカンタンで、良いね。


長くなったので、退院時の薬の内容についてはまた後日、まとめます。

せっかく薬剤師やってるので、ぜひ書いておきたいのです。


今日の日記はここまで。

このあとはTwitterでいろいろ書いたり、読んだりして過ごして、寝ました。


ひさしぶりのコンドータウンでくつろぐ。

エアコンでキンキンに冷やした部屋、全ての管から解放された自由な身体、最高だ!!

2014-12-02

記事の概要: "2014-12-02" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記8日目、術後5日目。あと1日で退院予定。


.

術後5日目

今日は、パッキンを外す日でした。

午前中に、禍々しい拘束具のついた器機が運び込まれてくる。


11:00頃にガモン先生がやってくる。

そして、パッキンを外すことに。


って、言葉で説明されても、パッキンis何?


実際に処置を受けた感想は、凄かった……。


痛く無いんだけど、3メートルぐらいあるガーゼが、膣からズルズルと引き出されていきました。

何度か、水で中を湿らせて、馴染ませてから、ズルズル、ズルズルズルと。


痛みはありませんでした。


その後、ガモン先生が膣の深さを確認する。

ダイレータNo.0の登場です。


5inch弱とのことでした。


ちなみに、パッキンを外したその瞬間から、膣の自然治癒力とダイレータの拡張力の絶え間のない戦いが始まるようです。そうはいっても、まだ初ダイレーションは数日先のことらしいですが。


ちなみに、パートナーが、パッキンを引きずり出す貴重な出産シーンをiPhoneで撮影していて、見せて貰いましたw


歩行解禁

歩いて良くなったので、歩いてみる。

まだ繋がっている尿カテーテルをひっかけないように注意しながら。


立ちくらみや貧血は人生で無数に経験してきたので、もしも起こっても対処できるはず。


そう思って、立ち上がって、歩いてみる。


あれ?ぜんぜん大丈夫だ。


その後も特に問題なく歩けました。

ちょっとバランス崩しそうになることはありましたが。


うんこ解禁

歩けたので、とりあえず歩けるうちにウンコしました。

緩かったです。


シャワーを浴びる

入院してから初めてのシャワー。


美人ナースエイドさんに洗って貰う喜び!!髪の毛を洗える喜び!!


余談ですが、水を浴びても、お湯を浴びても、股間は変化ありませんでした。

らんま的な意味で。


いよいよ、明日は最後の管、尿カテーテルが抜けて、退院する予定です。

食事も、もう普通のものが食べられるので、良かったです。



数値とか

9:30頃

体温:35.7℃

血圧:103/68mmHg


21:30頃

体温:37.3℃

血圧:93/64mmHg

2014-12-01

記事の概要: "2014-12-01" の日記

Article Image

SRS(性別適合手術)日記7日目、術後4日目。点滴の管が外されて左腕が解放される。さらにドレーンが抜かれてベッドと身体を繋ぐ管が減っていく。退院予定日は3日後。経過は順調。


.

術後4日目

点滴を外して、ドレーンを抜く日でした。


実は明後日には退院する予定。

今日が何曜日なのかもよく分からなくなりつつある訳ですが。

月は変わって、12月になったみたいですね。

相変わらず、痛みはないです。


点滴とさようなら

手術前には左手の甲に刺さっていた点滴のルート。

手術後に、いつのまにか左手の手首に刺さっていました。


その点滴と、今日でお別れです。

この管を通って、無数のモルヒネ分子が、注ぎ込まれたんですねぇ。


処置自体は、刺すときと同じく、別にこれといった痛みはありませんでした。



ドレーンを抜く

痛いという噂を聞いていたドレーン抜き。

これも、ぜんぜん痛く無かったですね。

「イクヨー、イタイヨー、1、2、3!」って掛け声と共に抜けました。安産でした。


事前にナース・ナースエイドからは、


「チョットイタイヨー」


って聞いていたんですけどね。


ドレーンは、見た目はグロいけど、大切な役割があるのです。

傷口から血を排出するために必要。


これが抜けるということは、もう出血は落ち着いてきているのでしょう。


まったく痛く無かったけど、あえて痛みを喩えるなら……


カチカチうんこを我慢し続けたすえに出産する時の痛みよりも痛くない。


親指の付け根にささくれで残った爪を引っこ抜く時の痛みよりも痛くない。


怖いことを書きましたが、本当に痛く無かった。

これから受ける人もそんなに心配しなくていいでしょう。

個人差はあるようですが。



日々の処置について

  • 患部の消毒
  • 全身の清拭
  • 尿カテーテルの袋のチェック
  • 血圧測定
  • 検温


尿カテーテルの袋のチェックですが、これは定期的に行ってくれます。

自分からは見えない場所、ベッドのわきに釣られているので、不安ならナースコールを押しましょう。


食事

ルートがとれた、ドレーンが抜けた!!って喜んでいて、すっかり忘れていた。

今日はもうひとつの記念日。

食事制限が解除されて、固形物を食べられるようになりました。



クスリ

1日4回、セットされます。

また後ほど、クスリについてもまとめたいですね。


ちなみに、最強の痛み止めモルヒネは、点滴が外れたあとは、もう使えません。

錠剤の痛み止めで、頑張りましょう。


数値とか

9:15頃

体温:35.7℃

血圧:106/67mmHg

Twitterのログ

履歴へ

Archives

興味のあるもの

アニメ

みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
H2 DVD-BOX
H2 DVD-BOX
クロスゲーム 1 [DVD]
クロスゲーム 1 [DVD]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)
映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

音楽

circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
コネクト(アニメ盤)
コネクト(アニメ盤)

ゲーム

メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)

少女少年 1
少女少年 1
プラナス・ガール 1
プラナス・ガール 1
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)