アーカイブス Lakililac's Toybox ラキのおもちゃ箱

新コンテンツを公開しました。 お気に入り - Favorites

ラキログ アーカイブス November, 2006

お気に入り November, 2006


記事 November, 2006



ケツメイシ、ビャクジュツ、ロートコン / 生薬の学名を羅列してみた#12 / 生薬の学名を理解してみた#11 / 生薬の学名を把握してきた#10 / 生薬の学名を意訳してみた#9 / 生薬の学名を和訳してみた#8 / 生薬の学名を和訳してみた#7 / 生薬の学名を解読してみた#6 / 生薬の学名を解読してみた#5 /

2006-11-26

記事の概要: "2006-11-26" の日記

no image

excerpt


.

生薬実習の最初の4日間は、確認試験と未知検でした。途中、勤労感謝の日が入ったため、未知検が水曜日と来週の月曜日に分断されるという状況ですが、大丈夫かな…。反応後の試薬も保存するようにといわれましたが、4日も放置すりゃ試薬(と試料の混合物)も腐ってるんじゃね?www


予め50個の生薬に目を通したものの、実際に確認試験や未知検で扱う生薬は14個。


生薬50個の写真

でも、実習室の外の広いところには50個の生薬の標本が瓶に入っておいてある。これを覚えるんだよって感じでなかなか恐ろしい光景でした。


あ、この前までやってた生薬特集記事をまとめて1つのcontentsにしたり、過去の日記の似たものを集めたりする作業を春休みに時間があればやります。なければ放置です。

2006-11-19

記事の概要: "2006-11-19" の日記

no image

excerpt


.

いよいよ生薬実習期間へ。

最後の6種を調べてこの企画は終了。


まだ科名を調べ切れてないので、そこはそのうちやりますが。


ホミカ

基原植物

Strychnos nux-vomica

(命に関わる吐き気を催す木)

生薬名

Strychni Semen

(吐き気を催す木の実)

主成分:Strychnine

用途:苦味健胃薬(↑嘔吐作用は実はない)

マオウ

基原植物

Ephedra sinica

(シナマオウ)

生薬名

Ephedrae Herba

(マオウの全草)

主成分:Ephedrine

用途:鎮咳去痰薬

マクリ

基原植物

Digenea simplex

(単純なスイカズラ)

生薬名

Digenea

(二つの科からなるもの)

主成分:α-kainic acid

用途:回虫駆除薬

ヨクイニン

基原植物

Coix lacryma-jobi

(ヨブの涙のようなジュズダマ)

生薬名

Coicis Semen

(ジュズダマの実)

主成分:Coixenoide

用途:

リュウタン

基原植物

Gentiana scabra

(葉がざらざらしたリンドウ)

生薬名

Gentianae scabrae Radix

(ざらざらリンドウの実w)

主成分:Gentisin

用途:苦味健胃薬

ロートコン

基原植物

Scopolia japonica

(日本のハシリドコロ)

生薬名

Scopoliae Rhizoma

(ハシリドコロの根茎)

主成分:Scopolamine

用途:鎮痛


2006-11-18

記事の概要: "2006-11-18" の日記

no image

excerpt


.

寒いよ。冬到来ですか。久しぶりにのだめカンタービレを読みました。Deutschを勉強する気になりました。でも時間がありません。


前回の復習だけ。生薬名と植物の学名。

タイソウ Zizyphus jujuba

チョウジ Syzygium aromaticum

チョレイ Polyporus umbellatus

トウガラシ Capsicum annuum

トウキ Angelica acutiloba

トウヒ Citrus aurantum

トウニン Prunus persica


今日はアカネ科のトコン、ニガキ科のニガキ、ウコギ科のニンジン、サトイモ科のハンゲ、キク科のビャクジュツ、サルノコシカケ科のブクリョウ、ボタン科のボタンピの7種類!これが終わればあと6つ。

トコン

基原植物

Cephaelis ipecacuanha

(吐き気を催すトコン)

生薬名

Ipecacuanhae Radix

(吐き気を催す草の根)

主成分:Emetine, Cephaeline

用途:吐剤、去痰薬、アメーバ赤痢

  • Cephaelis トコン属
  • ipecacuanha 道草の吐き気を催す草。トゥピ族の言葉。

ニガキ

基原植物

Picrasma quassioides

(カシ属のような苦い木)

生薬名

Picrasmae Lignum

(苦い木)

主成分:Nigakilactone A

用途:苦味健胃薬

  • picrasma 苦味
  • quassioides カシ属のような

ニンジン

基原植物

Panax ginseng

(生命の万能薬)

生薬名

Ginseng Radix

(ニンジンの根)

主成分:Ginsenoside

用途:強壮

  • Panax 万能薬
  • ginseng 生命

ハンゲ

基原植物

Pinelliae ternata

(三出の葉のハンゲ)

生薬名

Pinelliae Tuber

(ハンゲの塊根)

主成分:Arginine, 3,4-Diglycosilic benzaldehyde

用途:鎮吐、鎮咳、去痰

  • Pinellia 人名由来。ハンゲ属
  • ternata 三出の
  • tuber 塊根

ビャクジュツ

基原植物

Atractylodes japonica

(日本の紡錘型の花)

生薬名

Atractylodis Rhizoma

(紡錘型の花の根茎)

主成分:Atractylon

用途:健胃、整腸、利尿、止汗

ブクリョウ

基原植物

Poria cocos

(意味不明)

生薬名

Poria

(意味不明w)

主成分:Ergosterol

用途:利尿、抗炎症、鎮痛、健胃

ボタンピ

基原植物

Paeonia suffrutinosa

(黄色の医神の木)

生薬名

Moutan Cortex

(ボタンの樹皮)

主成分:Paeonol

用途:通経

  • suffruticosa 硫黄のように黄色い

生薬強化特集 記事一覧

2006-11-15

記事の概要: "2006-11-15" の日記

no image

excerpt


.

水曜日がやって来た。実は休みなのですがwwwww午前中は休講が重なり、午後は実習の予備日に重なるという幸運。もう二度となさそうだけどw


早いものでもう50種類の生薬のうち、30種類の意味が分かりました。さすがに30種類も書くのはきつすぎるので、今回は割愛させていただきます。気になる人はその記事を読んでください。


このあたりで final burst before the finish というかラストスパートと行きましょう。

今回調べた生薬は7種類。クロウメモドキ科のタイソウ、フトモモ科のチョウジ、サルノコシカケ科のチョレイ、ナス科のトウガラシ、セリ科のトウキ、ミカン科のトウヒ、バラ科のトウニン。これで37種類。

タイソウ

基原植物

Zizyphus jujuba

(アラビアの植物???)

生薬名

Zizyphi Fructus

(???の実)

主成分:D-Fructose, zizyphus saponin I

用途:強壮、鎮静

ちょwアラビア語ムリww

チョウジ

基原植物

Syzygium aromaticum

(芳香のあるフトモモ)

生薬名

Caryophylli Fros

(ナデシコに似た花)

主成分:Eugenol

用途:芳香性健胃薬、歯科局所麻酔薬

  • Syzygium フトモモ科フトモモ属。
  • aromaticum 芳香性の
  • Caryophyllus ナデシコに似た

チョレイ

基原植物

Polyporus umbellatus

(穴の多い散形花)

生薬名

Polyporus

(穴の多い生薬)

主成分:Ergosterol

用途:消炎、利尿、解熱

  • poly 多い
  • porus 穴
  • umbellata 散形花序の

トウガラシ

基原植物

Capsicum annuum

(カプセル状の実をつける一年草)

生薬名

Capsici Fructus

(トウガラシの実)

主成分:Capsaicin

用途:苦味健胃薬、皮膚刺激薬

  • capsicum カプセル状の
  • annuum 一年草

トウキ

基原植物

Angelica acutiloba

(尖った天使の葉をつける植物)

生薬名

Angelicae Radix

(天使の根)

主成分:Bergapten

用途:婦人病薬、強壮

  • Angelica 天使
  • acutiloba 尖った葉

トウヒ

基原植物

Citrus aurantium

(だいだい)

生薬名

Aurantii Pericarpium

(だいだいの果皮)

主成分:d-Limonene

用途:芳香性苦味健胃薬、苦味チンキ

トウニン

基原植物

Prunus persica

(ペルシアのスモモ)

生薬名

Persicae Semen

(ペルシアスモモの種子)

主成分:Amygdalin

用途:消炎消化、血、通経、排膿、緩下薬


生薬強化特集 記事一覧

2006-11-14

記事の概要: "2006-11-14" の日記

no image

excerpt


.

朝早く起きて勉強するのが厳しくなってきました。寒すぎw


毎日毎日生薬の意味を調べ続けるのもblog的にはありなんですが、あくまで日記と題しているわけで、とりあえず近況を書いておく。


最近わりと真面目に昼ごはんを作っています。今週は昼食 sandwich 週間と言うことで、月曜日から少しずつ豪華にしている途中ですw作ってから食べるまで4時間以内なので普通に半熟卵とか入れて、あとはハムと黒湖沼とか。そんな感じで食費を切り詰めながらもお腹いっぱいな毎日です。実習は待ち時間ばかりで退屈です。1時間混ぜるとか普通に書いてある。困ったものだ。Western blottingもやったし、あとはreportを真面目に書くだけ。生化学実習があったおかげで今月の前半は本当に長かった…。


そしてこの次に控える生薬実習の恐ろしさが既にやっている人たちから漏れ聞こえて来てますww50個の生薬から6個を選ばれて、その生薬を見て生薬名の和名(カタカナ)と学名(Roman letter)と科名(Roman letter)と主成分と用途を答える試験があるらしい。かなり頑張らないと全然ムリwwwwまず、その試験で使う生薬の画像を手に入れる必要があるな……。


そんな危険な生薬実習に向けての生薬特集もいよいよ折り返し。

既に26種類の生薬の学名の意味を調べた。

さらに、毎回馬鹿正直に打ち込んできたのでだいぶ spelling を記憶してきた。

あと毎回対応させている部分が違っている。

今回は基原植物の学名と主成分を書いてみた。

中にはSanshool I とか Onjisaponin A などそのままな名称の含有成分もあり、意外に記憶しやすい気もする。


Foeniculum vulugare, Anethole

Arctostaphylos uva-ursi, Arbutin

Scutellaria baicalensis, Baicalin, wogonin


Phellodendron amurense, Berberine

Coptis japonica, Berberine

Polygala tenuifolia, Onjisaponin A


Pueraria lobata, Puerarin

Glycyrrhiza uralensis, Glycyrrhizin

Platycodon grandiflorum, Platycodin D


Catalpa ovata, Catalposide

Citrus aurantium, d-Limonene

Prunus armeniaca, Amygdalin


Cinnamomum cassia, Cinnamaldehyde

Cassia obtusifolia, Emodin

Gentiana lutea, Gentisin


Carthamus tinctorius, Carthamin

Magnolia obovata, Magnocurarine, β-Eudesmol

Bupleurum falcatum, Saikosaponin A


Crocus, Crocin, Safranal

Gardenia jasminoides, Crocin

Zanthoxylum piperium, Sanshool I


Rehmannia glutinosa, Catalpol

Paeonia lactiflora, Paeoniflorin

Houttuynia cordata, Quercitrin

Zingiberis officinale, Zingiberene, 6-Gingerol

Polygala senega, Senegin II


今日新たに登場する生薬は、セリ科のセンキュウ、マメ科のセンナ、キク科のソウジュツ、タデ科のダイオウの4種類。もう生薬実習がそこまで迫っているので3種類ずつって訳にも行かなくなってきた。

センキュウ

基原植物

Cnidium officinale

(薬用のイラクサ)


生薬名

Cnidii Rhizoma

(薬用イラクサの根茎)

主成分:Cnidilide

用途:婦人病薬、鎮静

  • cnide ギリシア語でイラクサ

センナ

基原植物

Cassia angustifolia

(細葉のマメ)


生薬名

Sennae Folium

(センナの葉)

主成分:Sennoside A, Rhein

用途:緩下薬

  • angustata 細い

ソウジュツ

基原植物

Atractylodes lancea

(槍に似た紡錘の花)


生薬名

Atractylodis Lanceae Rhizoma

(ソウジュツの根茎)

主成分:Hinesol

用途:健胃、整腸

  • Atractylodes atrakton ギリシア語で紡錘。硬い花の形に由来?

ダイオウ

基原植物

Rheum palmatum

(手のひらのようなタデ)


生薬名

Rhei Rhizoma

(ダイオウの根茎)

主成分:Sennoside A, Emodin

用途:しゃ下薬

  • Rheum タデ科
  • palmatum 掌状の


生薬強化特集 記事一覧

2006-11-13

記事の概要: "2006-11-13" の日記

no image

excerpt


.

意味を調べ終わった21種の生薬と植物の学名と科名の一覧(21種)。

ウイキョウ Foeniculum vulugare (セリ科 Umbelliferae)

ウワウルシ Arctostaphylos uva-ursi (ツツジ科 Ericaceae)

オウゴン Scutellaria baicalensis (シソ科 Labiatae)

オウバク Phellodendron amurense (ミカン科 Rutaceae)

オウレン Coptis japonica (キンポウゲ科 Ranunculaceae)

オンジ Polygala tenuifolia (ヒメハギ科 Poligalaceae)

カッコン Pueraria lobata (マメ科 Leguminosae)

カンゾウ Glycyrrhiza uralensis (マメ科 Leguminosae)

キキョウ Platycodon grandiflorum (キキョウ科 Campanulaceae)

キササゲ Catalpa ovata (ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae)

キジツ Citrus Aurantium (ミカン科 Rutaceae)

キョウニン Prunus armeniaca (バラ科 Rosaceae

ケイヒ Cinnamomum cassia (クスノキ科 Lauraceae)

ケツメイシ Cassia obtusifolia (マメ科 Leguminosae)

ゲンチアナ Gentiana lutea (リンドウ科 Gentianaceae)

コウカ Carthamus tinctorius (キク科 Compositae)

コウボク Magnolia obovata (モクレン科 Magnoliaceae)

サイコ Bupleuri falcatum (セリ科 Umbelliferae)

サフラン Crocus sativus (アヤメ科 Iridaceae)

サンシシ Gardenia jasminoides (アカネ科 Rubiaceae)

サンショウ Zanthoxylum piperium (ミカン科 Rutaceae)


科名までは調べなかったので色々分からない言葉が出てきたけど、今は進むのみ。今回はゴマノハグサ科のジオウ、ボタン科のシャクヤク、ドクダミ科のジュウヤク、ショウガ科のショウキョウ、ヒメハギ科のセネガの5種類!!

ジオウ

基原植物

Rehmannia glutinosa

(粘液を被ったゴマノハグサ)


生薬名

Rehmanniae Radix

(ゴマノハグサの根)

主成分:catalpol

用途:補血、強壮、解熱

  • Rehmannia ゴマノハグサ科。ロシア皇帝の侍医Rehmannにちなむ。
  • glutinosa 粘液を被った

シャクヤク

基原植物

Paeonia lactiflora

(パイオンの白い花)


生薬名

Paeoniae Radix

(シャクヤクの根)

主成分:paeoniflorin

用途:鎮痛、鎮痙

  • Paeonia ギリシア神話の医神パイオン
  • lacti 乳、白

ジュウヤク

基原植物

Houttuynia cordata

(ハート型のドクダミ)


生薬名

Houttuyniae Herba

(ドクダミの全草)

主成分:quercitrin

用途:利尿薬、しゃ下薬

  • Hottuynia ドクダミ属。オランダの医師Hottuyneにちなむ
  • cordata ハート型
    • cordi- 心臓

ショウキョウ

基原植物

Zingiber officinale

(薬用の角ばった根茎を持つ植物)


生薬名

Zingiberis Rhizoma

(ショウキョウの根茎)

主成分:zingiberene, 6-gingerol

用途:芳香性苦味健胃薬

  • officinale 薬用の
  • Zingiber Sringavera 角形の。根茎の形を表わす?

セネガ

基原植物

Polygala senega

(ヒメハギ科のセネガ)


生薬名

Senegae Radix

(セネガの根)

主成分:senegin II

用途:去痰薬


生薬強化特集 記事一覧

2006-11-12

記事の概要: "2006-11-12" の日記

no image

excerpt


.

最初は面倒くさそうな企画だったけど、やってみると別に難しくないから結構いい感じに進んでいます。この分だと、生薬実習が始まる11月19日までに全部意味が分かるっぽいです。なので解読から和訳に変えてみました。通し番号はそのままの「7」ですが。


生化学実習Aが思ったほど疲れないため、この辺で更新速度を上げていこうと思います。


いよいよPS3を発売され、出身地の兵庫県加古川市では恒例のツーデーマーチが行われたりと、秋が深まってきましたが、今年も風邪が流行ってきているようなので気をつけたいですね。というか、授業を一緒に受けてくれる友人が風邪。明らかに感染経路と感染源が存在しているのに風邪を引かないのは、どう考えても私が感受性宿主じゃないからですかね。(←そんなはずない。)


実はここ数ヶ月このwebsiteの文字の大きさがヤバかったようなのですが、気付いていましたよ。大学からこっそり確認して、ちっちぇえwwwって思ってました。今週はまだ上手くいかないようなので、来週までには少しでも改善できるように努めたいと思います。っていうか、読めないwebsiteには人が来ない→orz...っていう悲しい結末が予想できるので、何とかします。問題なのは日記とindexのCSSだと思うので。その他、ひぐらしとか最近作ったものは問題ないと思ってますがどうでしょうか。


まあ、たまにはこうい始まり方もいいかと。流石に毎回書くのは苦しくなってきましたが、これまでに意味を調べた生薬名は18種類です。書きます。覚えるまでは毎回。

Foeniculi Fructus, Uvae Ursi Folium, Scutellariae Radix

Phellodendri Cortex, Coptidis Rhizoma, Polygala Radix

Puerariae Radix, Glycyrrhizae Radix, Platycodi Radix

Catalpae Fructus, Aurentii Fructus Immaturus, Armeniacae Semen

Cinnamomi Cortex, Cassiae Semen, Gentianae Radix

Carthami Flos, Magnoliae Cortex, Bupleuri Radix


今回の3種は、アヤメ科のサフラン、アカネ科のサンシシ、ミカン科のサンショウです。


サフラン

基原植物

Crocus sativus

(糸状の花柱をもつ栽培された植物)


生薬名

Crocus

(クロッカス)

主成分はcrocin, safranalで用途は通経, 鎮静, 鎮痛。

  • crocus 糸状の
  • sativus 栽培された

サンシシ

基原植物

Gardenia jasminoides

(ジャスミンのようなクチナシ)


生薬名

Gardeniae Fructus

(クチナシの果実)

主成分はcrocinで用途は消炎、解熱、鎮静。

  • Gardenia クチナシ属。人名由来。
  • jasminoides ジャスミンのような

サンショウ

基原植物

Zanthoxylum piperitum

(コショウのような黄色の木質)


生薬名

Zanthoxyli Fructus

(サンショウの実)

主成分はSanshoolIで用途は芳香性苦味健胃薬。

  • xanthos 黄色
  • xilon 木質
  • piperitum コショウのような


まだサ行wwwww

これはキツイ。

2006-11-11

記事の概要: "2006-11-11" の日記

no image

excerpt


.

今週は生化学の実習がchaosだった。


実習っていうレベルじゃねーぞ!!!!wwwwww


とりあえず苦しみぬいた酵素反応とその後に迫るreportを終えて日記を書いてみる。

実習Bは阻害剤の話だったんだけど、阻害定数が負になっちゃって……orz...


先週末から親が来ていたのもこの際省略する。

とりあえず、表参道と千葉に行ってきたお。


時間がないので手短に生薬の学名をまとめます。


後期の実習で覚えなければならないものが50種類。日本薬局方に収載されている生薬の数が確か100種類もなかった上、末かどうかといったようなものが重複して記載されていたから、この50種類を覚えてしまえば、実質半数以上を覚えることになる。


そのうち、すでに意味の分かっているものは15種類。

生薬の学名を解析してみた#1

ウイキョウ Foeniculi Fructus、ウワウルシ Uvae Ursi Folium、オウゴン Scutellariae Radix


生薬の学名を解析してみた#2

オウバク Phellodendri Cortex、オウレン Coptidis Rhizoma、オンジ Polygala Radix


生薬の学名を解析してみた#3

カッコン Puerariae Radix、カンゾウ Glycyrrhizae Radix、キキョウ Platycodi Radix


生薬の学名を解析してみた#4

キササゲ Catalpae Fructus、キジツ Aurantii Fructus Immaturus、キョウニン Armeniacae Semen


生薬の学名を解析してみた#5

ケイヒ Cinnamomi Cortex、ケツメイシ Cassiae Semen、ゲンチアナ Gentianae Radix


今回意味を調べた生薬は、キク科のコウカ、モクレン科のコウボク、セリ科のサイコの三種。

コウカ

基原植物

Carthamus tinctorius

(染色用のベニバナ)


生薬名

Carthami Flos

(ベニバナの花)

主成分はcarthaminで用途は通経薬、血行障害。

  • carthamus フランス語で紅花
  • tinctorius 染色用の

コウボク

基原植物

Magnolia obovata

(倒卵形の葉のモクレン)


生薬名

Magnoliae Cortex

(モクレンの樹皮)

主成分はmagnocurarine, β-eudesmolで解熱・抗炎症作用を持つ。

  • Magnolia モクレン
  • obovata 倒卵形の

サイコ

基原植物

Bupleurum falcatum

(牡牛の肋骨のような鎌型の葉をつける植物)


生薬名

Bupleuri Radix

(サイコの根)

主成分はsaikosaponin Aで解熱・抗炎症作用を持つ。

  • Bupleurum 牡牛の肋骨
  • falcatum 鎌形の


あと32個!!やっぱり50個は多い。

2006-11-03

記事の概要: "2006-11-03" の日記

no image

excerpt


.

これまでに解読の終わったものは12個あります。最近思うのですが、意味がわかっても用途とか含有成分をしっかり記憶しないと意味がないのではないか?含有成分が何故その用途に結びつくのか、薬理学的に理解したいし、含有成分を全合成するにはどのような出発物質と反応を用いればいいのかと言う有機合成的な興味も沸くところです。薬理学を理解するためには生理学と生化学の理解が必須だし、そういう意味ではこの時期になってようやく全ての勉強が繋がってきたんだなと実感がわいてきましたが。


でも、とりあえず、そういうことは50個全部の解読を終えてから考えることにします。


これまでの12個の生薬の、基原植物をcopy and pasteではなく手打ちします。

覚えるために。


生薬の学名を解析してみた#1

Foeniculum vulugare

Arctostaphylos uva-ursi

Scutellia baicalensis


生薬の学名を解析してみた#2

Phellodendron amurense

Coptis japonica

Polygala tenuifolia


生薬の学名を解読してみた#3

Pueraria lobata

Glycyrrhiza uralensis

Platycodon grandiflorum


生薬の学名を解読してみた#4

Catalpa ovata

Citrus aurantium

Prunus armeniaca


今回はクスノキ科のケイヒ、マメ科のケツメイシ、リンドウ科のゲンチアナの3つ。


ケイヒ

基原植物

Cinnamomum cassia

(「カッシア」という名のシナモン)


生薬名

Cinnamomi Cortex

(シナモンの樹皮)

主成分はcinnamaldehyde。芳香性健胃薬。

  • cassia この種の古代の名称。後に「マメ科」の意味になった。

ケツメイシ

基原植物

Cassia obutusifolia

(丸い葉のマメ)


生薬名

Cassiae Semen

(マメの種子)

主成分はemodin。整腸薬。

  • cassia マメ科
  • obutusis 丸い
  • folia 葉

ゲンチアナ

基原植物

Gentiana lutea

(黄色いリンドウ)


生薬名

Gentianae Radix

(キササゲの果実)

主成分はgentisin。苦味健胃薬。

  • gentiana リンドウ科
  • lutea 黄色い

Twitterのログ

履歴へ

Archives

興味のあるもの

アニメ

みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
みゆき メモリアルDVD-BOX(TV放映完全収録版)
H2 DVD-BOX
H2 DVD-BOX
クロスゲーム 1 [DVD]
クロスゲーム 1 [DVD]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]
映画けいおん!  (Blu-ray 初回限定版)
映画けいおん! (Blu-ray 初回限定版)

音楽

circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
circle of fifth
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
うたかた花火/星が瞬くこんな夜に(初回生産限定盤)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
Key+Lia Best 2001-2010(キープラスリアベスト2001-2010)
コネクト(アニメ盤)
コネクト(アニメ盤)

ゲーム

メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~ プレミアムボックス
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 RE:Incarnation
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii U プレミアムセット
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)
シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩 AGENT PACK (特典DLコード&限定版特典同梱)

少女少年 1
少女少年 1
プラナス・ガール 1
プラナス・ガール 1
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 (ガンガンコミックスONLINE)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
魔法陣グルグル 1 (ガンガンコミックス)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)
放浪息子 8 (BEAM COMIX)